洗濯機の風乾燥・ヒーター乾燥・ヒートポンプ乾燥の機能の違いと必要性

洗濯機の風乾燥・ヒーター乾燥・ヒートポンプ乾燥の機能の違いと必要性

みなさんは洗濯機の乾燥機能の違いはご存知だろうか?

大きく分類すると2種類の乾燥方法があるのだが、実際に洗濯機を接客するとよくお客様から聞かれることだったので記事にしてみることにした。

それぞれの乾燥方式の特徴とメリット・デメリット、電気代や時間など分かりやすく紹介していこう。

洗濯機の乾燥機能は大きく3種類

洗濯機の乾燥機能は大きく3種類

一言で洗濯機の乾燥機能といっても、実は風乾燥・ヒーター式・ヒートポンプ式の3種類あるのはご存知だろうか。この

3つはそれぞれ特徴が大きく違うので特徴やメリット・デメリット、電気代の違いなどを解説しよう。

全自動洗濯機の風乾燥(乾燥機なし)

乾燥機能が備わっていない全自動洗濯機についているのが風乾燥である。

風乾燥とは

乾燥機能がついていない全自動洗濯機についている機能が、風乾燥である。

洗濯乾燥機の乾燥機能と、全自動洗濯機の風乾燥機能の違いは、温風を使って乾かすかそうでないかの違いだけだ。

洗濯乾燥機の乾燥機能では温風を使っているので、乾燥が終わった衣類は温かく感じることだろう。

ところが、全自動洗濯機の風乾燥では温風を使わない。洗濯槽を高速で回転させると空気の気流、つまり風が生じる。

この空気の流れを使って洗濯物に含まれた水分を蒸発させる仕組みになっている。

そのために、風乾燥が終わった衣類は温かくなることはないし、洗濯乾燥機の方に乾燥させられるわけではない。

風乾燥の電気代

風乾燥では、洗濯乾燥機のように温風を使わないので、それほど電気代がかからない。

1回あたり1〜2円程度なので、とてもリーズナブルなのも風乾燥の利点である。

風乾燥の効果

風乾燥は、洗濯乾燥機の乾燥機能ほどに洗濯物を乾燥させる働きはない。

風乾燥にはどんな効果があるのだろうか。

①洗濯物を乾きやすくする

洗濯が終わった衣類にたっぷりと含まれている水分量を減少させてはくれるので、衣類を干す時間を短縮したり、部屋干しでも乾きやすくしたりする効果がある。

②部屋干し臭を抑える

風乾燥をかけると部屋干しでも洗濯物が乾きやすくなるので、部屋干し臭を抑える効果がある。

③黒カビの発生を抑える

洗濯物を入れて行うのが風乾燥の正しい使い方ですが、洗濯物を入れずに風乾燥のみを行うことで、黒カビの発生を抑えられます。

効果的な風乾燥の方法

まず、普通に衣類を洗い、すすぎ、脱水をかける。

その後で、洗濯機についている風乾燥ボタンを押すだけだ。

風乾燥は、1〜2時間程度としたい。そして、いつものように干して乾かそう。

風乾燥を長く行うこともできなくはないが、衣類を傷めてしまう恐れがあるので、おすすめできない。

洗濯乾燥機のヒーター乾燥(乾燥機付き)

縦型洗濯乾燥機、ドラム式洗濯乾燥機についている乾燥機能の一つがヒーター乾燥である。

ヒーター乾燥とは

ヒーター乾燥とは、ドライヤーで乾かすようなイメージに近い乾燥方法で、洗濯機に搭載されているヒーターで電気を熱に変換し、洗濯物を乾燥する温風を生み出すタイプである。

