最もコンパクト高評価!日立ロボット掃除機RV-EX20の口コミ評価

ロボット掃除機ってどうしても本体サイズが大きくなってしまい椅子の間や家具と家具の間に入れないで掃除ができないこともしばしば。

日立のRV-EX20はとにかくコンパクト。ミニマルというネーミングは伊達じゃない!というとこを今回はお伝えしていこう。

これはパナソニックのルーロのライバルと言ってもいいくらい優秀なロボット掃除機だ。

日立 RV-EX20の特徴

RV-EX20は、日立が製造している品質の高い日本製のロボット掃除機だが、日本の住環境で使いやすいようにデザインされている。

そんなRV-EX20の特徴をみていこう。

コンパクト

RV-EX20の最も大きな特徴が、そのコンパクトさである。

その寸法は本体幅250mm高さ92mmとなっている。

非常にコンパクトなので、他社のロボット掃除機が入りにくい、テーブルの周囲に並んだ椅子の脚の間や、ソファーやベットの下といった狭いところや高さの低いところにも、RV-EX20なら入って掃除できるところが利点である。

ソファーやベットの下の隙間など100mmあれば、RV-EX20は入っていけるのだが、この高さは、人間が掃除機を入れるのにも苦労するものなので、RV-EX20の真骨頂とも言えそうだ。

首ふり動作

RV-EX20についているセンサーがお部屋の角を見つけると、RV-EX20を左右に動かす『首ふり動作』を行なって、角に溜まったゴミやホコリを重点的に吸い取るようになっている。

コンパクトなRV-EX20だからこそ、角に接近しやすいという利点を活かした掃除の仕方である。

充電時も邪魔にならない

充電している時も、RV-EX20は本体を含めた奥行きが300[mm]程度に収まるので、壁際に設置しておけば邪魔にならないのだ。

スマホから操作できる。

RV-EX20には、コネクテッド機能が盛り込まれている。

お持ちのスマートフォンに専用アプリをダウンロードすれば、スマホがRV-EX20のリモコンに早変わりする。

RV-EX20と離れたところにいても、例えば外出先からRV-EX20に掃除をスタートさせたり、タイマーを操作したりできるのだ。今までの掃除履歴もチェック可能、取扱説明書も出てくるので大変便利な機能である。

豊富な掃除モード

RV-EX20の掃除モードは実に豊富である。

『自動』『念入り』『おこのみ(壁際走行重視・反射走行重視・脚回り走行重視)』『スポット』と、実に6通りもあるのだ。

これほどあれば、いろいろな環境で活躍すること疑いなしである。

気になる口コミ、評判

RV-EX20は、高性能なロボット掃除機だが、決して安い買い物ではない。

高価な品物を購入することには違いがないので、買ってから後悔したくないのが、本当のところだろう。そこで、RV-EX20を実際に購入した人の評価を見てみよう。

店頭で購入した人のRV-EX20の口コミ

JoshinやビックカメラなどでRV-EX20を購入した人たちは、RV-EX20をどのように評価しているのだろうか。

そんな人たちの口コミを紹介しよう。

口コミ

女性

ペット買っていて、毛が舞うので掃除の回数が多く疲れるのでロボット掃除機が欲しかった。家具など多くあるので小さいモデルが欲しかったので日立のRV-EX20を購入。

結果は買って正解。カーペットの段差もちゃんと乗り越えてくれます。最初は張り切って動いているが後半は疲れたようにヘトヘト感が出てけなげです。毛はしっかり取れて助かってます。

口コミ

女性
コンパクトで、狭い所にもスイスイ。自動モードで、60分掃除。掃除が終わるとホームに自動で戻り、充電開始します。優秀すぎます。ゴミも圧縮され、捨てるのに簡単です。予想以上の働き者です。

口コミ

女性

実家に住む母が手を痛めたので、お掃除ロボットの導入を提案し、こちらをプレゼントしました。

物が多い家なので使ってもらえるのか心配でしたが、大活躍とのことです。

母が気に入った点としては以下でした。

・物が多くても器用に避けながら隅々まで掃除してくれる

・掃除後、自分の家?まで帰ってきてゴミを圧縮するので毎回捨てなくて良い

・静かなので夜遅くでも掃除ができる

・かわいいのでついついながめてしまう

値段は手頃とは言えませんが、良い買い物をしました。

口コミ

女性

ロボット掃除機の吸引力は正直期待はしていませんでしたが、落ちているゴミはきちんと吸ってくれてます。自分でもう1度掃除をしないとダメかと思ってましたがいらないです。

ツイッター上でのRV-EX20の口コミ

ツイッター上で流れているRV-EX20の口コミを紹介しよう。

Nii-ko@子育て&在宅ワーク@sodatte_workさんのツイート

「R2-D2とC3PO風の家庭内実現がすぐそこですね。

日立、ロボット掃除機「ミニマル」と「アイボ」が、仲良くじゃれながらお掃除 」

RV-EX20にコネクテッド機能が搭載された結果、ソニーのアイボとのリンクが実現したのだ。少し前までは、こんな組み合わせは考えられなかった。

NIi-koさんは、それをスターウォーズのR2-D2とC3POのコンビに例えたわけだ。なかなか面白い的をついた例えと言えそうだな。

しゃぽー5歳兄&2歳弟@unchapeauさんのツイート

「ルンバなどロボット掃除機を検討中のみんなー!日立のミニマルをお勧めするよ!とにかく小さいからダイニングの下とかしっかり入り込んで掃除してくれるよ。」

しゃぽーさんも、RV-EX20のコンパクトゆえに、ダイニングの下など細かなところまで掃除してくれる点を評価しているようだ。

 

