便利家電おすすめランキング最新2019生活変わる製品をプレゼント

便利家電ランキングのおすすめをプレゼントして家事の負担を軽減30選

共働きのご夫婦はいつも大忙し。特に奥様の家事の負担を大きく、仕事帰りに夕飯の買い出し、料理を作って、部屋の片付けして、「気がついたらこんな時間!」なんてことよくあります。

毎日の暮らしの中で家事は欠かせないものですが、自分の時間は欲しいですよね。頭のどこかで「家事をやらなきゃ」と追い込まれてしまっては精神的にも疲れてしまいます。

だからこそ家事の負担を軽減する便利家電を強い味方につけましょう。便利な家電をうまく使って時短を実現。

家族とのゆっくり過ごす時間がつくれて、心に余裕もでき不満も一気に解消できます。

便利家電おすすめランキング10

1、シロカ(siroca) コーン式全自動コーヒーメーカーSC-C122

シロカ コーン式全自動コーヒーメーカー SC-C122

ミルの方式に、コーン式(コニカル式)を採用した全自動コーヒーメーカーである。

コーヒー豆を均一に挽くことができるので、コーヒー豆が持っている香りや味を損なわないのが利点である。

タイマー機能も内蔵しているので、タイマーをあらかじめセットしておけば、朝食時に挽きたて、そして淹れたてのコーヒーを簡単に味わうことができるのだ。

もちろん、コーヒー豆を淹れたいコーヒーの量に応じて自動的に計量して挽いてくれるので、いちいちコーヒー豆の量を測る必要がなく大変便利である。

もちろん、挽き具合も調節可能で、細挽きから荒挽きまで無段階に好みに応じて調節できるようになっている。その上、ドリップメニューもマイルドとリッチの2種類選べるようになっているので、コーヒー豆がたとえ1種類だとしても、いろいろな淹れ方で楽しめるようになっているのも嬉しいポイントである。

SC-C122は、ステンレスフィルターとステンレスサーバーを組み合わせたタイプであるが、ペーパーフィルターとガラスサーバーの組み合わせのSC-C111やペーパーフィルターとステンレスサーバーのSC-C121もあるぞ。

コーヒー好きならぜひ自宅に置いておきたい逸品だ。

2、ポップインアラジン(popIn Aladdin) プロジェクター・スピーカー内蔵シーリングライト PA18U02VN

POPIN スマートライト 「popIn Aladdin」 PA18U02VN 白

天井につけてあるシーリングライトにプロジェクター機能を内蔵させている。これは、どうして今までなかったのか不思議なくらいの製品である。

もちろん、シーリングライトとしての機能もしっかり備わっており、なんと調光・調色の組み合わせは36にも及ぶ。

シーリングライトにプロジェクターが内蔵されているおかげで、取り付けもとても簡単だ。プロジェクターを新たに設置することなく、お部屋が簡単に映画館に早変わりするというすごいライトなのだ。

3、パナソニック(Panasonic) 光美容器 ボディ&フェイス用 ES-WP80

パナソニック ES-WP80-P 光美容器 「光エステ」 (ボディ&フェイス用) ピンク

ES-WP80は光を照射してお肌をすべすべした状態にする美容家電である。

光照射ランプが2つついているので、光の照射出力が2倍になっている。しかも、ハイパワーなエネルギー量を2回に分割して連続照射することで、お肌への熱刺激を和らげているところが優れている点だ。

ES-WP80なら肌検知センサーもついているので、お肌の色に応じた適切な出力調整も可能だし、光照射面積も従来機種と比べて広くなっているので、広範囲に効率的に光を照射できる優れものの光美容器だぞ。

4、デロンギ(DeLonghi) コンプレッサー付きアイスクリームメーカーIC4000SHQ

DeLonghi アイスクリームメーカー IC4000SHQ

コンプレッサーを内蔵したアイスクリームメーカーである。

デロンギ製だけあって、一見したところはアイスクリームメーカーとは思えない優れたデザインとなっている。

電源を入れると冷却が開始され、30分ほどでアイスクリームが出来上がる。一度に作れるアイスクリームの量は1.4[L]と多い。

しかも、内蔵されたミキシングパドルが素材を均等にまんべんなく混ぜ合わせてくれるので、アイスクリームの仕上がりもなかなか美味しい。

10万円以上もするので、簡単には手を出しにくい製品だが、50種類ものアイスクリームレシピもついており、本格的に自宅でアイスクリームを作りたいという人にはおすすめの一品と言える。