後述するヒートポンプ式が登場するまでの主流だった乾燥方法がこれだ。

ヒーター乾燥の種類

ヒーター乾燥は、水冷式と空冷式の2種類に分けられる。

①水冷式

ヒーター乾燥をかけられた洗濯物に含まれた水分は、洗濯槽の中で蒸発するので水蒸気を発生させる。

この水蒸気を含んだ空気をそのまま循環させていては、いずれ飽和状態になってしまうので、洗濯物をしっかりと乾燥させることができなくなる。

そこで、水道水を使い冷却して、水蒸気を水滴に変えて排水するようにしたタイプの乾燥方式である。

②空冷式

空冷式のヒーター乾燥は、水道水で空気を冷却して除湿するわけではないので、水道代がかかることがないメリットがある。

このタイプでは、乾燥時に生じた水蒸気を含んだ空気をそのまま排出することで、洗濯槽内の湿度の上昇を抑えるようになっている。
湿度と温度が高まった空気が室内に排気されるので、室温度や室湿度が上昇してしまうデメリットがある。

ヒーター式の特徴

ヒーター式の特徴をメリットとデメリットから紹介しよう

①メリット

*本体価格が安い

ヒーター式は、ヒーターに電気を通すだけなので、仕組みがシンプルだ。

そのため、乾燥に必要な機械代を安く抑えることができ、ひいては洗濯乾燥機の値段も安くできるメリットがある。

*故障が少ない

ヒーター式は、乾燥機能の仕組みが簡単なので、故障しにくいメリットがある。

②デメリット

*電気代が高い

後述するヒートポンプ式の乾燥機能と比べると、電気の使用量が多いので、電気代が高くなる。

*水道代が上がる

水冷式のヒーター式乾燥機能では、水道水を利用するので、水道代も高くなってしまう。

*温度が高くなるすぎる

ヒートポンプ式の乾燥機能と比べると、ヒーター式の乾燥機能では、生み出される温風が100℃ほどと非常に高温になってしまう。

この高い温度によって、衣類が縮んだり、傷んだりしてしまう恐れがある。

熱すぎるのも問題なのだ。

*乾燥途中で開けられない

乾燥中の温度がとても高いので、安全のために乾燥途中では扉を開けることができない。

ドラム式洗濯機のヒートポンプ式乾燥(乾燥機付き)

ヒートポンプ式乾燥機能は、2005年にドラム式洗濯機に新しく搭載された乾燥機能である。

ヒートポンプ乾燥とは

ヒートポンプ式は、ドラム式洗濯機にのみ搭載されている乾燥方法で、空気中から熱を集めて、大きな熱エネルギーとして利用する技術である。

ヒートポンプ式は、少ないエネルギーで、使ったエネルギーより大きな熱を作り出せる特徴があり、洗濯機の乾燥機能だけでなく、エアコンや冷蔵庫、エコキュートとなどにも採用されている省エネ技術だ。

なお、縦型洗濯機にはヒートポンプ式の乾燥機能はないが、ドラム式にはヒーター式の乾燥機能が搭載されているタイプもある。

ヒートポンプ乾燥の仕組み

ヒートポンプの機械の内部には冷媒が入っている。

①冷媒を圧縮する

圧縮機、つまりコンプレッサーを用いて冷媒に圧力をかけて圧縮すると、冷媒の温度が高くなる。

②熱を利用する

圧縮によって生じた熱を使って乾燥に必要な温風を作り出す。

③圧力を下げる

膨張弁を用いて冷媒の圧力を下げる。

これにより冷媒の温度が低下する。

④空気中の熱を奪う

冷えた冷媒が空気中の熱を奪い、再び温度が高くなる。

⑤冷媒を圧縮する

①に戻って、再び冷媒を圧縮する。

これを常に繰り返していくわけだ。

このヒートポンプの仕組みから、ヒートポンプのユーザーは圧縮機を作動させる電力だけを利用すれば良いことがわかってもらえただろう。

つまり、空気中の熱を利用して温風を作り出しているので、ヒーターほど高い温度にすることができない代わりに、少ない投入エネルギーで効率よく熱エネルギーを得られるようになっているわけだ。

