家電販売員が解説!中古家電アウトレットのデメリットは?新品との差

家電販売員が解説!中古家電アウトレットのデメリットは?新品との差

家電の中古アウトレットは値段が一人暮らしの方、とりあえず安く商品が欲しいという方にとってオススメである。

しかし、デメリットは、汚れがついていたり、前使っていた人の生活臭がしたり、傷が付いていたり、使用できる年数が少なかったり、保証が少なかったり、色々とある。

そして、商品自体も同じ物がたくさんストックしている訳でないので、チャンスは少ない場合もある。そういう数多くの要素を踏まえて、ある種の覚悟もして、商品を買う必要が有る。

そうはいっても、いくつものポイントを抑えておくことで、リスクを抑え、良い商品を購入もできる。

中古の商品を買いたい方に買う前に中古の商品の購入について、詳しく伝えていきたい。

家電の中古と新品の違い

家電の中古と新品の違い

家電の中古は、誰かが使っているのだから、古くなっている。

物によっては、カビが生えたり、焦げていたり、臭いがしみついてたり、嫌だよね。でもでも、クリーニングをしっかりしたらいい訳である。

大手量販店のアウトレットのお店などはクリーニングをしっかりしている。そういう所を選ぶのが良いとは思うぞ。

後は、保証。

これも、メーカー保証は、中古の場合、確実に短くなってしまう。もしくは終わっている。これも、中古のデメリット。

リサイクル会社によっては、会社保証を設けて、保証があってお得という所もある。中古はまた傷もついてる可能性がある。

売るのがネットなどだと個人の商売の所も多いので、クリー二ングもしてないわ、傷もついてる、すぐ壊れるなども、有り得るぞ。

更には、使用年数という物が家電には存在する。使用年数が経つと、基本的に壊れる。つまり、使用年数間際で買ってしまった場合、すぐ壊れる。

ネットで購入はリスクが存在する。

つまりは、使用年数多めで購入する事が中古の買い方としては良いだろう。配送料についても、中古は結構かかってしまう所もある。

新品なら、お安く配送できるケースもあるので。新品だと無料の場合あり。ヤマダアウトレットは店の保証がついてくるのでオススメだ。

しかし、売り切れが多いのも、家電アウトレットの難しいところ。

一点物や在庫処分品は早い者勝ちだ。見つけた時に購入しないと、2度と手に入らないと考えて良い。

家電の中古アウトレットのデメリット

汚れ、傷、臭い、使用年数が少ない、動作保証ができないケースあり。どれも嫌であるが、その中で、臭い。

例えば、洗濯機の臭いや電子レンジの臭い、冷蔵庫の臭い。この臭いは、嫌な物。結構我慢できないケースもある。他人の生活臭というのは我慢できない物だ。

家電量販店のアウトレット店はクリーニングをしていたりするが、してないと、きつい臭いで我慢できないだろう。

上記でほとんど話したが、使用年数が少ししかない。これは大きなデメリットである。

しっかり店頭で動作確認から、状態確認をして、間違いないと言える時でないと、購入して後悔になるケースも多いと思う。

更には、洗濯機はカビがある可能性が有る。隠れた所にカビがあるケースがある。買ってから後悔では結構遅い。電子レンジも、焦げ付きがあったり、そういうのも正直結構きつい。更には、返品不可もある。

リサイクルショップで購入する時の注意点

保証はしっかりつくか?

メーカー保証ならどれだけ残っているか?

お店で別に保証を設けているか?

配送料はいくらか?

クリーニングをしてるか?

使用年数はどれだけ残っているか?

ここは、しっかり確認しておきたい所だ。

家電別 中古品の特徴

冷蔵庫

クリーニングを済ませているかは、確認しておきたい所だ。幅60cm、容量300~400Lの冷蔵庫が人気で、容量が大きい冷蔵庫は、省エネにもなっている。

故障しにくい冷蔵庫として定評があるメーカーは、日立、三菱。古い年式の物は、年間消費電力量が多くなる。リサイクルショップに足を運んで、確認しておきたい。後悔したいためにも。

新品の価格目安を書いておく。
80L  20000円~
120L  30000円~
200L  40000円~50000円~
300L  70000円~
この金額を目安に価格を見てみよう。

使用年数は10年ほどなので確認しておきたい所だ。

洗濯機

展示品が狙い目である。

展示のみで、ほとんど使われていない為、カビもないし、壊れていない。中古の洗濯機に欲しい機能がきちんとついているか確認しよう。

色々と最近はオプションがついてるケースが多い。店の保証がついてるかもチェックである。動作確認必須。配送料も高くないかを確認。

使用年数が8年ほどなので、確認しておきたい所だ。

電子レンジ

保証がついてるかどうか?