5、キュリオ(Qrio) Qrio Lock Q-SL2

Qrio Lock (キュリオロック) スマホで自宅カギを解施錠できるスマートロック # Q-SL2

Qrio Lock Q-SL2は、スマホアプリでカギをかけたり開けたりできる電子ロックである。サムターン鍵がついているドアなら、ほとんどのドアに対応している。

スマホアプリでカギの開閉ができるだけでなく、Google HomeやAmazon Echoとの連携も可能なので、話しかけるだけでもドアのカギの開閉操作ができるようになっている便利な電子ロックだ。

普通のカギがついているドアが、Qrio Lock Q-SL2をつけるだけで簡単に先進的なキーレス鍵に早変わりするぞ。

もちろん、故障した時は取り外せば元のカギが使えるので、安心だ。

6、プロテカ(Proteca) マックスパス スマート

エース プロテカ(Proteca) マックスパススマート(MAXPASS)

マックススパートは、5,000mAhのモバイルバッテリーを内蔵したスーツケースである。

最大容量は39Lで、ポリカーボネートで作られているので大きさの割に軽いのが特徴だ。

Bluetoothも内蔵しているので、スマホを使ってスーツケースの位置を探すこともできる。

しかも、スマホと接続しておけば、マックスパス スマートとスマホが30m以上離れるとアラートで知らせてくれるので、置き忘れや置き引きを予防できるので大変便利だぞ。

7、パナソニック(Panasonic) 頭皮エステ<皮脂洗浄タイプ>EH-HM79

パナソニック Panasonic 頭皮エステ 皮脂洗浄タイプ シルバー EH-HM79-S

EH-HM79は、頭皮を優しく洗浄するヘッドスパタイプの家電である。

4つついているブラシが、独立して回転し、しっかりと頭皮に密着するようになっている。

ヘッドスパサロンで用いられるようなハンドテクニックを再現しているのが特徴で、まるで頭皮に密着して引き上げるような気持ちの良さが得られるぞ。

ブラシには、『掃き出し用』と『絞り出し用』の2種類のブラシがついており、頭皮をつかみ寄せ上げながら、頭皮についた汚れをしっかりと取り除くようになっている。

防水設計になっているので、お風呂で使っても壊れないので安心だ。

8、ロビット(Robit) めざましカーテン mornin’ plus

めざましカーテン mornin’ plus MN-C02 ロビット

mornin’ plusは、カーテンを自動的に開け閉めする装置である。取り付けは片手でもできるので簡単だ。

mornin’ plusをカーテンレールにセットすると、スマホアプリでカーテンの開閉操作ができるようになる。なお、スマホ1台につき4つのmornin’ plusが操作可能だし、共有機能で他の家族のスマホによる操作もできるようにデザインされている。

タイマー機能もあり、タイマーをセットすることで朝になると自動的にカーテンを開けるようなこともできるのだ。

mornin’ plusがつくと、普通のカーテンからスマートカーテンに早変わりするのだ。

9、バーミキュラ(VERMICULAR) ライスポット

バーミキュラ ライスポット 5合炊き ソリッドシルバー 専用レシピブック付 RP23A-SV

”世界一、おいしいご飯が炊ける炊飯器”をコンセプトに作られた炊飯器である。

鋳物ホーロー鍋と火加減自動調節熱源の組み合わせによって、お鍋で炊いたようなおいしいご飯を手軽に炊けるようになっている。

もちろん、炊飯以外にもロースト調理、炒め物調理、スチームなどのいろいろな調理モードがあり、30〜95℃までの温度設定機能による低温調理や発酵機能もある優れた炊飯器である。

ご飯の保温機能がないのが欠点だが、それを補って余りある優れた調理器具といえるだろう。

10、フィリップス(Philips) スマートLED Hueスターターセット

フィリップス LED照明 Hue PT46497L

Hueスターターセットは、スマホアプリでLED電球をつけたり消したりするだけでなく、明るさのコントロールも可能にする電球である。

Google HomeやAmazon Echoと連携機能もあり、それらを連携させると話しかけることで電球のオンオフできるようになるし、ライトを調光して登録すれば、言葉に合わせた明るさに自動的にしてくれるぞ。

