東芝 全自動洗濯機AW-10M7の特徴、機能、口コミ・評価と価格

東芝 全自動洗濯機AW-10M7の特徴、機能、口コミ・評価と価格

洗濯機を接客をすると、よく聞かれる質問がこれ↓

『容量が大きくて価格が安い洗濯機ありますか?』

いつもは旧型の洗濯機や少し高い洗濯機を紹介しますが、ついにご要望通りの洗濯機が出たんですよ!

機能はシンプルですが、外観はガラストップになっていておしゃれで高級感がある。これは売れそう。それが東芝の全自動洗濯機、AW-10M7という機種だ。

個人的には売りやすい機種だなと感じるので皆さんにも紹介していこう。

東芝 AW-10M7の特徴

はじめにAW-10M7をなぜ紹介する理由から解説していこうかと思います。

AW-10M7のおすすめポイント

インバーター非搭載の大容量

洗浄力、機能がシンプルで低価格

デザインだけは上位機種同様に高級感

10kgでインバーター非搭載モデル

基本的に全自動洗濯機はインバーター機能が搭載されると水道料金・電気料金や安くなるが本体価格は高くなってします。価格を安い洗濯機でお探しの方は非搭載のモデルを購入することが多い。

現在、インバーター非搭載モデルは日立で8kgのモデルが販売しているが、大型モデルの10kgではどのメーカーでも販売していなかった。

東芝だけなのでこれから売れるだろう。私もさっそく販売した。

ただインバーターが搭載していないと電気料金と水道料金は割り増しになるのが弱点ではある。でも安いから売れる。

価格は最大のサービスではないだろうかといつも感じる。

洗浄力、機能がシンプル

AW-10M7の洗濯槽

外観は東芝、中身は海外メーカーのような感じになっています。洗浄力は東芝だとウルトラファインバブル洗浄だがこの機種にはそんな機能は搭載されていない。

搭載していないから汚れが落ちないというわけではない。粉末洗剤や洗浄時間を伸ばせば汚れはしっかり落ちる。

洗濯槽の上部の真ん中には洗剤ケースが配置してあるが、よく見ると柔軟剤と粉末洗剤。粉末をメインで使用する人が少なくなっているのにこの配置は正直驚いた。

では液体洗剤の投入はどうするのか?直接、洗濯槽に投入か?

AW-10M7液体洗剤の投入口

蓋を開けて左下に配置。これなら特に不便に感じることはないだろう。でも不思議な配置だ。

そして気になる糸くずフィルター。

最近は各メーカーで丈夫な作りになっているが、低価格の洗濯機はレベルが違う。

これは久々に見たのでなつかしく感じた。

AW-10M7糸くずフィルター

シャープでも採用している虫取り網のような材質。これだとすぐに痛む、破れる可能性が高くなってしまう。細かいとこまでシンプルな仕様にすることにより低価格を実現。

気になる見た目はガラストップ

AW-10M7操作パネル

外観だけは文句なし!本当に高級感があり品がある。縦型洗濯機の中では東芝はダントツでかっこいい。ガラストップは手入れが簡単で楽というのもポイント。

見た目は高そうで実際は低価格。機能はシンプルだが大容量の洗濯機が欲しいというお客様にぴったり。

スペック・仕様

機種名AW-10M7
運転音洗い 約38dB / 脱水 約52dB
目安時間洗濯時 約53分
標準水位48~72L(自動3段階)
28L(手動)
標準使用
水量※1
約138L
消費電力
(50/60Hz)
390W / 460W
消費電力量約121 / 132Wh
ボディ幅580mm

総外形寸法/質量(幅×奥行×高さ)

622×639×1052mm約42kg
排水ホース左・右(2方向)
設置可能防水パン奥行内寸570mm以上

補足で風呂水ホースは長さは4m、給水ホースは0.8mになります。

スペックを見るとある程度、店員なので分かるが、まず洗濯時間が長い。けど時間を気にしない人は特に関係ない。インバーター搭載モデルだと30分から40分前後が多い。

標準使用水量は約138L。通常10kgのインバーター搭載モデルは100L前後なので少し多い。ただ、これも毎月500円も差はないので気にするほどではないかなと。

本体幅は5680mmなので集合住宅の方でも安心。

気になる口コミと評価

AW-10M7の口コミ・評価をネットでチェック

楽天市場でAW-10M7の商品情報、口コミ・評価を見る

AmazonでAW-10M7の商品情報、口コミ・評価を見る

YahooでAW-10M7の商品情報、口コミ・評価を見る

店頭で購入した人の感想

今のところ3名のお客様に販売しました。どんな人が購入したかをお伝えします。

美容院でタオルを大量に使用

タオルを大量に使用するので大きいモデルが欲しいとのことで、AW-10M7を紹介して説明をしたところ、乾燥も不要でとにかく安いので探していたのでニーズにピッタリだったようだ。

5人家族で7kgのインバーター非搭載を検討

5人で7kgは間違いなく足りないということを説明をして、同じくインバーターが非搭載のAW-10M7をおすすめして即購入しました。

同僚の従業員(独身で結婚するかも)

結婚する準備でお金の出費を少しでも抑えたいということで紹介。はじめは6kgで検討していたが子供が生まれる可能性もあるので大きめのAW-10M7をゴリ押し。購入いただきました。

どのお客様(1人は違うが)も容量が大きくて損をすることはありません。また低価格ですので財布に優しい。

便利なアクセサリー

洗濯槽クリーナー

毛布洗いネット

洗濯機の関連記事

関連記事

家族が4人以上の場合大きい洗濯機が欲しくなりますよね?子供がいる家庭だと急いで乾燥したい衣類も出るので、大きいサイズの洗濯機はあると助かります。ドラム式洗濯機が10kg以上のモデルが多いためか、縦型の洗濯乾燥機を10kgモデ[…]

10kg人気縦型メーカー洗濯乾燥機の徹底比較おすすめランキング2019
関連記事

縦型洗濯機はここ数年、大容量化が進んでいます。家族の人数は少ない方が多いはずですが容量は増えています。ちゃんと理由があるからですけど、年々売れてきています。ドラム式だと10kg以上が当たり前ですが縦型の洗濯機も大容量が進んで[…]

【大容量12kg】縦型洗濯機おすすめを比較2018パナ、日立、東芝
関連記事

洗濯機のおすすめと言ってもそもそも、洗濯機の種類や選び方、各メーカー別の特徴が分からないと購入できないはず。実際に家電量販店で勤務している時にお客様に説明することや、メーカー別の特徴をまとめてみた。日立、パナソニック、東芝、シャープ[…]

縦型洗濯機おすすめ2019人気メーカー別比較と選び方ドラム式の違い
東芝 全自動洗濯機AW-10M7の特徴、機能、口コミ・評価と価格
最新情報をチェックしよう!