人気おすすめ冷蔵庫、三菱の評判は?価格は?他社と比較2018

三菱の冷蔵庫の評判2019気になるおすすめ機能と口コミとグレード別比較

冷蔵庫というと大手のメーカーが悩んでいる人がほとんど。

私は現在、日立を使用していますが次に買い換えるなら三菱かパナソニック。私が勤務しているお店の店員はほとんどが日立、三菱、パナソニックシャープ、東芝のどれかだ。

今回は三菱の冷蔵庫の評判は気になる機能やポイント、実際に購入したお客様からの口コミと評価などを紹介していこう。

先に言っておくが三菱の冷蔵庫は本当に良い。

三菱の冷蔵庫のポイント

三菱の冷蔵庫の機能ポイント

まずは三菱の冷蔵庫が大事なポイントをしっかり知ってほしい。とにかく優秀だ。もともと三菱で検討している人、三菱の冷蔵庫ってどうなの?という人も参考になるはず。

三菱の冷蔵庫といえば切れちゃう瞬冷凍AI

切れちゃう瞬冷凍AI

引用:https://www.mitsubishielectric.co.jp

三菱といえばやはり「切れちゃう瞬冷凍AI」

一般的な冷凍室は約-18℃だが三菱の切れちゃう瞬冷凍AIは約-7℃で食品を保存をしてくれる。カチカチに凍ることはないから自然解凍なしですぐに調理ができる人気の機能だ。

カレーや魚の切り身など簡単に必要な分だけとって調理ができる。

食材の鮮度もしっかりしている。通常の冷凍室は少しずつ食品を凍らせているので食品の細胞の破壊に繋がる。細胞の破壊は鮮度や味が落ちるにつながるのだ。

切れちゃう瞬冷凍AIは商品の外側と中心部も均一に冷凍するから細胞の破壊を防いでくれる。ご飯の冷凍にも最適だ。冷凍してレンジで温めをしても味が落ちにくいのもうれしい。

良いとこもあればダメなところもある。

通常の冷凍室よりも食材の保存期間は温度が高くなるので短い。基本的には1〜2週間以内に消化できるものは切れちゃう瞬冷凍で保存して、長期の保存をするなら通常の冷凍室にしよう。

三菱の冷蔵庫も東芝と同じ野菜室が真ん中

三菱の冷蔵庫 野菜室真ん中

引用:https://www.mitsubishielectric.co.jp

野菜室が真ん中というと東芝の冷蔵庫が有名だが、三菱からも野菜室が真ん中モデルが登場している。これにより東芝の販売台数が結構減っているのだ。

では東芝の冷蔵庫の野菜室が真ん中と三菱の冷蔵庫の野菜室が真ん中は何が違うのか?

東芝の冷蔵庫は上から冷蔵室⇒野菜室⇒製氷室・急速冷凍室⇒冷凍室

三菱の冷蔵庫は上から冷蔵室⇒製氷室・瞬冷凍室⇒野菜室⇒冷凍室

決定的な違いは製氷室の場所。

東芝の冷蔵庫を見ているお客様でよく悩んでいるのは野菜室が真ん中がほしいのだが、製氷室の位置が不満の人が多いのだ。

普段から氷をよく使用する、お酒を飲むから氷の位置は大事という人には三菱を紹介している。それだけで売れることもあるくらいだ。

また三菱の切れちゃう瞬冷凍も腰の位置にあるから使いやすい位置にありうながら野菜室も上にあるから東芝の冷蔵庫よりも操作性が高い。

ただ、好みもあるので絶対に三菱がおすすめだ!とは言わないが、実際に野菜室真ん中の冷蔵庫を探している人は三菱を購入する人が増えている。

ただ、東芝よりも価格は高いので財布と相談することも必要になる。

三菱の冷蔵庫の凍らせないチルド室の氷点下ストッカー

氷点下ストッカー

 

チルド室は各メーカーで大きく違っている。日立は酸化を防いでくれる真空チルド、パナソニックは-3℃の微凍結で保存をするパーシャル。

では三菱は氷点下ストッカーはどんな機能なのか。

三菱の氷点下ストッカーは-1℃〜-3℃の間をコントロールして食品が凍らないようにする。通常チルド室は0℃で保存する場所なので変色や痛みをおさえてくれる。

私が勤務しているお店では見本として展示機があるのだが確かに凍らないで食材が冷たく保存がされている。刺身やステーキの保存にも間違いなくいいはずだ。

三菱の冷蔵庫は幅がスリムでも他メーカーよりも大容量を実現

ここ数年、横幅がスリムな冷蔵庫が注目されている。

特に人気のモデルが横幅60cmで野菜室が下段のMR-B46Eと野菜室真ん中のMR-MB45Eという機種。

(標準設置料込)MR-B46E-W 三菱 455L 5ドア冷蔵庫(クリスタルピュアホワイト)【右開き】 MISTUBISHI Bシリーズ

容量455L
質量104kg
年間電気代6,615円
サイズ幅600mm奥行き699mm高さ1,821mm

 