Hoe モーションセンサーと組み合わせれば、人の動きでもオンオフできるようになる。

家電は、家庭生活をいろいろ便利にしてくれる上に、豊かにもしてくれるので、現代正確には欠かすことができない。

そんな便利家電だが、いろいろな種類がある。ここでは家に備えておきたい便利家電をカテゴリー別に紹介してみようと思う。

女性が使うキッチン調理家電

まずは、女性がキッチンで使う調理家電だ。もちろん、男性が使っても何ら問題はない。

電気ケトル

電気ケトルとポットの違い、機種によって少し差があるが、『保温機能』がついているかどうか、『温度設定機能』がついているかどうかである。

一部例外となるモデルはあるが、『保温機能』や『温度設定機能』がついていないものが電気ケトルと思っておおむね間違いないだろう。

電気ケトルはいろいろなタイプがあるが、選ぶ時のポイントは、容量とサイズ、お手入れ、安全機能、本体の材質などである。

電気ケトルの容量は600〜1800mlクラスが多い。例えばコーヒー一杯が180mlくらいと仮定すると、家族の人数によってどれくらいの容量が適しているかが自ずとわかってくるだろう。

また、基本的に水を沸かすためのものなので汚れにくいのだが、お手入れしやすいかどうかも大切な要素だ。

口が狭くて中まで手が入らないモデルよりは、広いモデルの方がいいし、蓋が完全に外せるタイプの方がお手入れはしやすいだろう。

また、お子さんのいるご家庭なら、『転倒させたときのお湯漏れ防止機能』、蒸気が出てこない『蒸気レス機能』、水を入れない状態では電源が入らない『空焚き防止機能』などの安全機能がしっかり備わっているモデルを選びたいところである。

これは一つの例でしかないのだが、電気ケトルを選ぶときには使う場面を想定するといいだろう。

関連記事

一家に1台は欲しい電気ケトル。最近は種類が多すぎて選ぶのに苦労するかと。でも要点だけおさえれば実は簡単に自分にピッタリの電気ケトルが見つかる。電気ケトルのおすすめの紹介、選び方のポイント、気になる電気ケトルの疑問を解説してい[…]

【家電販売員が解説】電気ケトルおすすめランキング失敗しない選び方

電子レンジ

お肉を解凍したり、お弁当を温めたりと、食材を温めるときに重宝するのが電子レンジである。もはや電子レンジのない生活は考えられないほどに普及している。

そんな電子レンジだが、現代の電子レンジの機能は単に食材を温めるだけにとどまらない。

トーストをこんがりと焼く、揚げたてのように揚げ物を調理する、お菓子を作る、グリル調理をするなど、さまざまな機能を有するに至っている。

電子レンジを選ぶときには、まず用途を考えてほしい。温められればそれでいいのか、オーブン機能やスチーム機能も使いたいのかなど、前もって考えておこう。

そして、電子レンジの庫内容量も大事な要素である。一人暮らしなら20Lもあれば十分だが、2〜3人家族なら20〜25Lは欲しい。4人以上なら30L前後が適しているだろう。

つまり、家族の人数によって適したサイズが異なってくるのだ。

そのほか、温度センサーや重量センサーなどのセンシング機能も選ぶ上でのポイントであるし、特徴がメーカーごとに異なるので、メーカーで電子レンジを選ぶのもいいだろう。

関連記事

電子レンジは、1947年にアメリカで初めて製品化された食品を加熱する調理器具です。食品を加熱する調理器具は、電気コンロやガスコンロ、最近ではIH調理器(電磁調理器)などがありますが、電子レンジはマイクロ波を照射して温めるという点で、[…]

コーヒーメーカー

コーヒーメーカーは、仕事中だけでなく、休憩中や、来客時など、いろいろな場面で重宝する家電だ。コーヒーが好きな人にとっては生活必需品の一つといえるかもしれない。

そんなコーヒーメーカー だが、今やドリップ式の全自動のミルありタイプやミルなしタイプ、エスプレッソタイプ、カプセル式などいろいろあるぞ。

コーヒーメーカーを選ぶときは、まず『ドリップ式』か『エスプレッソ式』かを選ぼう。

『ドリップ式』は、レギュラーコーヒーを作るためのコーヒーメーカー である。

一方、『エスプレッソ式』はカプチーノも作れるので、いろいろ楽しめ、本格的なカフェメニューには欠かせないのだが、高機能な分どうしても一般的に『ドリップ式』と比べると高額となってしまう。

