テレビ

ポータブルテレビをパナソニック、東芝を比較と選び方を解説

更新日:

テレビをリビング以外に欲しいなと考えたことがある方、いらっしゃいませんでしょうか?

寝室や子供部屋、和室、書斎に買い足すとなると基本的にはリビングより小型のテレビが多いかと思います。ただテレビも商品数が多くて何を選べばいいやら。

今回は小型テレビの中を更に深く掘り起こして

ポータブルテレビとは?フルセグとは?

基本的なとこからパナソニック、東芝、ソニーを徹底比較していきます。

ポータブルテレビって?ワンセグ、フルセグとは?

まずはポータブルテレビの特徴と小型テレビとの違いを分かりやすく説明いたします。

持ち運びが可能で部屋の移動が簡単

これが1番の特徴でありメリットです。小型テレビはコンセントを刺して視聴します。ポータブルテレビは本体に内蔵のバッテリーがあるのでどこでも視聴ができます。

大きさは小型テレビより比較的コンパクトなサイズが多くなっています。女性の方でも簡単に移動ができますね。

アンテナ線が不要なテレビがポータブルテレビという定義になっています。

アンテナ線を壁に差さずに視聴が可能

電波を受信をして視聴するのですが、視聴にも2通りあります。

ワンセグとフルセグという方式があります。タブレットや携帯端末用の地デジのことです。

ワンセグとフルセグの違い

ワンセグ

1(ワン)個のセグメントでワンセグです。昔のパカパカ携帯に付いていた機能がこれです。小画面で見ても画質はそんなに綺麗でなく、というか荒いです。

字幕やテロップはなかなか見づらいのが多かったですね。電波はフルセグと比較して入りやすいです。電波の悪い場所では活躍します。

フルセグ

12個のセグメントをフル活用でフルセグと覚えると分かりやすいです。ワンセグと比べてやはり画質が大きく変わります。とにかく綺麗です。フルセグに対応している機種はワンセグにも対応しているので、受信感度の悪いフルセグが視聴できない時は自動でワンセグに切り替わるので便利です。

ポータブルテレビは2種類のタイプ

一体型ポータブルテレビ

本体の中にチューナー、アンテナすべての部品が内臓しているのが一体型になります。無駄な配線もないので分かりやすいですが一体型なので重さが出てきますし本体が大きくなってしまいます。

セパレート型ポータブルテレビ

セパレート型 ポータブルテレビ

画面のついてるモニター部とチューナー部に分けられているのがセパレート型になります。チューナー部から電波をワイヤレスでモニター部にとばして視聴します。一体型と比較してチューナーがモニター部にないので軽いので持ち運びに便利です。

チューナー部にはブルーレイディスクやDVDの再生ができるドライブは録画した番組を保存するHDDが搭載されたモデルもあります。

ボータブルテレビには大きく用途が2つ。防水と非防水

ポータブルテレビは部屋の中だけが視聴する場所ではありません。水周りでも使用することもあります。

洗面所、台所、浴室、庭など幅広く使用ができます。とうぜん、非防水より防水仕様の方が高くなるので皆さんがどう使うか考えてから購入しましょう。

TVの視聴以外に何ができるの?

ポータブルテレビは見るだけではありません。セパレート型になるとTVの録画、インターネット、BD・DVD視聴など様々な機能があります。

 

パナソニック おすすめポータブルテレビ フルセグ UN-19Z1

スペックテレビ放送(地デジ・BS・CS110度デジタル)
HDD:500GB(地デジ録画 約62時間45分)
USB-HDD録画対応
再生可能ディスク:ブルーレイ、DVD
サイズ:446mm×298mm×49.8mm

ひとり贅沢テレビというパナソニック最上級のポータブルテレビになります。非防水。ポータブルの基本機能はすべて搭載し、更に高級感を演出する機能が沢山。

他の機種にない圧倒的な高音質

ここまで高音質なポータブルテレビは過去にまずないです。

サブウーハー内臓の2.1chスピーカー内蔵で圧倒的な音の広がり。2個のスピーカーと1個のウーハーで2.1chという意味です。

32インチくらいのテレビよりも絶対に音質は良いです。小型のテレビだと音質が満足しない人が多いので、これは今までになかったので驚き。

さらに、Bluetoothが搭載しているので、音楽も聴けちゃいます。テレビを見ないで音楽を聞きたい時に大活躍。皆さんのスマホに入っている音楽が聞けるのでポータブルスピーカーにもなります。コンポなどのオーディオが不要になります。

持ち運び重視でチューナーは別になり移動も簡単

ポータブルテレビはチューナーが内蔵しているモデルがありますが、重くなり移動がしにくいのが難点。この機種はセパレート型になるので軽量。またスピーカー部とディスプレイ部は外すことができるので重くはないです。

ディスプレイにはバッテリーが内蔵。最大で約3時間30分視聴が可能に。

ブルーレイ、DVDの再生も可能。ディスプレイにはバッテリーが内蔵しているのでポータブルブルーレイプレーヤーにもなります。ネットやカタログを見ると映画や録画したのもちゃんと見れて便利だなと思うかもしれません。