お店の保証がついてる会社が良いだろう。内部が焦げ付いていたりもあり得るので、よく確認しておこう。

比較的新しい電子レンジも、前の使用者が2,3年しっかり使っているなら、状態は変わる可能性が有る。使用期間と頻度は確認したい所だ。

使用年数が10年ほどなので、確認しておきたい所だ。

空気清浄機

外箱が汚れている、壊れているで安く売られるケースも多い。

本体に問題はないので、そういう商品を買うのがありだ。ネットは、個人契約なので、故障品や不良品が届く可能性もあるがそこをクリアしている、もしくは覚悟を持って買うなら、ありだろう。

中古品はあくまで一度誰かが利用したものなので、新品のような快適さが失われている。

正規の保証は受けられないので、故障した場合販売元は責任をとってくれないケースもある。

事前の確認が必要となる。使用年数が6年ほどなので確認しておきたい所だ。

掃除機

エレクトロラックスのステッィク掃除機は機能的によくない物もあるので、中古で買うとなるとリスクはある。

電源が入らなくなる、充電されない、バッテリーの持ちが非常に悪い、ゴミを吸引、書き出す力が弱く細かくゴミを取りきれないなどが場合によってある。

ネットで買うのは、不良品もあったりする可能性もあるので、覚悟は必要だろう。

使用年数が8年ほどなので、どれだけ使用しているか確認したい所だ。

液晶テレビ

消費電力を調べよう。

消費電力が大きいモデルは、かつての冷陰極管の可能性が高く、長い目で見れば電気代がかかる、発熱量も多い、夏場は室温を上げる要因になる。

テレビの高さを3倍にした距離でテレビを見ると思って欲しい。画質で選ぶことはよくない。

最近4Kがあるが、地上波は2K。DVDは1K。ブルーレイは2K。一部ブルーレイは2K。

つまりは画質で選ばない方が大事である。

録画機能内臓型じゃないテレビを選んだ方が良い。壊れた時、テレビも修理に出さねばならないので。使用年数は8年ほどなので確認しておきたい所だ。

中古家電の選ぶポイント

家電専用リサイクルショップか、リサイクルショップ、家電量販店のアウトレット、amazonなどのネットショップがある中で、保証、クリーニング、メンテナンスされているか、傷はついていないか、動作するかを確かめる必要がある。

中古はなにかと不利な側面があるので、量販店のアウトレットなら展示品や商品のダンボールに穴が開いた、なかなか商品が売れないなどのケースでアウトレットに流されるケースがあり、それで3割安とかもあるので、アウトレットはお得である。

クリーニング、メンテナンスもされている。

アウトレットなら保証も長くつくサービスもしてたりするので、おすすめである。後は生産からどれだけ経っているか。

そこも着目ポイントである。

電子レンジ10年、洗濯機8年、冷蔵庫10年、テレビ8年、掃除機8年くらいが使用年数になる。すでに生産からどれだけ経っているか見て長く使えてお得なら買いである。

ネットショッピングはその点で、不安である。私は大手家電メーカーのアウトレットをお勧めしたい。良品も多いので選ぶ選択肢としては良いであろう。

まとめ

中古と聞くとデメリットも多いと思うが、買い方により、型落ち品や、質の良い中古を安く買う事もでき、お得なのは間違いない。

amazonより安くなる事もあるので、アウトレットは行ってみると良いだろう。中古はお得という事でいつ店頭から無くなるかは分からない。

つまりは求める商品がある場合、見つかるまで様々な店舗を巡る必要もある。

労力は必要にはなるが、家電は基本的に高いので、労力払うだけの価値があるだろう。是非賢い買い物をして欲しい。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

家電販売員が解説!中古家電アウトレットのデメリットは?新品との差
最新情報をチェックしよう!