また、ミルの方式もコーヒーメーカー選びの重要なポイントである。豆の挽き方次第で、出来上がったコーヒーの香りや味が変わってくるからだ。

ミルの方式は、『臼式』と『コニカル式』に分けられるが、最近のお手頃価格のコーヒーメーカーには『プロペラ式』が採用されていることもある。

『臼式』と『コニカル式』のコーヒーメーカーなら、コーヒー豆を均一に挽くことができるので、コーヒー本来の香りが保たれているのが特徴である。

一方、『プロペラ式』は、安価なのがメリットなのだが、コーヒー豆を均一に挽くことが難しく、ムラが生じやすいのが欠点である。

関連記事

家電量販店やホームセンターなどでよく見かけるコーヒーメーカー。みなさんは何を基準にして選びますでしょうか?種類も多く価格もピンからキリまで。各メーカーのホームページやカタログを見てもしっくりこない人もいるかもしれません。[…]

炊飯器

美味しいご飯を食べるのに欠かせないのが炊飯器である。いくら高いお米を買っても、ご飯を美味しく炊けなければ意味がないことは言うまでもないだろう。

美味しいご飯を作る上で鍵を握っているといっても過言ではない炊飯器だが、実はいろいろな種類があることはご存知だろうか。

炊飯器を大きく分けると、『マイコン式』『IH式』『圧力IH式』の3種類に分類。

『マイコン式』は、内釜の底面をヒーターで加熱するタイプの炊飯器だ。『マイコン式』は、仕組みが単純な分、炊飯器の価格が安いのが特徴だ。

内釜全体を均一に発熱させたい時には、『IH式』が適している。『マイコン式』と比べるとお米に熱がムラなく伝えられるので、美味しく炊けるのが特徴だ。

『圧力IH式』は、圧力をかけることで沸点をあげ、より高い熱で一気に炊き上げることができるように作られた炊飯器だ。

この効果でお米に含まれているデンプンを柔らかく、しかも粘りのある状態に変化させ、甘みと粘りのあるご飯に炊き上げられるようになっている。

炊飯器の高級機種は基本的に『圧力IH式』と思って間違いない。

関連記事

家電量販店の店員モンブランが最新の炊飯器のおすすめ2019を紹介。店頭でお客様に聞かれることやお伝えすることを解説していこう。2019年モデルは美味しく特徴のある機種が勢揃い。サイズ別にランキングにしたので参考にされば。一人暮ら[…]

最新の人気の炊飯器おすすめランキング2019選び方と比較するポイント

ヨーグルトメーカー

ヨーグルトに含まれる乳酸菌は、善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる。

つまり、ヨーグルトは、腸内環境整えてくれる食材なのだ。

スーパーマーケットに行けば売っているが、ヨーグルトメーカーがあれば、自宅で気軽にヨーグルトが作れる。

ヨーグルトがお好きなら是非揃えておきたい家電である。

アイスクリームメーカー

誰しもが好きで、デザートの定番とも言っても過言ではないものがアイスクリームだ。アイスクリームはあらゆる年齢層に好かれている。

だが、アイスクリームを自宅で作るのは手間も時間もかかり、なかなか大変である。

特に骨が折れるのが、固まりだしたアイスクリームを空気と混ぜ合わせる攪拌過程である。何しろ、攪拌過程は5〜6回はしなければならないのだから、これに挫折してしまう人もいるほどである。

その手作りが大変なアイスクリームを自宅で気軽に作ることができるようにする家電がアイスクリームメーカーである。

アイスクリームメーカーは、大変な攪拌過程を自動的にしてくれるので、アイスクリーム作りがとても楽になるのだ。

そんなアイスクリームメーカーは、大きく分けると冷却機能の有無で『冷凍容器タイプ』と『コンプレッサータイプ』の2種類に分類される。

『冷凍容器タイプ』は、冷却機能がないのであらかじめ冷凍容器を冷凍庫で冷やしておかなければならない。その時間は、10時間前後であり、1日の間に何度も作るのは非常に困難である。

そのかわり、冷凍容器タイプのアイスクリームメーカーは安価なので購入しやすいのが利点である。

『コンプレッサー内蔵タイプ』は、まさしく冷蔵庫のようにコンプレッサーを内蔵したタイプのアイスクリームメーカーである。そのため、冷却機能を備えているのが特徴だ。

『冷凍容器タイプ』のように長時間にわたってあらかじめ容器を冷やしておく必要がないという利点がある。しかも、一度にたくさん作れるモデルが多く、1[L]以上のアイスクリームを作れるのが一般的だ。