ですが注意点もあります。

この再生機能には制限があります。市販で販売されているディスクとテレビを録画したディスクは問題なく視聴できます。

3DのBD、CD、写真、DVD-RAM、BD-XLは再生不可になります。ビデオカメラで撮影したものやパソコンで写真を入れたディスクは対象外ということになります。またCDも再生はできません。

また、ファイナライズされていないDVD-R/DVD-R DL/DVD-RW/+R/+R DL/+RWは再生できません。ファイナライズとはデータを書き込んだ時に、書き込み終わりという情報をつけたすことを言います。

HDDが500GBと十分な録画量を確保

長時間録画ができます。最大、約672.5時間もと記載があります。実際カタログに記載しているのは、1番画質、音質が悪い状態での録画時間です。

通常のBDレコーダーだと500GBは地デジの録画で約63時間、BSデジタルで約45時間になりますので目安になります。

録画して見終わってから、データの消去をするならこのくらいの容量で十分ですね。録画している間に裏番組を視聴することもできます。

500GBでも足りない場合は別売りの外付けHDDで対応もできるので容量で困ることがありません。外付けHDDは全モデル対応しています。

Wi-Fi搭載で流行りのネット動画を楽しめる

インターネットを繋げば、今流行りのネット動画YouTube、NETFLIX(ネットフリックス)、DAZN(ダ・ゾーン)などが気軽に視聴ができます。またインターネットラジオにも対応。

基本的は光回線やケーブルテレビが推奨されています。ポータブル回線だと不安定や速度が遅く、映像の遅延の可能性もあるので注意を。

パナソニック おすすめポータブルテレビ フルセグUN-19F7 UN-24F7

スペックテレビ放送(地デジ・BS・CS110度デジタル)
HDD:未搭載
USB-HDD録画対応
再生可能ディスク:未搭載
サイズ:452mm×299mm×41.8mm
スペックテレビ放送(地デジ・BS・CS110度デジタル)
HDD:未搭載
USB-HDD録画対応
再生可能ディスク:未搭載
サイズ:567mm×366mm×44mm

非防水タイプでテレビの視聴のみしか用途がない方におすすめモデルになります。サイズが2種あるので使用する内容で判断しましょう。防水ではないので部屋での使用のみ。屋外ではあまりおすすめしません。

F7シリーズの唯一の機能がこちら

録画するHDDは搭載していない、ブルーレイとDVDの再生もできない、ネット動画、ラジオも対応していない。

誰がこんな機種買うんだよって思いましたが、これいいなという機能が1つ。

F7シリーズにのみ「HDMI入力端子」が搭載しているのです。テレビとしてもディスプレイとしても使用ができます。

子供ならゲーム機の接続やブルーレイプレーヤーとしても活用ができます。このシリーズにしか搭載しないというのがミソですね。売れないだろうと思ったが、これも良いですね。

液晶モニターを検討している方はテレビも見れるので一石二鳥になりますね。

続きまして、防水仕様モデルを紹介していきます。

パナソニック おすすめ防水ポータブルテレビ フルセグ UN-15TX7

スペックテレビ放送(地デジ・BS・CS110度デジタル)
HDD:2TB
USB-HDD録画対応
再生可能ディスク:ブルーレイ、DVD
サイズ:433mm×318mm×36.7mm

防水仕様のモデルは15インチまでの大きさになります。最大の特徴はブルーレイレコーダーなみの録画容量。2TBで最大6チャンネルを16日間を録画できます。これもまた1番画質を落とした状態ですけどね。

最近のレコーダーは全チャンネル録画のレコーダーがだいぶ普及しています。

録画予約が不要で全チャンネルをコンプリート

購入して初期設定をしますが、その際に指定したチャンネルを全部録画してくれます。HDDの容量がいっぱいになると自動で古い番組から消去してくれます。

ポータブルテレビにはなりますが、テレビとブルーレイレコーダーが一緒になっているので価格はかなりお買い得。

地デジの録画なら約254時間になります。

防水仕様ならではの快適操作

防水モニターは水のある場所でも簡単に操作ができるようにタッチパネルになります。非防水モデルはリモコンで操作なので圧倒的に快適。

タッチパネルの分、汚れやすいですがキッチンのシンクで中性洗剤でゴシゴシ(スポンジで)洗えます。テレビを洗うという習慣がないのでまずやらないですけどね。

録画に特化した機能が欲しいという方におすすめ。録画が面倒、音質やネット動画は不要ならピッタリの商品になります。

パナソニック おすすめ防水ポータブルテレビ フルセグ UN-15TD7

スペックテレビ放送(地デジ・BS・CS110度デジタル)
HDD:500GB
USB-HDD録画対応
再生可能ディスク:ブルーレイ、DVD
サイズ:433mm×318mm×36.7mm

このTD7シリーズは毎年、1番の売れ筋機種になります。パナソニックのポータブルテレビのちょうど真ん中のグレードになります。TD7シリーズからカラーがブラックとホワイトの2色なのも売れる理由かもしれません。

