吸引力アップ!コードレス掃除機シャープEC-SR3Sの口コミと評価

吸引力アップ!コードレス掃除機シャープEC-SR3Sの口コミと評価

軽量のコードレス掃除機を探しいている人は必ずチェックするであろうシャープのコードレス掃除機EC-AR2S。これがついに改良された新型EC-SR3Sが発売。

お店でも軽量で女性からの支持が圧倒的な商品だったので今年も間違いなく売れるだろう。個人的には接客をして売りやすい商品。

売りやすい商品はお客様にも喜ばれる商品でもある。初めて見る人のためにも詳しく解説していこう。

シャープ EC-SR3Sの特徴

EC-SR3Sは、シャープが発売しているコードレススティック掃除機である。ラクティブ エア(RACTIVE Air)ともよばれている。まずは、EC-SR3Sの特徴からみていこう。

軽量でコンパクト

EC-SR3Sの一番の特徴が、”軽さ”だ。なんとEC-SR3Sの標準質量は1.4kgである。これほどまでの軽さの秘密が、『ドライカーボン』という素材を採用しているところにある。

『ドライカーボン』は、航空機やロケットのように軽量化と堅牢化という相反しかねない条件が求められるところに使うために開発された素材で、軽くて丈夫という特徴がある。

これをパイプ部に採用することで、パイプ部の厚みを半分程度にまで薄くし、大幅に軽くすることができたのだ。

ちなみにダイソンV10の本体質量は2.58kgだ。約1kgも違う。女性が毎日使用する場合、かなりの確率で家事の負担が違ってくる。

軽量でいうと最大のライバルは日立のコードレス掃除機。これも実際に使用したが悪くない。

興味のあるかたはこちら。

関連記事

日立から新型コードレス掃除機PV-BFL1が発売。店頭に展示しながら、触っていたのだが驚いた。あまりにも軽すぎる。カタログを見ると軽量で有名な言えばシャープのEC-AR2Sよりも100gも軽い。付属品などは最小限にしているので価格が[…]

日立コードレス掃除機PV-BFL1がシャープよりも軽量でお買い得だ!

スグトルブラシ

掃除機を座ってかける人はいないだろう。普通は立った姿勢で掃除機をかけるものだ。

掃除機の吸い込み口のブラシは、掃除したいところによって取り替えなければならない。今までの掃除機だと、吸い込み口のブラシを取り替えるために、屈むかがむ必要があった。

しかし、EC-SR3Sはそうではないのだ。

EC-SR3Sのスグトルブラシなら、立ったまま、ブラシを足で軽く押さえて手元のレバーを引けば、ブラシが簡単に外れ、スグトルブラシが現れる仕組みになっている。

もちろん、元に戻すのも簡単だ。やはりかがむことなく、EC-SR3Sをブラシに差し込むだけである。

これはシャープ以外にも日立のコードレス掃除機でもやっているが人気の機能でおすすめだ。

遠心分離サイクロン

EC-SR3Sは、軽量化と同時に、吸引力も強い。

大風量高圧モーターで、強力にゴミやホコリを吸い込むので、壁ぎわから絨毯の隙間に入り込んだゴミやほこりまでしっかりと吸い込むぞ。

そして、吸い込んだゴミは強力な遠心分離サイクロンで、しっかりゴミと空気を分離してくれるので、フィルターの目詰まりを抑えてくれるぞ。

着脱式バッテリー

正直、ここが1番シャープのコードレス掃除機の真骨頂かなと。EC-SR3Sのバッテリーは、取り外しができるようになっているリチウムイオンバッテリーだ。

EC-SR3S本体からバッテリーを取り外せるので、もう一つのバッテリーを使って掃除をしながら、からのバッテリーを充電器に差し込んで充電するというような使い方もできる。

バッテリーの急速充電に要する時間は、80分くらいだ。

バッテリーは1個で弱モードなら30分くらい可動できる。EC-SR3SXにはバッテリーが標準で2個同梱されている。

2個連続で使えば最長で60分間連続して掃除ができることになる。効率よく、長時間掃除できるのも、EC-SR3Sの利点である。

なお、バッテリーの寿命は、2個交互に使えば、およそ6年にもなるので、バッテリーの寿命の面からも安心と言える。

しかも、付属のバッテリーはEC-SR3Sだけでなく、シャープ製の他のコードレス掃除機にも使えるので、大変便利だ。

他社のコードレス掃除機だとバッテリーがダメになると修理扱いになるから使用できない日数が出てしまうが、シャープならバッテリーを買い足すだけでいいのだ。これはお客様からも評判が良いポイントだ。