その反面、『冷凍容器タイプ』と比べると高額となっており、中には10万円以上もするアイスクリームメーカーもある。

普及するスマートスピーカー、スマホ関連グッズ、アイテム

スマートフォンの普及にしたがって、スマートフォン関連の製品も増えつつある。

スマートフォンをより便利に使えるグッズを紹介しよう。

スマートスピーカー

近年、スマートスピーカー、つまりAI(人工知能)を搭載したスピーカーが注目されている。

スマートスピーカーの特徴は、話しかけることで接続したさまざまな家電の操作ができるというところにある。

ニュースを読み上げたり、その日の天気予報を知らせてくれたり、わからないことはインターネットで検索して調べてくれたりもする。

それだけではなく、テレビや照明・エアコン・ロボット掃除機・などリンクできる家電を購入すれば、スマートスピーカーを通して操作できるので、とても便利になるぞ。

現在は、Googleの『Google HOME』、アマゾンの『Amazon Echo』が中心であるが、アップルも参入してくる予定なので、スマートスピーカーから当分目が離せないといえるだろう。

関連記事

最近、いろいろなメーカーからAIスマートスピーカーが発売されるようになり、注目されるようになりました。AIスマートスピーカーというと、その名前からして先進的でかっこいいですが、一体全体普通のスピーカーとなにが違うのかあまり良くわ[…]

AIスマートスピーカーおすすめ比較2018できることや選び方を解説

モバイルバッテリー

スマホを使っていて気になることといえば、バッテリーだろう。

そこでおすすめなのが、モバイルバッテリーやソーラーバッテリーチャージャーである。キャンプなどのアウトドアでは電源がなくスマホを充電できないことも珍しくない。

そんな時、モバイルバッテリーやソーラーバッテリーチャージャーがあれば、安心だ。

特にソーラーバッテリーチャージャーは、太陽光発電パネルを搭載しており、日光の下においておけば充電可能だ。中にはUSB充電できるようになっているモデルもあり、そんなソーラーバッテリーチャージャーなら、USBに接続できるスマホ以外の家電に対しても充電器として使用できるので便利だぞ。

スマホリング

スマホの裏に貼り付けるリングである。

スマホを持つ時にリングに指を通すことで持ちやすくしたり、リングを立ててスマホ用のスタンドとして使ったりするのだ。

吸盤で取り付けるタイプなら、スマホケースの上からでもつけられるし、取り付けた場所が気に入らない時にすぐに場所を変えられるので便利だぞ。

スマホ用望遠レンズ

スマホのカメラは、年々高性能化している。コンパクトデジカメなど持ち運ばなくても、スマホで簡単にすぐにきれいな写真が撮影できるようになってきた。

だが、依然として遠いところを撮影するのは苦手なままである。デジタルズームでは限界があるのだ。

そこで登場したのが、スマホ用の望遠レンズである。クリップでスマホに固定するだけなので取り付けも簡単。スポーツ観戦やアウトドアで活躍すること疑いなしである。

スマホアームバンドケース

上腕に装着するタイプのスマホケースである。

これならジョギングしている時などスポーツ時にも邪魔にならずスマホを持ち運ぶことができるだろう。

男女どちらも使う理美容家電

男性女性のどちらにも重宝する家電の一つが理容家電/美容家電であろう。理容家電/美容家電にはどのようなものがあるのだろうか。

ドライヤー

ドライヤーやヘアアイロンの中には、ヘアケア機能がついているモデルもある。

ヘアケア機能のあるドライヤーなら、髪にうるおいを与えたり、マイナスイオンを与えたりすることができる。

関連記事

ドライヤーは年々、高価格になってきているが高い商品の方と安い商品の売れ筋が半々になっている。やはり毎日、お風呂上がりに使用するものだから長く使用したい。髪の毛をのケアをしっかりやりたいお客様が増えている。また女性はもちろんだが、ドラ[…]

ドライヤー2019人気のおすすめ機種【徹底比較】メーカー別に解説

頭皮ケア

髪のもと、つまり毛根が生えている頭皮のケア用の家電もある。

頭皮ケア家電を使えば、自宅で頭皮ケアができるので、ヘッドスパに行かなくてもすむぞ。

関連記事

理美容家電って最近、男性にかなり注目を集めています。身だしなみはビジネスマナーの基本になります。最近では美容男子という言葉が生まれるくらい、女性と変わらないくらい美容の意識が高くなっています。ですが、サロンで何かを施術する男性はまだ[…]