(標準設置料込)MR-MB45E-ZT 三菱 451L 5ドア冷蔵庫(グラデーションブラウン)【右開き】 MITSUBISHI

容量451L
質量107kg
年間電気代6,685円
サイズ幅600mm奥行き699mm高さ1,826mm
関連記事

冷蔵庫は国内メーカーというと日立、パナソニック、シャープ、三菱そして東芝が存在します。東芝の冷蔵庫の大きな特徴は野菜が真ん中に配置とうのが有名ですが、今回3月に新型の冷蔵庫を1台発表しました。通常、冷蔵庫は秋に発売が恒例です[…]

東芝の新型冷蔵庫GR-R470GWは幅が60cm大容量モデルでおすすめ
この機種から横幅60cmで大容量モデルの争奪戦が始まったのだ。
東芝がとにかく売れに売れまくったので他メーカーでも対抗しようと発売したのが三菱の2機種なのだ。発売したら大ヒットだった。今でも売れている。
戸建てに住む人が少なくなっている現在、賃貸で住む場合はスリムな機種が需要が高い。どこに引越しでも対応できるのが幅60cmのメリットでもある。
三菱が売れているのは野菜室が真ん中モデルと野菜室が下段のモデルをそれぞれ販売しているのが大きい。消費者に選択できるからだろう。
最近はパナソニックでも発売している。後出しじゃんけんになってきているのが気になるところ。でも売れるからどのメーカーも注目するのだろう。
容量450L
質量107kg
年間電気代7,101円
サイズ幅600mm奥行き699mm高さ1,828mm
ブランド力で簡単に売れるかなと。

三菱の冷蔵庫は製氷室が丸ごと洗えて清潔をキープ

三菱の冷蔵庫 製氷室

お客様からよく聞かれるのが製氷室。やはり何年も使うと氷が汚くなったり、衛生的か心配になる人が多い。

三菱の冷蔵庫の製氷室は丸ごと洗えるというのがポイント。製氷皿、ポンプ、パイプ、フィルターまで全部洗えるので常に清潔に保てるのだ。

またフィルターは他メーカーと違い交換不要になっていて経済的。

カルキをしっかり低減するから水道水でも氷がおいしく、ミネラルウォーター(軟水と硬水)も使用ができるのもありがたい機能だ。

ここまでが三菱の冷蔵庫の大きなポイントと売れている理由になる。

次はモデル別に比較をしていこう。

三菱の冷蔵庫モデル別比較2019

三菱の冷蔵庫は金額は高いけど売れる。それはなぜか。モデル別に比較をして売れている理由やどんなお客様が購入しているか紹介していこう。

三菱 冷蔵庫 フレンチドア MR-WX52E MR-WX47E

(標準設置料込)MR-WX52E-F 三菱 517L 6ドア冷蔵庫(クリスタルフローラル)

容量517L
質量116kg
年間電気代6,615円
サイズ幅650x高さ1821x奥行699mm
容量470L
質量109kg
年間電気代6,615円
サイズ幅650x高さ1821x奥行650mm

三菱の良いところはガラストップのグレードは基本的には機能がほぼ同じということだ。WXシリースも野菜室が真ん中のMXシリーズも切れちゃう瞬冷凍AI、氷点下ストッカー、朝どれ野菜室、スマート大容量が対応している。

WXシリーズで特に売れているのが上の2機種。やはり横幅が650mmとう点だろう。

戸建てに住んでいる人も集合住宅に住んでいる人にも対応ができ、機能もしっかりしている。使い勝手もよく音が静か。

売れないわけがない。

また、店頭で評判が良いのが電気代。7000円以下になっているので圧倒的な省エネタイプになっている。

また、MR-WX60EとMR-WX70Eを検討している人は幅も注意だが奥行きを必ず確認してほしい。奥行きが700mmを超えるモデルは結構キッチンに置くと冷蔵庫だけ出っ張ることが多いのだ。

見栄えの問題や通路の確保も大事なので購入前にしっかり測ろう。

三菱 冷蔵庫 フレンチドア MR-MX57E MR-MX50E

(標準設置料込)MR-MX57E-ZT 三菱 572L 6ドア冷蔵庫(グラデーションブラウン) MITSUBISHI

容量572L
質量128kg
年間電気代7,425円
サイズ幅685x高さ1826x奥行738mm
容量503L
質量121kg
年間電気代6,750円
サイズ幅650x高さ1826x奥行699mm

