50インチ型テレビの選び方!有機ELと液晶の違いを家電販売員が解説

大型の50インチの液晶テレビのおすすめを価格別に紹介。その後に液晶テレビの選ぶポイントや最近売れてる有機ELテレビとの違い、高音質が期待できる別付けのスピーカーのサウンドバーも解説していこう。

家電量販店とネット通販どっちがお得か、最安値で購入する方法もまとめている。

注意する点は4Kチューナーが搭載されているか。せっかく購入するならあった方が節約にもなるはず。

さらに上位グレードのテレビと格安テレビとの違いも説明。最後にあったら助かるテレビのアクセサリーを紹介していこう。

目次

50型(インチ)テレビの4K液晶と有機ELの選び方

まずは50型のテレビの特徴や種類をお伝えしよう。

またこれからテレビを購入するということが決まっている人はPayPayのダウンロードだけはしてほしい。ネット通販でも家電ん量販店でも現金やカードで購入するよりも圧倒的にお得。

キャッシュバックがあるから少しでも財布の負担が軽くなる。無料だから持っていて損はしないはずだ。

映像は4K対応かフルHD対応か

4KとフルHDの違いは、画素数である。

4Kは3,840×2,160、フルHDは1,920×1,080なので、画素数は4倍に増えているので、その違いは明らかである。

ちなみに、地上デジタル放送の前のアナログ時代はSD画質(720×480)だったので、4Kになると24倍もの画素数になっているから、テレビの進化は驚くべきものがある。

地上デジタル放送が始まった当初は、今のような大型画面はほとんどなかったのでフルHDクラスの映像でも十分美しかったのだが、今回ご紹介するような50インチクラスともなると、フルHDではどうしても画質の粗さが目立ってしまう。

やはり、これから新しく購入するなら4K対応のテレビをぜひおすすめしたい。

音質は高音質か

テレビが小さかった時代はそれほど気にならなかったのだが、画面が大きくなるにつれて画面の中心部分とスピーカーがかなり離れるようになった。

また、テレビが薄くなったのでスピーカーの厚みが取れなくなってきた。

スピーカーの性能は、テレビの臨場感につながる大切な要素である。

その為、テレビメーカーではいろいろな工夫をして音質を高め、臨場感を高めようとしている。

高級モデルになると、画面そのものがスピーカーになったり、天井方向にスピーカーを向けて立体感を出したりと、さまざまな工夫をしている。

音質が高いかどうかは臨場感の高さに直結するので、出来るだけ高音質なモデルを購入することをおすすめしたい。

最近はサウンドバーを購入するお客様が増えている。

あわせて読みたい! 

▶︎サウンドバーおすすめランキング2020選び方とメーカー別比較

4Kチューナーは内蔵しているか

地上デジタル放送やBS・110度CSデジタル放送はフルハイビジョン放送である。

一方、2018年から新しく始まったBS4K/110度CS4K放送は、名前にあるとおり4K放送である。

4K放送ならが、4Kパネルの性能を余すところなく引き出せる。

こちらは、専用のチューナーがないと放送を視聴できない。

現在、4Kチューナー内蔵タイプと別売りタイプが発売されているが、内蔵タイプの方が高価だがテレビ周りがすっきりと収まるのでおすすめだ。

あわせて読みたい!

▶︎4Kチューナーおすすめ選び方と価格、接続方法と内蔵テレビを紹介

液晶パネルと有機ELパネルの比較

液晶テレビは、パネルそのものは発光しない。

身近なところでは、液晶画面を採用した腕時計や電卓を見てみるとわかりやすい。

周囲が暗いところでは画面が見えなくなる。

デジタルタイプの腕時計にライトが内蔵されているのは、液晶自らが光らないからなのだ。

では、テレビはどうしているかというとバックライトを採用して、裏側から照らし出している。

そのために、黒色がどうしても明るくなってしまうので、液晶テレビは黒の表現が苦手である。

一方、有機ELテレビはパネル自らが発光するので、バックライトがいらない。

そのために黒色が引き締まるので、黒色の表現力が圧倒的に優れている。

しかも、動きのある映像表現にも秀でている。

その反面、液晶テレビと比べると価格がとても高い。

電気代も高い。

映像の美しさをとるか、価格やランニングコストをとるか、悩ましい問題だ。

あわせて読みたい!

▶︎有機ELテレビの欠点は?メリットとデメリット液晶テレビと違いと寿命

バックライト形式

液晶テレビにはバックライトが不可欠という話を先ほどした。

実は、バックライトには2種類ある。

直下型バックライトとエッジ型バックライトである。

直下型は、奥行きがあり、コントラストが高いのが利点なのだが、コストが高い。

エッジ型は、厚みを薄くしやすい、コストが安いところが利点だが、反面奥行き感やコントラストでは直下型に劣ってしまう。

液晶パネルの種類

現在、市場に流通している液晶パネルは、IPSパネルとVAパネルの2種類である。

IPSパネルは、視野角が広い。

上下左右の広い範囲から画面が色ずれや明るさに変化なく見える。

しかし、コントラストは低く、黒の表現力も弱い。

VAパネルは、コントラストが高く、黒の表現力はIPSよりも良い。

その反面、視野角が狭い。

50インチクラスの液晶テレビでは、大勢でテレビを見る機会が多いということから、IPSパネルが主流である。

倍速機能

液晶テレビは、スポーツなどの動きの多い映像表現は苦手である。

パラパラ漫画をみるとわかりやすいが、ゆっくりとページをめくっていくのと、はやくめくていくのを比較すると、当然ながら早くめくる方が動きはスムーズになる。

これはテレビも同じで1秒間あたりに50コマよりも100コマの方が動きは滑らかになる。

高級モデルの液晶テレビでは、倍速機能を搭載して、動きの多い映像を滑らかにしている。

 