快適アシスト機能

EC-SR3Sには、掃除をさらに楽にする快適機能がついている。その一例を紹介しよう。

ちょいかけフック

EC-SR3Sには、ラバー、つまりゴムでできたフックがついている。これをちょいかけフックと呼んでいる。

ちょいかけフックを使えば、いろいろなところにさっと引っ掛けて立てかけられるので、掃除の合間にちょっと違う用事ができた時などに便利だぞ。

バッテリーの充電はリビング、本体は別な部屋に置くということができるから実は他社にはできないことなんだ!

ペタッとヘッド

ヘッドの先端部が、壁ぎわや隙間にぴったりと合うようになっているので、そのような吸い込みにくいところに溜まったホコリやゴミが簡単にきれいにできるぞ。

お手入れが簡単

ダストカップに溜まったゴミやホコリは、本体から外して簡単に捨てられるし、ダストカップやフィルターの掃除も水洗いOKなので、やはり簡単だ。

EC-SR3Sは掃除機そのもののお手入れが簡単なのである。

パワーヘッド

ブラシの回転力を利用して、EC-SR3Sのヘッドは、ヘッドそのものが前へ前へと進んでいくので、掃除がとても楽だ。

ダイソンの場合、本体が重いのとヘッドが自走式じゃないので押しても引いても重いという二重苦なのだ。とにかく力が不要なのがシャープのコードレス掃除機のポイントだ。

自動モード

EC-SR3Sは、床の素材に応じてパワーを自動的に調節するので、必要以上の電気を使うことがない。節電しつつ、効率的に掃除できるのだ。

排気口

掃除機は、ゴミやホコリと同時に空気も吸い込んでいる。

空気を吸い込むことのない掃除機はないので、吸い込んだ空気は排気口から排出しなければならない。

これは掃除機の宿命と言えるが、いくらフィルターを通してきれいにしてあるとはいえ、生暖かい排気ガスが自分に当たることは、いい気持ちがしないので避けたいだろう。

EC-SR3Sは、本体の側面に排気口が設けられているので、掃除をしていても排気ガスが直接自分に当たることはない。横から排出されていくので安心だ。

気になる口コミと評価

世間の皆さんは、EC-SR3Sをどのように評価しているのだろうか。

店頭購入の方々と、インターネット上でつぶやかれている評価の両方から紹介しよう。

店頭で買ったお客様

口コミ

女性
評判のいいダイソンを買うつもりで実店舗へ行き実機を持ったら重さにびっくり。

ネットで軽い掃除機を検索して購入。我が家の床はフローリングとタイルでカーペット類も敷いていないので吸引力に問題ありません。軽いしコードレスなので気軽に使えます。


女性
多種あるスティククリーナーの中でも、とても軽く使いやすい機種だと思います。リビングの隅にちょこっと置けて使いたいときにサッと掃除が手軽にできます。

ひとつ前の機種は強モードから始まり、使いにくかったのですが、この機種は一つ目のスイッチで標準モードの掃除できるようになりました。良かった・・・

口コミ

女性
軽くて階段も楽に掃除できる、ゴミ捨てが簡単だし絡まない、充電も簡単でとても良かったです。

また猫を飼っていてサンルームに猫トイレを置いているのですが、サッシの溝部分に猫砂が入り込んでしまって小さいブラシに取り替えて掃除するのが面倒だったのですが、スグトルブラシが大活躍しています。

いつも手軽に部屋を清潔に保つことができるようになりました。


男性
高齢の母にプレゼントしたがとても軽くて掃除機を使う機会が増えた。ゴミも捨てやすい。充電が切れるのが早いので家全部をとなると難しい。またカーペットの上は余り吸ってくれない

口コミ

女性
びっくりするくらい軽くて使いやすいのでお掃除の頻度が増えました! 