特徴

ヒートポンプ式の特徴をメリットとデメリットの両面から紹介しよう。

①メリット

*電気代が安い
空気中の熱を取り込んで利用するので、ヒーター式より電気代が安い。

*水道代がかからない
水冷式のヒーター式乾燥機能のように、水道水での冷却が必要ないので水道代が余分にかからない。

*温度が高くなりすぎない
乾燥温度が60℃くらいとヒーター式と比べると低めになっているので、衣類を加熱しすぎて傷めてしまうリスクが低い。

*乾燥途中でもドアを開けられる
ヒートポンプ式の乾燥機能では、温度が上がりすぎないので、乾燥途中でもドアを開けられる。

*周囲が暑くなりにくい
熱効率よく乾燥させる上、空冷式ヒーター式のように、湿度と温度が高い排気が出ることもない。
乾燥中も周囲が暑くなりにくいのもヒートポンプ式のメリットの一つだ。

②デメリット

*価格が高い
ヒートポンプ式の仕組みは複雑です。そのため、ヒートポンプ式の価格は大変高くなる。

ヒートサイクル式乾燥(日立だけ)

ヒートリサイクル乾燥とは?

日立のドラム式洗濯機に採用されている乾燥方式がヒートサイクル式である。

ヒートリサイクル式乾燥機能は、ヒーター式の乾燥機能である。

ヒーターの熱に、ドラム式洗濯機の運転時に発生するメインモーターやファンから発生する熱を加える、つまり排熱を乾燥機能にも利用することで、乾燥運転時の省エネを図る仕組みだ。

ヒートポンプ式が空気中の熱を利用して、少ないエネルギーで洗濯物を乾かそうとすることに対して、ヒートリサイクル式では運転時の熱を利用する点、ヒーター式の省エネ効率の向上に目的がある点に違いがあるわけだ。

ヒートリサイクル式乾燥機能の仕組み

ヒートリサイクルの仕組みは、以下の3つから構成されている。

①エコフラップで排熱利用

メインモーターから生じた熱によって温められた空気を、乾燥風の通路に設けた開閉式の吸気口(エコフラップ)から取り込み、乾燥機能に利用する。

②ジェットファンモーターの排熱利用

高速風を発生させるジェットファンの圧縮熱や、ファンモーターから生じる熱を乾燥運転時に利用する。

③メインモーターの熱そのものを利用

メインモーターから生じた熱でドラムそのものを加熱し、ドラム内の温度を高める。

ヒートリサイクル式乾燥の特徴

①メリット

*電気代が安い
洗濯機本体からの排熱を再利用しているので、その分電気代を抑えることができる。

*室温を高めにくい
ヒートポンプ式も室温を高めにくいのだが、ヒートサイクル式は洗濯機の排熱を利用しているため、それ以上に室温に対する影響が少ない

*衣類を傷めにくい
ヒートサイクル式乾燥機能で生まれる温風は、室温より10℃ほど高いだけである。
より低い温度で優しく乾燥させる仕組みなので、乾燥機能によって衣類を傷めてしまう可能性が低い

*乾燥中でもドアを開けられる
ヒートサイクル方式では、温風の温度は約65℃とそれほど温度が高くならないので、乾燥途中でもドアを開けることができる。

*シワを伸ばしながら乾かせる
ヒートサイクル式では衣類を大きく広げて乾かすので、シワを伸ばしながら乾燥させる効果がある。

②デメリット

*ヒーター式より価格が高い
単純なヒーター式と比べると、本体価格はやはり高くなってしまうのは避けられない。

洗濯機の乾燥機能の電気代は?

洗濯機の乾燥機能の電気代は?