フェイスケア

フェイスケアは、お化粧を施すお顔専用の美容家電である。

主にスチームを当ててお顔にうるおいを与えるものが多い。その他には、洗顔用家電、目元用のエステ家電というものもある。

スキンケア

スチームやマイナスイオンでお肌の状態をケアする美容家電もある。

スキンケア家電なら環境の変化やストレスを敏感に感じやすい女性のデリケートなお肌をケアして整えてくれるのだ。

関連記事

男性用理美容家電、第2弾になります。前回はヘッドケアをお伝えしましたが今回は外見で特に重要視される顔のケアになります。家族、友人、上司、部下、恋人、沢山の人と顔を合わせるのですから、意識はするはず。実際、スキンケアとは何をす[…]

脱毛家電

エステサロンに通わなくても自宅で気軽に脱毛できるのが、脱毛家電である。

お湯で温めながらするモデルや、泡を使うモデル、光を照射するモデルなどいろいろあるぞ。

関連記事

男性、女性の皆さま!ムダ毛の処理ってどうしてますか?夏はとくに気になる問題ですが、1年を通してムダ毛の処理は男性にとって身だしなみやエチケットと言われるくらい大事なことかと。ただ、ムダ毛の処理って人それぞれなんですよね。毛が[…]

トリマー

理髪店や美容院に通わなくても、髪の長さを自宅で整えることができる家電がトリマーだ。

坊主頭専用のモデルや、ボディ用のモデル、ヒゲ用のモデルなどいろいろある。

例えば、ボウズヘア用のモデルなら、頭髪の刈り高さをアタッチメントを取り替えて調整できるし、もちろん防水機能が付いていればシャンプーしながらのカットも可能である。

ヒゲ用のトリマーなら、ヒゲを0.5mm刻みに気軽に調整できるモデルもあるし、男性にとってなかなか重宝する家電と言えそうだ。

季節家電の加湿器、除湿機、その他

日本は四季豊かな環境にあるが、季節に応じ、あったらとても生活が便利になる家電もある。そんな季節家電を紹介しよう。

加湿器

冬場の乾燥、肌荒れや喉の痛みだけでなく風邪の原因にもなってくる。そこでお部屋の乾燥を改善させるのに便利なのが加湿器だ。

加湿器は、スチーム式や気化式、超音波式、ハイブリッド式などいろいろなタイプがある。

適用畳数やタンク容量もさまざまだし、中にはアロマを併用できるものや、タイマー機能がついたものもあるぞ。

関連記事

秋、冬になってくると手や顔が乾燥してカサカサする季節ですよね。空気清浄機にも加湿器が搭載され、年々種類やデザインが多種多様になってきています。でも加湿器って種類や電気代の違いっていまいち分からない人もいるかと。そこでこれからの季節に[…]

加湿器の人気おすすめランキング5方式と電気代、手入れ方法と効果

除湿器

毎年やってくるジメジメした季節、つまり梅雨は、洗濯物も乾きにくくなるし、カビや細菌発生の原因となる。そのままにしておくと、健康にもよろしくない。

そこでおすすめなのが、除湿器である。

梅雨の時期の湿気対策だけでなく、冬の結露を防ぐのにも使えるし、室内干しした時の洗濯物の乾燥にも重宝するぞ。

関連記事

梅雨の時期にや雨や雪で衣類乾燥が難しい時期に活躍するのが、除湿機。除湿機はおもに3つの方式から販売されているが、特に売れているのがコンプレッサー式除湿機だ。コンプレッサー式除湿機はお店でも売れる台数が多いのと選べる機種も多く、どんな[…]

花粉症対策家電

花粉症で悩む時期にあると重宝する家電がある。

まず掃除機だ。花粉がついた服から花粉を吸い取って、家の中に花粉を入れないようにするために、掃除機があるといいぞ。おすすめなのがコードレス掃除機だ。布団掃除できるモデルならなおいいだろう。

布団乾燥機も便利だ。何しろ、花粉の時期に布団を外に干すわけにはいかない。布団乾燥機もおすすめだ。

空気清浄機もお部屋に入り込んだ花粉を吸い込み、空気をきれいにしてくれるのでいいぞ。

そして、衣類スチーマーも便利だ。衣類についた花粉やプレスにも使えるので便利だぞ。

関連記事

空気清浄機は最近は時期に関係なく売れていて、各世帯に1台はあることが多いくらい普及している家電になります。その中で空気清浄機のシェアをぐっと稼いでいるのがシャープとパナソニックになります。それぞれ面白い機能やおしゃれなデザイ[…]