充電式で約10分くらいもつので、一人暮らしのお掃除にはちょうど良い時間かなと思います。吸ったホコリやゴミが目に見えるのでお掃除した感があり、キレイになった感触があります。


男性

置き場所にも困らず、コンパクトなので収納の邪魔もせずに助かっています。吸い込み口の取り替えができるので用途によって外してお掃除できて本当に便利です!

少しお値段高いかな?と思ったのですが買って良かったスタンドクリーナーです。

口コミ

女性

他の方のレビュー通り、とっても軽いです。ゴミもさっと捨てられるので、掃除が終わる都度、面倒なく捨てています。ただ、やはりカーペットへの使用の場合、吸引力がイマイチです。

店頭価格とネットでの価格が異なっていましたが、ネットの価格にして頂けました。

このように、EC-SR3Sの特徴である『軽さ』を評価する声が多いことがわかる。

中には、バッテリーの持ち時間を残念に評価する声も散見されるが、これはEC-SR3Sに限らず、コードレス掃除機全般に関係することなので、ことさらEC-SR3Sの評判を落とすものではないだろう。

スペック、仕様

電源方式充電式(リチウムイオン電池、18V)
運転時間弱モード:約60分
自動モード:約30分
強モード:約12分
消費電力充電中:約40W/ 充電完了後:約0.5W
充電時間約80分(バッテリー1個)
集じん容積0.2L
本体寸法243×240×1,055 mm
本体質量1.4kg

あると便利なアクセサリー

EC-AR2Sをさらに、有効に使うためのアクセサリーを紹介しよう。

これを装着すれば、EC-SR3Sがもっと便利になるぞ。

ワイパーヘッド

 

タテヨコ曲がるすき間ノズル

家具の下や家具と壁の隙間など、家の中には掃除機が入りにくい狭いところがたくさんある。

そんなところの掃除に便利なのが、このタテヨコ曲がるすき間ノズルだ。

このノズルなら、ノズル自体が曲がって、伸びて、届かないところに自在に入り込んでくれる。

掃除しにくいところを掃除するために、わざわざかがんだり、背伸びをしたりしなくてすむのでとても便利だ。

まとめ

今回は、シャープのコードレススティック掃除機EC-AR2Sを紹介した。EC-AR2Sは、『軽さ』『着脱式バッテリ』などに特徴のある掃除機である。

実際に、EC-AR2Sを購入した人たちの口コミをみてみても、そうしたところを評価している声が多い。

コードレス掃除機の使いやすさを最大限に引き出す要素である『軽さ』を前面に出し、吸引力の高さやバッテリーの使い勝手など『機能性』も高めたEC-AR2Sは、とてもおすすめのコードレス掃除機と言えるだろう。

関連記事はこちら

関連記事

コードレス掃除機が年々販売数を増やす中、量販店で勤めている僕が気になった機種があります。三菱のコードレス掃除機、INSTICK ZUBAQ(インスティック ズバキュー)HC-JXH30Pという機種になります。今回、発売前に実際に手に[…]

関連記事

コードレス掃除機のおすすめ、ダイソンが新型モデルを発表した。その名もV11だ。最近は私が勤務している家電量販店では説明をしなくてもダイソンを『これ、ほしいんですけど』と声をかけていただくことが増えている。接客業のはずが接客をしていな[…]

ダイソンコードレス掃除機V11全モデル比較、旧型V10の違いと口コミ
関連記事

コードレス掃除機はもう毎日のように接客をしているが、日立のPV-BFH900は軽量で使いやすいのはもちろん、吸引力も文句なし。しかも軽量でシャープの人気掃除機EC-AR2Sと同様でバッテリーが外せるタイプなのだ。今回はこの日[…]

日立、最上級コードレス掃除機PV-BFH900の評価と実力はいかほど?
関連記事

どのコードレス掃除機もダイソンには敵わないイメージが強い方いませんか?今回、パナソニックとシャークニンジャからダイソンに対抗できそうなモデルが発売。そこで今回はこの2機種をしっかり掘り起こしてダイソンと対抗ができるか比較してみたいと[…]

ダイソンに挑戦状!パナMC-SBU820JシャークEVOFLEXを徹底比較

関連コンテンツ

関連コンテンツ