洗濯乾燥機能を使うと、どれくらいの電気代や水道代がかかるのだろうか。

国内の大手家電メーカーであるパナソニックと日立の2019年モデルの洗濯機でみてみることにしよう。

パナソニック(panasonic) ドラム式洗濯機

タイプ

洗濯乾燥時標準使用水量

水道代消費電力量電気代
NA-VX9900Lヒートポンプ式55[L]

乾燥0[L]

約14円890[Wh]約24円
NA-VX8900Lヒートポンプ式55[L]

乾燥0[L]

約14円930[Wh]約25円
NA-VX7900Lヒートポンプ式55[L]

乾燥0[L]

約14円960[Wh]約26円
NA-VG2300Lヒーター式65[L]

乾燥0[L]

約17円1,980[Wh]約53円
NA-VG1300Lヒーター式65[L]

乾燥0[L]

約17円1,980[Wh]約53円

NA-VG730L

ヒーター式57[L]

乾燥0[L]

約15円1,750[Wh]約47円

パナソニック(Panasonic)縦型洗濯機

タイプ定格洗濯乾燥時標準使用水量水道代消費電力量電気代
NA-FW120V2ヒーター式175L約45円2,550[Wh]約69円
NA-FW100K7ヒーター式131L約33円2,290[Wh]約62円
NA-FW90K7ヒーター式122L約31円1,960[Wh]約53円
NA-FW80K7ヒーター式117L約30円1,960[Wh]約53円
NA-FD80H7ヒーター式117L約30円1,960[Wh]約53円
日立(HITACHI)ドラム式洗濯機
タイプ定格洗濯乾燥時標準使用水量水道代消費電力量電気代
BD-NX120CLヒートリサイクル式約54[L]約14円約970[Wh]約26円
BD-NV120CLヒートリサイクル式約54[L]約14円約970[Wh]約26円
BD-SX100CLヒートリサイクル式約53[L]約13円約850[Wh]約23円
BD-SV100CLヒートリサイクル式約53[L]約13円約850[Wh]約23円
日立(HITACHI)縦型洗濯機
タイプ定格洗濯乾燥時標準使用水量水道代消費電力量電気代
BW-DX120Cヒーター式約140L約36円約1,890Wh約51円
BW-DV100Eヒーター式約125L約32円約1,980Wh約53円
BW-DV90Eヒーター式約106L約27円約1,730Wh約47円
BW-DV80Eヒーター式約103L約26円約1,670Wh約45円

電気代は、日本電機工業会による目安単価27[円/kWh]で算出した。

電気代の計算式:消費電力料([KWh])×電力単価=電気代

水道代は、日本電機工業会による水道料金・下水道使用料252円/m3で算出した。

ヒーター式は水道代も電気代も高いがドラム式は安いのだ。ここで注目してほしいのがパナソニックのキューブルという洗濯機。

ヒーター式だけどコストが安いのだ。理由は以下から。

新型キューブル2019パナソニックのドラム式洗濯機価格と口コミと評価

関連記事

新型キューブルが発売しましたね。ここ数年、家電も機能だけではなくデザインも重視されるようになってきました。その中でドラム式洗濯機というカテゴリの中で圧倒的におしゃれなデザインで注目されているのがパナソニックのCuble(キュ[…]

新型キューブル2019パナソニックのドラム式洗濯機価格と口コミと評価

洗濯乾燥機の乾燥機能は乾かない?臭いは?

洗濯乾燥機の乾燥機能は乾かない?臭いは?

現在、洗濯乾燥機を使用している人で衣類が乾かない、ニオイが臭いという思いをしたことがある人はいないだろうか?どうして乾かないか理由をお伝えしよう。

乾かなくなる原因

せっかく洗濯乾燥機を購入して、洗濯から乾燥までをワンタッチで済ましたい、けれどどうも洗濯物の乾きが悪いという時の原因にはこのようなものがある。

①フィルターの目詰まり

ドラム式洗濯機で多いのがこれである。

ドラム式洗濯機は、実は縦型洗濯機以上にメンテナンスが欠かせないデリケートな洗濯機でもある。

『糸くずフィルター』『乾燥フィルター』『洗濯槽のパッキン』この3つのお手入れは欠かさないようにしたいところだ。

糸くずフィルターが目詰まりを起こすと、洗濯機からの排水がうまく流れなくなる。乾燥工程で生じた水を排出できなくなるので、乾燥にも時間がかかってしまうことになるわけだ。

乾燥フィルターは、乾燥機能によって生じた糸くずやホコリをキャッチするフィルターである。ここが詰まってしまうと、排気がうまくいかなくなるので乾燥機能が低下してしまうことにつながる。