えんウチ@enuchijpさんのツイート

「日本の家に合う小さなロボット掃除機「minimaru(ミニマル)」—部屋の隅と家具下が得意」

えんウチさんは、RV-EX20のコンパクトさという点が、日本の住宅事情にあっていることを紹介している。

森山和道/ライター、書評屋@kmoriyamaさんのツイート

「東芝のロボット掃除機と同じ方式だなー。これよりは日立方式(ベースステーションに戻ったときに中で圧縮する)のほうがいいような気がするけど。まあ人による(家による)かな。

ルンバの使い方も人によって意外と違うみたいだし」

ロボット掃除機のゴミの集め方をRV-EX20と東芝のロボット掃除機とで比較しているな。

水軍@kazoohiroさんのツイート

「嫁様の義兄弟一家が集結した楽しい正月休みも終わり、今朝の保育園登園はちょっと手こずりました…

自分は1月4日に初出勤し、昨日は近所の免許センターで更新。

念願のロボット掃除機(日立)を購入して、息子の遊び相手にもなってます。 」

水軍さんは、RV-EX20に掃除以外の新しい使い方を見出した模様だ。子供にとっては、勝手に動き回るRV-EX20がとても斬新に見えるのだろう。

RV-EX20に、AIBOを組み合わせれば、子供には夢の道具に見えるかもしれない。

 

ライバル機種は?

RV-EX20のように、コンパクトなロボット掃除機は他にはないのだろうか。いや、実はあるのだ。

RV-ED20のライバルとなるコンパクトなロボット掃除機を紹介しよう。

パナソニック(Panasonic) MC-RSC10『ルーロ ミニ』

コンパクト

パナソニックのロボット掃除機MC-RSC10もコンパクトが特徴のロボット掃除機である。

パナソニックの従来から発売されているMC-RS810と比べると、面積で40%もコンパクトになっている。

そのために、狭い隙間やソファやイスの下も楽々に入り込んで掃除してくれるのだ。

しかも、軽いので部屋から部屋へを持ち運びも楽だ。

三角形状

MC-RSC10は独自の三角形状になっており、お部屋の角や壁際のゴミまできれいに取り除いてくれるぞ。

走行モード

MC-RSC10の走行モードは、壁際や角などゴミや埃のたまりやすいところを重点的に掃除する『ラウンド走行』、お部屋全体をくまなく掃除する『ランダム走行』、1畳以上の空間があると空間の中央に行きくるくる回って広いスペースも効率よく掃除する『スパイラル走行』を組み合わせている。

効率よく掃除してくれるのが、MC-RSC10の特徴だ。

静か

『音ひかえめモード』にすれば、自動モードよりも運転音を抑えることができ、実感では20%くらい音をカットできるのだ。

クリーンセンサー

20[μm]という目に見えないサイズのゴミやほこりまで検知する『クリーンセンサー』を搭載している。

ゴミが多いところでは吸引力を自動的に高めるなど、ゴミやほこりの量に応じて、パワーを自動的に制御してくれるのだ。

エコバックス(ECOVACS) DEEBOT OZMO SLIM15

特徴

DEEBPT OZMO SLIM15は、エコバックス社製の薄型ロボット掃除機である。

このロボット掃除機の特徴は、ゴミの掃除というロボット掃除機本来の機能に加えて、水拭きもできるという点です。

DEEBPT OZMO SLIM15の高さはわずか5.7[cm]と非常に低く作られている。そのため、ソファの脚の下など、空間の高さが限られているところにも、入り込んで掃除できるようになっている。

OZMOモップシステム

また、DEEBPT OZMO SLIM15の特徴とも言えるモップシステム、つまり水拭き機能は、タンクの水を吸い上げて、水量を自動的に調整しながらモップを湿らせて水拭きをする機能である。

お部屋の状況に合わせて水拭きができる便利な機能である。

掃除モード

DEEBPT OZMO SLIM15の掃除経路もその特徴に含めることができるだろう。

DEEBPT OZMO SLIM15には、フローリングの床を効率的に掃除する『ハードフロアクリーニングモード』が搭載されている。これによって、効率的にお部屋全体を掃除できるのだ。

そして、吸引力を2倍に増強する『マックスモード』によって、DEEBPT OZMO SLIM15の持つ掃除性能を最大限に高めることができるようになっている。

なお、掃除モードは、障害物を感知しながらランダムに掃除する『オート清掃モード』、壁際に積もった埃やゴミの掃除に適した『壁際清掃モード』、特にたくさん積もっているところの掃除に適した『スポット清掃モード』があるので、いろいろな場面で活躍できるのだ。

アプリでのコントロール

DEEBPT OZMO SLIM15は、スマートフォンからの操作ができるようになっている。スマホを使って、DEEBPT OZMO SLIM15を前進させたり、回転させたりするだけでなく、掃除モードを変更したり、タイマー設定をしたりすることができるのだ。

落下防止スマートセンサー

階段などの段差があるところから、DEEBPT OZMO SLIM15が落ちることがないように、DEEBPT OZMO SLIM15には、『落下防止スマートセンサー』がついている。

もし、DEEBPT OZMO SLIM15が段差を見つけると、停止して後戻りし、新しい掃除経路を探すようになっているから安心だ。

まとめ

今回は、日立のロボット掃除機RV-EX20を紹介した。

RV-EX20は、コンパクトにデザインされたロボット掃除機で、日本の住宅事情、例えばテーブルやイスの脚周りや、家具と家具の隙間などに、入り込んで、掃除してくれるのが特徴だ。

コンパクトなので使いやすい上に、コネクテッド機能もついている。

RV-EX20はなかなか優れもののロボット掃除機と言えそうだ。

関連コンテンツ

最新情報をチェックしよう!