【低価格】50型(インチ)テレビおすすめランキング

手ごろな価格帯のモデルを紹介していこう。安いから悪いというわけではないので安心していただきたい。

9位:FUNAI FL-50U3020

保証がしっかり低価格!ヤマダ電機のみ販売

パネル液晶
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W}
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS:2チューナー
110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:-
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1095×616×1256[mm]
質量10.2[kg]
年間消費電力量98[kWh/年]
価格49,280円(税込)ヤマダWEB価格

4Kテレビを手軽に楽しめる4Kテレビである。

裏番組録画に対応したチューナー構成になっている。

U3010にはない『くっきりモーション』機能が搭載されており、より鮮鋭度の高い映像が楽しめる。

HDMI-CEC対応なので、同機能対応の機器と接続すれば、他の家電もテレビのリモコンで操作できる。

8位:アイリスオーヤマ  IRIS OHYAMA LT-49A620

パネルIPS液晶パネル
サイズ49インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:-
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライト直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1104×711×295[mm]
質量11.5[kg]
年間消費電力量170[kWh/年]
価格81,840円(税込) アイリスプラザ価格

アイリスオーヤマ独自のチューニングによって映像を美しくした4Kテレビである。

USB端子が2つついており、HDDの接続により手軽に録画できるようになっている。

7位:アイリスオーヤマ  49UB28VC

パネルIPS液晶パネル
サイズ49インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:-
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライト直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1092×727×268[mm]
質量11.3[kg]
年間消費電力量174[kWh/年]
価格98,780円(税込) アイリスプラザ価格

音声操作に対応した4K液晶テレビだ。

前面に配置したスピーカーによりクリアな音質で楽しめる。

そしてバックライトが上位グレードに搭載している直下型を採用しているのが驚き。直下型は液晶の隅までしっかり光をあてることができるので発色がよくキレイだ。

6位 アイリスオーヤマ  LT-49B628VC

パネルIPS液晶パネル
サイズ49インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:-
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライト直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1090×675×204[mm]
質量8.6[kg]
年間消費電力量104[kWh/年]
価格84,458円(税込) アイリスプラザ価格

音声操作に対応した4K液晶テレビである。

『見つけて自動録画』により、番組の放送時間の変更があっても自動的に録画を調節してくれる。

フレームを極限まで補足してデザイン性を高めている。

5位 FUNAI FL-49U4020

パネルLED液晶パネル
サイズ49インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS:3チューナー
110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:3
録画機能内蔵HDD:1[TB]
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1109×681×256[mm]
質量13.2[kg]
年間消費電力量114[kWh/年]
価格11,528円(税別)ヤマダWEB価格

Dolby visionに対応している。

1TBのハードディスクを内蔵しているので、手軽に録画できる。

無線LANの内蔵により、ホームネットワークに接続したり、インターネット動画配信サイトの映像を楽しんだりするのが簡単だ。

4位 シャープ(SHARP) 4T-C50BH1

パネル液晶パネル
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1122×253×709[mm]
質量13.0[kg]
年間消費電力量149[kWh/年]
価格

4Kチューナを2つ搭載したシャープのシンプルモデル液晶テレビである。

照明や外の光が反射しにくい『4K低反射パネル』を採用している。

スピーカーは、低音から高音まで対応した『バスレフタイプ』だ。

3位 ソニー(SONY) KJ-49X8000G

パネル液晶パネル
サイズ49インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1101×704×260[mm]
質量11.8[kg]
年間消費電力量120[kWh/年]
価格119,880円(税別) ソニーオンラインストア価格

リモコンには「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」「AbemaTV」「YouTube 」などのネット動画は網羅できているのでかなり便利。

ソニーの映像エンジンとトリルミナルディスプレイは鮮やかでお客様からも評判だ。

国内大手のメーカーでは実は結構売れているのでおすすめ。

2位 東芝(TOSHIBA) 50M530X

パネルVA式液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1112×682×207[mm]
質量19.5[kg]
年間消費電力量87[kWh/年]
価格

4Kダブルチューナー内蔵の4Kテレビである。

映像をより美しく表現するレグザエンジン『Evolution-S』と、バランスに優れた良質なサウンドを実現する『レグザパワーオディオシステム』によって臨場感を高めている。

機能も豊富で素晴らしいがVAパネルなので横から視聴しない人には問題のない機種だ。

1位 三菱電機 LCD-A50XS1000

パネル液晶テレビ
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1128×790×312[mm]
質量25.1[kg]
年間消費電力量102[kWh/年]
価格

