洗濯機おすすめ購入するための総合案内

洗濯機は毎日使用する人がほとんど。でも価格の差や機能の差っていまいち分からないかもしれません。

洗濯機を購入する前にもチェックすることは実はいっぱいあります。参考になる記事を抜粋しましたので参考にしてください。

洗濯機のおすすめを購入する前に必ず確認する項目

洗濯機ってサイズやキロ数、乾燥付きかなしかドラム式か縦型かなど確認することが実は多く存在します。

その中で最低限チェックすることや洗濯機の種類や各メーカーの特徴を紹介しています。また洗濯機のリサイクルの処理方法や新規、買い替えの違いも解説。

みなさんが気になる洗濯機をネット通販と家電量販店どちらで購入した方がいいのか、メリットとデメリットも交えて紹介しています。

洗濯機を縦型とドラム式で迷っている方のために

この記事はタイトルの通り、縦型の洗濯機とドラム式で迷っている方にぜひ読んでいただきたい記事になっています。よくネットではドラム式の洗浄力はいまいちと記載されているのを見ます。

そんなのは昔の話で今はかなりの進化をしてます。実際にお店では売れ行きは半分ずつの比率なのでドラム式が以前よりもかなり売れています。

それぞれのメリットとデメリットを紹介しています。売れている方で選んだり口コミだけで決めるのだけはやめましょう。後から損をします。

生活スタイルで選ぶのがポイント。各家庭で最適な洗濯機は違うのです。

縦型の洗濯機を検討している方はこちら

当ブログで1番読まれている記事になります。正直かなり長いですが、支持はいただいています。

内容は単におすすめの洗濯機の紹介という記事ではなく、各メーカーの特徴をそれぞれどんな機能があるか紹介しています。

この記事を読んでみなさんの生活スタイルにピッタリの機種が見つかるような内容になっています。

洗面所や脱衣所に設置する前に確認する搬入経路の確認、洗濯機の寿命など気になる疑問も解決します。

10kgモデル

ドラム式って大容量モデルばかりですが縦型の洗濯機も大型モデルの販売台数が伸びています。家族人数が少なくても洗濯回数が減るので節水にもなります。

家族人数が多い人や毛布などの大物衣類の洗濯が多い人におすすめのサイズになります。

基本的には大型モデルは機能がいっぱい入っているので困ることがありません。またサイズは10kgまでなら本体サイズがそこまで大きくないので集合住宅の方でも搬入が可能です。

12kgモデル

現在販売している縦型の洗濯機で最大サイズになる12kgモデルが日立、パナソニック、東芝で発売になりました。洗濯機の人気メーカーなのでやはり高機能。

この3メーカーを機能や特徴を徹底比較しています。洗浄力や使い勝手、サイズ、価格をしっかり解説しています。

日立

洗濯機のメーカーではおそらく何年もトップシェアを確保している日立。ビートウォッシュ、ビッグドラムというのは有名なブランドですよね。

でも日立の洗濯機の何が凄いかって分からないですよね?

ネットの口コミや評価や評判で判断する人もいるかもしれませんが本当に皆さんにピッタリのメーカーなのか縦型とドラム式の特徴をそれぞれ解説しています。

また気になる日立の洗濯機の口コミや評価もまとめました。購入前にきっと参考になるはず。

ドラム式洗濯機を検討している方はこちら

ドラム式洗濯機の記事で1番読まれている人気記事になります。

内容はパナソニック、日立、東芝の特徴と選び方を伝授しています。これからドラム式洗濯機を購入しようかなと思っている方はぜひお読みください。

縦型の洗濯機と大きな違いも解説しています。正直、乾燥をメインで考えている方は絶対にドラム式がおすすめになります。

ドラム式の洗濯機の基本的なことは理解した、もともと洗濯機は詳しいという方はこちらのおすすめ機種をご覧ください。

やはり各メーカーの上位グレードが人気なんです。

下位グレードになると乾燥方式が縦型と同じヒーター乾燥もあるので注意が必要です。

パナソニック

ドラム式洗濯機の中では東芝のXシリーズと肩を並べるくらいおしゃれなドラム式洗濯機のキューブルになります。

洗濯機の掃除、メンテナンス

洗濯機のは自動槽洗浄という機能がありますがこれだけでは綺麗にはなります。

洗濯機の臭いがキツイ、衣類にゴミの付着する量が増えたなど普段使用していて違和感があった方はぜひ参考にしてください。

洗濯機の関連記事はこちら

関連コンテンツ

最新情報をチェックしよう!