ラインナップで1番バランスのとれたモデル

1台5役のお得モデル

テレビ視聴

テレビ録画

BD、DVD再生

ネットラジオ

インターネット

非防水モデルにはインターネットはありません。ここがこのシリーズの売れるポイントにもなります。6シリーズもあってここまでバランスよく機能を入れているパナソニックは本当にすごい。

インターネットができる。パソコンいらないじゃんと思った方もいるかもしれませんが、この機種のwebブラウザはPCやスマホ、タブレットとは違うので見え方が変わる可能性があります。

悪く言うと見れない可能性もあります。webブラウザとはsafari、chromeなどを言います。フラッシュには対応していません。

カタログに小さく表記していることもあれば、何も記載がない商品もあります。電化製品が詳しくない方は苦労することもしばしば。簡易的に見れる程度に思ってください。

パナソニック おすすめ防水ポータブルテレビ フルセグ UN-10T7 UN-15T7

スペックテレビ放送(地デジ・BS・CS110度デジタル)
HDD:500GB
USB-HDD録画対応
再生可能ディスク:未搭載
サイズ:286mm×194mm×36.2mm

スペックテレビ放送(地デジ・BS・CS110度デジタル)
HDD:500GB
USB-HDD録画対応
再生可能ディスク:未搭載
サイズ:414mm×267mm×36.7mm

10インチと15インチのブルーレイ、DVD再生がないグレードになります。小型でテレビの視聴になるので、浴室やキッチンでの使用を考えている方におすすめ。

基本的な機能は売れ筋機種のTD7シリーズにブルーレイ、DVDの再生がないとこくらいが大きな違いになります。

パナソニック おすすめ防水ポータブルテレビ フルセグ UN-10T7 UN-10E7

スペックテレビ放送(地デジ・BS・CS110度デジタル)
HDD:未搭載
USB-HDD録画対応
再生可能ディスク:未搭載
サイズ:414mm×267mm×36.7mm

ベーシックモデルになります。ある機能よりない機能を紹介した方が早いです。

ない機能はこちら

HDD未搭載だが外付けHDDは対応

ブルーレイ、DVD再生は未搭載

タッチパネル未搭載

インターネット未対応

ネット動画、ネットラジオ未対応

せっかく防水なのにタッチパネルが搭載していないのはちょっと微妙ですね。防水リモコンが付属していますが実際、使いづらいです。

最低限、購入するならタッチパネルがおすすめ。

ポータブルテレビの選び方はどうすれば?

1番悩むところがここですね。ポータブルテレビの解説ですが、どの電化製品でも共通の商品の選び方を説明いたします。

最上級グレードをベースにして考える

どうしてもネットが普及しているのでランキングで上位になっている商品を選ぶことがあると思いますが、いざ購入して使用すると不要な機能もあるんですよね。

今から説明する選び方だと無駄に最上級グレードを購入する必要がなくなり、お金の節約にもなります。

1、最上級グレードの機能をしっかりと理解しておく。

2、そこから自分に不要な機能を抜粋していく。

3、必要な機能と不要な機能を照らし合わせる。

4、自分に合ったグレードが見つかる、購入。

このやり方をポータブルテレビで説明していきます。

悩)BD、DVDの再生は必須で録画の容量はある程度あれば大丈夫かな?

答)再生機能と録画機能のあるTX7かTD7の2機種あるが、2TBの容量はいらないから500GBのTD7にしよう!

このやり方は、ポータブルテレビだけでなく他の家電製品にも応用できるので是非やってみてはいかがでしょうか?

自分に合う商品のグレードを見つけてから口コミや評価を確認する方がより良い商品が見つかりますよ。

東芝 一体型ポータブルテレビ 10WP1

パナソニックとのセパレート型ではなく一体型を採用しています。一体型ならではの機能もあるので比較していきます。

大口径スピーカー

ポータブルテレビにもなり、ポータブルスピーカーにもなります。Bluetoothのペアリングは最大8台、音楽の再生時は画面を消すことができるので音楽に集中ができるのと、バッテリーの節約にもなります。

屋外でも視聴が可能

パナソニックと違いこの商品はワンセグが搭載しています。画質はフルセグと比較すると荒いが屋外でも使用できるのはいいですよね。BBQやキャンプに大活躍しような商品です。

ネット上でもっと安い商品はあるけど?

この商品なんでこんなに安いのっていうポータブルテレビがあります。なんで安いのかには理由があります。説明していきます。

アンテナが内臓になっていない

後付けでロッドアンテナの位置を変えないと画質の状態が左右されます。

バッテリーの種類が違う

一般的なバッテリーはリチウムイオン。これがリチウムポリマーや乾電池が多いのは比較的安いモデルです。

まとめ

要点を押さえてしまえばポータブルテレビを選ぶのは容易にできます。家電もさほど難しくないのです。ネットのせいで余計に迷ってしまうのかなと考えることもあるくらいです。

初めから最上級グレードが欲しい→シリーズZ1シリーズ

録画もBD/DVD再生もいらないが大画面がいい→F7シリーズ

お風呂で使える1番安いグレードが欲しい→E7シリーズ

こんな感じで選んでみるのもいいですよ。

長くなってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

-テレビ
-

Copyright© 自宅総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.