三菱 冷蔵庫 片側ドア MR-B46E MR-MB45E

(標準設置料込)MR-B46E-W 三菱 455L 5ドア冷蔵庫(クリスタルピュアホワイト)【右開き】 MISTUBISHI Bシリーズ

容量455L
質量104kg
年間電気代6,615円
サイズ幅600mm奥行き699mm高さ1,821mm

 

(標準設置料込)MR-MB45E-ZT 三菱 451L 5ドア冷蔵庫(グラデーションブラウン)【右開き】 MITSUBISHI

容量451L
質量107kg
年間電気代6,685円
サイズ幅600mm奥行き699mm高さ1,826mm

先ほど紹介をしたが、片側ドアで大容量モデルを探しているお客様にはダントツの人気モデルがこの2機種。

ドアは左開きと右開きで選べるようになっている。

ちなみに野菜室真ん中のMBシリーズはグラデーションカラーになっていて、かなり高級感がある。

三菱 冷蔵庫 MR-RX46E

(標準設置料込)MR-RX46E-F 三菱 462L 6ドア冷蔵庫(フローラル) MITSUBISHI 置けるスマート大容量 RXシリーズ

容量462L
質量106kg
年間電気代7,128円
サイズ幅650x高さ1821x奥行675 mm

三菱の冷蔵庫の評判と口コミ

三菱の冷蔵はとにかく評判が良い。では実際に購入したお客様からの感想をリアルにお伝えしていこう。また今まで三菱の冷蔵庫を使用していたお客様が買い替えでも三菱を選んだ理由も紹介。

ネット通販の口コミと評価も記載するが、すべてを信じないように。アンチな記載もあるので注意が必要だ。

実際にお店で購入したお客様からの感想と口コミ

口コミ

女性
アパート住まいで音が静かな冷蔵庫を探していたら三菱の冷蔵庫と出会いました。

実際に使用をすると特にいいなと感じたのが、氷点下ストッカー。刺身などの生鮮食品を午前中に購入して夕ご飯で出しても痛みや変色がなかったのがよかったです。

冷凍室のドアの開けっ放し防止機能や野菜室と冷凍室のドアが他の冷蔵庫と比べて滑らかに開閉ができるのが気持ちよく力がいらないので女性向けだと思います。


女性
今まで冷凍にしていた食品を解凍する時は朝起きて冷凍室から出して、夕方までに自然解凍というのが我が家のスタイルでした。

でも三菱の冷蔵庫には切れちゃう週冷凍があり、これが購入の決め手でした。

実際に使用をすると、自然解凍をしなくなり使いたい時に出してすぐに調理ができるのはすごくうれしかったです。夏に自然解凍は腐らないか心配だったので助かっています。

普通の冷凍室よりも温度が高めになっているで、包丁でカットなども問題なくできるのもいいですね。

三菱の冷蔵庫のお客様はやはり、切れちゃう瞬冷凍がほしくて購入している人が多い。購入してからは氷点下ストッカーの魅力を知りさらに三菱が好きになることも多い。

とにかく三菱の冷蔵庫は庫内の温度管理を徹底管理をしてくれるのが凄いところ。他メーカーではここまでできないのが最大の強み。

ドアの開けっ放し防止はご年配のお客様に評判がいい。よく開けっ放しが多い人にはおすすめの機能だ。

口コミ

男性
ネットで三菱の評判がよかったのでお店に行って店員さんに聞いたらやはり良い冷蔵庫だった。値段もよかったが。

だが10年は使用すると思えば少し高くても気にならなかった。

個人的な使い方になるが、氷点下ストッカーにビールを保存しているのを飲むのが毎日の楽しみになっている。

冷蔵室に保存するよりも氷点下ストッカーに保存をした方が温度が低くビールがとにかくうまい。お酒が好きな人は絶対に三菱だ!