空気清浄機おすすめ2018効果をシャープとパナソニックで比較

入学式・入園式準備家電

3月から4月にかけての幼稚園や保育園への入園、小学校入学の時期にあると便利なのが、ミシンやラベルライターである。

ミシンは、巾着袋を作ったり、名前を刺繍したりと重宝するのだが、選ぶときには厚手の生地が縫えるパワーがあり、糸通しや下糸や上糸の準備が簡単なものを選ぶといいだろう。

本や文房具などの持ち物に名前を書かなければならないが、いちいち書くのはとても大変だ。そこでおすすめしたいのが、ラベルライターである。

スマホと連動してラベルを作ったり、キャラクターテープを作ったり、アイロンがけで貼り付けるテープを作ったりと、さまざまなラベルライターが発売されている。

入学式や入園式を控えているなら、是非検討したい家電である。

関連記事

家にいても仕事をしていても文房具って皆さん使用しますよね?私も毎日、仕事でペンやテープ、カッターなどいつも文房具にはお世話になっています。最近の文房具はとにかく機能が豊富になっているのと使いやすい、デザインが逸脱、常に持っていたいと[…]

最新の人気のおしゃれな文房具は便利な機能だらけ超おすすめ!

くつ乾燥機

入学や入園に関係なく、子供さんのいるご家庭にあると便利なのがくつ乾燥機である。布団乾燥機でも対応可能。

子供はとかく、水たまりやぬかるみが好きなもの。自分から飛び込んでいくほどだ。

そんな時靴がびしょびしょになってしまうことは避けられない。そこで便利なのがくつ乾燥機だ。

雨や雪でびしょびしょになった靴をたちどころに乾かしてくれるし、学校の上履きを洗った後に乾かす時にも重宝するぞ。

関連記事

布団乾燥機といえば寒い季節やジメジメした梅雨の時期だけに必要なのでは?と思う方も多いだろう。しかし、この布団乾燥機の機能をしっかりと把握すると一年を通して手放せない家電と言える。「ダニ対策」や「湿気対策」にとどまらず多様な使[…]

人気の布団乾燥機おすすめ2019ダニ対策と電気代と使い方を伝授

毎日使う生活家電

もちろん、毎日の生活で欠かせない生活家電もある。掃除機もその一つであろう。

掃除機

掃除機がない生活など考えられないのではないだろうか。

一言で掃除機といっても、本体とノズルをホースでつなげるキャニスタータイプ、手軽に持ち運べるスティックタイプ、充電式のコードレスタイプといろいろな種類が発売されている。

また、ゴミやホコリの集じん方式も紙パック式やサイクロン式に分けられる。

手軽に掃除したい、階段や車の中も掃除したいという人には、コードレスタイプのスティック掃除機がおすすめである。

ただ、スティックタイプの掃除機だと、手首に負担がかかってくるので、腕にかかる負荷を減らして楽に掃除したいなら、本体を引っ張るキャニスタータイプがいいだろう。

掃除機のメンテナンスを考えると、紙パックを交換するだけですむ紙パック式が大変楽だが、紙パックを買っておく必要がある。

一方、サイクロン式なら紙パックを購入する手間がかからないのだが、汚れたままにしておくと吸引力が低下するので、サイクロン部やダストカップなどを定期的に掃除する必要がある。

関連記事

人気のコードレス掃除機って実際、コード付きのサイクロン式や紙パック式と比較してどうなんだろうか?実際、店頭ではコードレス式がほとんど売れ筋になっている。そこでコードレス掃除機のおすすめランキングと人気メーカーのポイント、コードレス掃[…]

家電販売員が解説!コードレス掃除機人気おすすめランキング2019

ロボット掃除機

スイッチ一つで室内を自動的に掃除してくれるのがロボット掃除機である。

ロボット掃除機があれば、今まで掃除に当てていた時間を他のことに利用できるようになるだけでなく、外出時など家を留守にしている時間も掃除に利用できるなど、今までよりも時間を有効に使えるようになる利点があり、近年人気が高まっている。

バッテリーが切れそうになったり、掃除が終わったりすれば、自動的に充電器に戻ってくれるので、大変便利である。

関連記事

日本に初めてロボット掃除機が登場したのは、平成14年でiRobot社のルンバでした。当初は非常に高価でして、百貨店の家庭用品売り場でデモ機が走り回っていたことを思い出します。それから日本の電機メーカーも参入し、製品が増えてく[…]

ロボット掃除機おすすめ5機種を比較、気になる疑問も全部解決

ロボット床拭き機

ロボット掃除機は床に落ちているゴミやホコリを吸い取ってくれるわけだが、ロボット床拭き機は自動的に床を水拭きしてくれる。

フローリングの床を掃除したのち、ロボット床拭き機で水拭きすれば、大変きれいになるぞ。

関連記事

ロボット掃除機はだいぶ皆さんにも認知されるようになってきましたが、床拭き専門のロボット掃除機はまだ数は少ない。今回、パナソニックから床拭きロボット掃除機MC-RM10が発売した。床拭きロボット掃除機は有名なとこだと、アイロボ[…]

これは便利!ナソニック床拭きロボットMC-RM10はブラーバを超えた逸材!