洗濯槽のパッキンは、乾燥によって飛ばされてきたホコリが集中しやすいところである。

このパッキンに汚れやホコリがついたままにしていると、洗濯槽がきっちり密閉できなくなるので、乾燥させにくくなってしまう。

このように、ドラム式洗濯機のメンテナンスの手を抜いていると、乾燥機能がうまく働かなくなり、洗濯乾燥の時間が長くなるばかりか、しっかり乾燥できなくなることになるわけだ。

②詰め込みすぎている

意外と多いのが、乾燥容量以上に洗濯機に詰め込んでいる場合である。

洗濯容量と乾燥容量は異なるものなのだが、どちらが小さいのかといえば、乾燥容量の方である。

これはドラム式洗濯機にも縦型洗濯機にも共通することである。

洗濯容量を基準に乾燥までしようとすると、乾燥容量を容易に上回ってしまう。

このために、しっかりと乾燥できなくなると言うわけだ。

乾燥までしようという場合は、乾燥容量を上回らないように気をつけてほしい。

もし、乾燥しても以前のようにしっかりと乾かなくなってきた、もしくは乾燥に時間がかかるようになってきたと感じたら、フィルターの掃除や乾燥衣類の量のチェックなどをしてみてほしい。

乾燥後の洗濯物のにおい

せっかく乾燥までかけた洗濯物がにおっている場合、その原因は何なのだろうか。

①生臭いにおい

洗濯槽の中に雑菌が繁殖している恐れがある。

洗濯物からとれた汚れを雑菌がエサにして、嫌なにおいを発する代謝物を産生すると、生臭い匂いが洗濯物に付着するようになる。

②カビ臭いにおい

洗濯槽の内部にカビが繁殖していると、カビ臭いにおいがついてしまう。

③ドブ臭いにおい

洗濯機の排水口や排水管を掃除せず、何年も放っておくと、ドブ臭いにおいを発するようになる。

そのにおいが排水ホースから逆に伝わって、洗濯槽に入ってきている可能性がある。

このようなにおいが洗濯物から伝わってくるようなら、一度洗濯槽を洗濯槽クリーナーで掃除してみることをおすすめする。

洗濯槽の掃除についてはこちらを参考にしてほしい。

洗濯機は掃除してる?汚れを綺麗にする清掃方法とおすすめアイテム

関連記事

洗濯機の中の洗濯槽の汚れってどうしてます?洗濯槽が汚れている状態で洗濯をしても衣類は綺麗になりません。それどころか、見えない汚れがついて洗ったはずの衣類が更に汚れることもあります。洗濯槽が汚れたままだと衣類の汚れに直結します[…]

洗濯機は掃除してる?汚れを綺麗にする清掃方法とおすすめアイテム

まとめ

洗濯から乾燥までしっかりやりたい世帯はドラム式洗濯機が1番しっかり乾くし衣類の痛みや縮みも少なくておすすめ。

洗濯乾燥機はドラム式より価格は安いがヒーター乾燥で精度はそこまで良くない。また熱風での乾燥になり電気代も高く衣類は縮むし痛む。

除湿機を使って室内乾燥の方がまだいいのかなと思うくらいだ。洗面所で除湿機をセットして乾かす人も多い。

洗濯機のおすすめを知りたい人はこちら。

家電販売員が徹底解説!おすすめ洗濯機のメーカー別特徴と選び方

関連記事

洗濯機のおすすめと言ってもそもそも、洗濯機の種類や選び方、各メーカー別の特徴が分からないと購入できないはず。実際に家電量販店で勤務している時にお客様に説明することや、メーカー別の特徴をまとめてみた。日立、パナソニック、東芝、シャープ[…]

縦型洗濯機おすすめ2019人気メーカー別比較と選び方ドラム式の違い

関連コンテンツ

洗濯機の風乾燥・ヒーター乾燥・ヒートポンプ乾燥の機能の違いと必要性
最新情報をチェックしよう!