男性
妻が使えればなんでもいいというタイプだったが私は家電オタクなので何度も店員さんにアドバイスをしてもらいました。

見た目はパナソニックと三菱で迷っていました。でも機能で比較をするとやはり三菱に軍配があがった。

妻に1カ月使用してもらった感想を聞くと、音が静かになった、切れちゃう冷凍にカレーやシチューを保存をしてもスプーンですくって食べたい分だけとることができ便利ということだった。

私の感想は氷点下ストッカーにステーキを保存したのが1番の驚きだった。凍らないがドリップの発生も最小限になって変色も臭いも少ないのだ。

生物の保存は強いのかなと感じた。あと表面にタッチパネルで操作ができるのが近未来な雰囲気でよかった。

男性の意見も参考にしていただきたい。

氷点下ストッカーにビールを入れると確かにキンキンに冷えてうまいのだ。帰宅後のビールが毎日楽しみになるはず。

また、仕事で帰りが遅い旦那さんには食品が痛まないように氷点下ストッカーに保存しておく人も多い。

なんとなくだが変色がないから酸化も進みにくいのかなと感じている。

静音性が高いのもうれしい。

アパート住まいの方や寝室と冷蔵庫が近い人には最適だろう。どんな冷蔵庫も買った時は静かだが年々音が気になるもの。初めから静かな冷蔵庫の方がいいはずだ。

ネット通販で購入したお客様の口コミと評価

三菱の冷蔵庫をネット最安値よりも安く購入する方法

三菱の冷蔵庫は正直なことを言うと、どのメーカーよりも高い。中身が良いから仕方がないという点もあるが、どんな人でもせっかく買うなら安い方がいいはず。

冷蔵庫を買うときは知ってほしいことがいくつかあるのだ。

・冷蔵庫が安い時期はいつか、買い時はいつか

・冷蔵庫を家電量販店で安く購入する値引き交渉術

・冷蔵庫をネット通販で購入する場合のメリットとデメリット

これをしっかり紹介していこう。

冷蔵庫の安い時期は?買い時はいつ?

冷蔵庫の安い時期が知っていれば、その時に買えば絶対に安くはなる。でも冷蔵庫は急に必要になることもあり安い時期を逃してしまうかも。

冷蔵庫の安い時期や買い時2019型落ち買うならネットVS量販店どっち?

関連記事

私は家電量販店の店員だ。年間で冷蔵庫の安い時期はいつがお得か?を詳しく紹介していく。2019年だけはいつもと違い、消費税の増税の関係で安い時期がいつもと違ってくる。各メーカーでも発売する時期が違うので注意が必要になる。また、[…]

冷蔵庫おすすめの選び方、安い時期や買い時を解説!ネットVS量販店

この記事で基本的な冷蔵庫をお得に購入ができる時期がわかるようになっている。また冷蔵庫をネット通販で買うか、家電量販店で買うか迷っている人にもぜひ読んでいただきたい内容になっている。

人気の冷蔵庫のおすすめを比較

冷蔵庫を三菱で決めている人は特に必要ないが他社の機能も知りたいという人にはぜひ参考にしてもらいたい記事がある。

人気の冷蔵庫おすすめ2019人気メーカー比較と選び方と耐用年数

関連記事

冷蔵庫のおすすめ2018-2019の紹介!またメーカー別に特徴を解説。もったいぶるのは好きではないので、始めからおすすめランキングをサイズ別にお伝えしていきます。なぜこの機種がおすすめなのかは記事を読み進めば分かるような仕様になって[…]

最新の冷蔵庫おすすめランキング2019人気メーカー比較と容量の選び方

冷蔵庫の人気モデルを比較しているのと簡単な選び方などを家電量販店の店員がお客様に説明をするような感じを記事にしてみた。

店に行くのが面倒な方なら読んでもいいかと。

他メーカーの評判はこちら

関連記事

冷蔵庫は何を基準で購入を検討するだろうか?新生活で購入、家族が増えたから買い替えなど様々かと。その中でどのメーカーを選べばいいか?正直に言うと量販店で購入する時って量販店でゴリ押しするメーカーやインセンティブの兼ね合いで店員[…]

『日立』人気おすすめ冷蔵庫を他社比較 サイズや価格、口コミと評判
関連記事

冷蔵庫のおすすめを紹介する記事。今回はパナソニック。他社と差別化して女性に優しい機能がいっぱい。あわせて読みたい第一弾 『日立』人気の冷蔵庫のおすすめ機能を他社と比較実際、冷蔵庫を接客するとこんなに沢山の冷蔵庫がある[…]

パナソニック人気のおすすめ冷蔵庫を他社と比較2018サイズと価格
関連記事

よくお客様から冷蔵庫のおすすめってどこですか?どこが売れてますか?とかなりの確率で質問をされる。でも、私の売れている冷蔵庫を販売するわけではない。それぞれのお客様に合った冷蔵庫をおすすめするのが仕事だ。よく売れている冷蔵庫は[…]

シャープ冷蔵庫のモデル比較2019おすすめ機能ポイントと評判と口コミ

下記にも冷蔵庫の記事がたくさんあるので興味があるものはぜひ読んで参考にしていただきたい。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

人気おすすめ冷蔵庫、三菱の評判は?価格は?他社と比較2018
最新情報をチェックしよう!