ロボット窓拭き機

ロボット窓拭き機もある。

広い窓もロボット窓拭き機を使えば、たちまちきれいにしてくれる。窓から落ちると大変なので、ロボット掃除機やロボット床拭き機のように気軽に使えず、セッティングをしっかりとしないといけないが、なかなか便利だぞ。

カメラなどのデジタル家電

カメラなどのデジタル家電も注目だ。

カメラと一言で言っても、実にいろいろな種類がある。

わかりやすいところでは、『コンパクトカメラ』『一眼レフカメラ』『ミラーレス一眼カメラ』だろう。これらを全てトータルすれば100種類くらい発売されているのでないだろうかというほど、多彩なラインナップとなっている。

多すぎてどれを選べばいいか迷ってしまう人も多いだろう。

まず、値段の違いだが、低価格機種では、撮像素子とよばれる画像をデジタルデータに変換するデジタルカメラの基本ともいえる重要パーツの性能が低い。高級になればなるほど、撮像素子が大きくなり、より多くの画像情報を読み取れるようになっているのだ。

レンズも同じで、高級機種の方がより優れたレンズを搭載している。

ズーム機能は、デジタルズームではなく、光学ズームの方が引き伸ばしても鮮明な画像になるのでおすすめである。中には40倍以上ものズーム機能を搭載しているモデルもある。ただし、その分大きく重くなってしまうのが難点だ。

また、防水機能や耐衝撃機能に秀でたデジカメもある。

アウトドアやスポーツで使いたい時には、ぜひ備えておきたい機能である。

もし、迷った時にはご自身がどのような場面で使いたいかを想定すると、自ずと適したカメラに出会えることだろう。

関連記事

スマホの普及でコンパクトデジタルカメラの販売台数が減っている中、一眼レフの販売台数は実は微減なんです。コンデジとスマホだと画質の差があまりなくなってきていますが、一眼レフはスマホでは不可能な写真の撮影が可能になります。一限レフと言っ[…]

2018ミラーレス一眼のおすすめランキング基礎と比較【初心者必見】

プレゼントする家電はシンプルなもの

プレゼントで喜ぶ女の子

便利家電を誰かにプレゼントしたい時、どのようなものを選べばいいのだろうか。

中には名入れ対応をしてくれるものもあり、何らかのお祝いとしたい時など、名入れギフトショップを利用して名入れギフトにしてみるのもいいかもしれないぞ。

色は好みが分かれるところである。ホワイトやブラックを基調としたシンプルな色合いが好みか、青や赤といった原色系の色合いが好みかで、ギフトとした家電のカラーリングが変わってしまうからだ。

ブラック系ホワイト系、もしくは原色系などで迷った時は、プレゼントしたい人の家を実際に訪れてみて、内装などをチェックしてみるといいだろう。

デザイン

デザインもやはりプレゼントしたい人の好みによって大きく影響されるところである。

こちらも、ギフトを差し上げたい人の自宅を訪れてみるのがいいが、デザインの好みはそれではっきりするとは限らない。

シンプルなデザインにしておけば無難だが、気になる時はデザインの好みは、直接聞いたほうがいいかもしれないぞ。

機能

家電をプレゼントするときにデザイン以上に気になるのが、機能である。

多機能な製品は便利だが、使いこなすのが難しかったり、実際はいらない機能がたくさんついていたりすることもあるし、やはり機能が多いものは故障しやすかったりもする。

そこで、シンプルな機能の便利家電にするほうがいいだろう。

まとめ

今回は、便利家電のオススメおすすめ商品を紹介した。

今回のはあくまでも一例だが、いろいろ便利な家電があることがわかってもらえたことだろう。

こうした便利家電を利用して、日常生活をより豊かなものにしていってもらえればと思う。今回の記事をぜひ、参考にしていただきたい。

関連コンテンツ

関連コンテンツ

便利家電おすすめランキング最新2019生活変わる製品をプレゼント
最新情報をチェックしよう!