4Kチューナーを搭載した液晶テレビである。

高画質を引き出す『DIAMOND Panel』と、高音質で臨場感を高める『DIAMOND NCV』スピーカーを搭載している。

【高価格】50型(インチ)テレビおすすめランキング

次は高価格のモデルを紹介していこう。映像、音質にこだわる人は絶対にご覧いただきたいランキングになっている。

10位:シャープ(SHARP) 4T-C50BL1

パネル液晶パネル
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W] (10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1126×253×739[mm]
質量22.5[kg]
年間消費電力量140[kWh/年]
価格

4Kチューナーを2つ搭載した4Kテレビだ。

映像エンジンは、『AQUOS 4K Smart Engine PRO II』

視聴をアドバイスする人工知能『COCORP VISION』を搭載している。

9位:三菱電機 LCD-A50RA1000

パネルIPSパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1128×790×334[mm]
質量26.4[kg]
年間消費電力量128[kWh/年]
価格

4Kチューナーとultra HDブルーレイ、2TBハードディスクを搭載した液晶テレビだ。

レコーダーや外付けHDDが不要。あらかじめ搭載しているので機械の配線や接続が苦手な人やテレビの周りは何も置きたくない、シンプルにしたい人におすすめのモデルだ。

8位:パナソニック TH-49GX500

パネルIPSパネル
サイズ49インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1106×699×232[mm]
質量15[kg]
年間消費電力量129[kWh/年]
価格116,820円(税込)Panasonicオンラインストア

BS4K/110度CS4K放送チューナーを搭載した4Kテレビである。

もちろん、4K VODにも対応している。

個人的は価格もリーズナブルで、機能がしっかりしているイメージ。実際に映像を見たが特に不満な点はなく悪い点があまり見つからない。

7位 ソニー(SONY) KJ-49X8500G

パネル液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1098×703×279[mm]
質量13.2[kg]
年間消費電力量147[kWh/年]
価格139,880円(税別) ソニーストア価格

4K高画質をより高める 『4K X-Reality PRO』エンジン、『HDR X1』プロセッサーにより、精細感、色の鮮やかさ、コントラストを高めている。

背面に収めた『バスレフ型スピーカー』により低音豊かに、そして『ドルビーアトモス』による高音質で立体的な音響を楽しめる。

6位 東芝(TOSHIBA) 50RZ630X

パネルVA方式液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1120×690×195[mm]
質量20.5[kg]
年間消費電力量151[kWh/年]
価格

レグザエンジン『Evolution-S』、4K映像の映像を精細感よく表現する『4KビューティX』などによってはっきりとした美しい映像を再現する。

『レグザパワーオーディオシステム』『レグザサウンドプロセスVIR』によって音質を豊かに多彩に表現する。

5位 三菱電機 LCD-A50RA2000

パネルLED液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1128×790×334[mm]
質量22.1[kg]
年間消費電力量134[kWh/年]
価格

4Kチューナー、2[TB]ハードディスク、ultra HD ブルーレイが搭載された液晶テレビである。

とても便利で、オプションとして欲しいものは全て揃っていると言っても過言ではない充実したスペックを誇る。

4K放送をブルーレイディスクに録画できる4Kダビング機能がついている

音質もDIATONE NCVスピーカーで優れている。

4位:シャープ(SHARP)4T-C50BN1

パネル液晶パネル
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1,240×290×806[mm]
質量27.0[kg]
年間消費電力量146[kWh/年]
価格

シャープの4K液晶テレビだ。

4K映像の高精細さを引き出す『AQUOS 4K Smart Engine PRO Ⅱ』を搭載している。

人工知能が番組情報などを伝えてくれる『COCORO VISION』を搭載している。

3位:ソニー(SONY)KJ-55X9500G

パネル液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W}+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型:-
直下型LED部分駆動方式
サイズ(幅×高さ×奥行き)1,228×776×274[mm]
質量19.1[kg]
年間消費電力量212[kWh/年]
価格209,880円(税別)(ソニーストア販売価格)

リアルタイム処理能力を高めた高画質プロセッサー『X1 Ultimate』で4Kの持っている画質の良さを引き立てた4Kテレビだ。

スピーカーの配置を改良し、映像と音をマッチさせた『アコースティック マルチ オーディオ』によって高音質な迫力のある音響を実現している。

映像と音響が一体化した臨場感の高いサラウンドを楽しめるぞ。

2位:パナソニック  TH-49GR770

パネルIPS液晶パネル
サイズ49インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力30[W](15[W]+15[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:2[TB]
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1106×696×301:[mm]
質量19.5[kg]
年間消費電力量130[kWh/年]
価格289,630円(税込) パナソニックオンラインストア

ultra HDに対応したブルーレイを搭載した液晶テレビである。

ハードディスクも搭載されているので、とても便利だ。

1位:パナソニック(Panasonic)TH-55GX855

パネル液晶(IPS×LED)
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力30[W](15[W]+15[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS放送:3チューナー
110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1235×770×248[mm]
質量24[kg]
年間消費電力量136[kWh/年]
価格211,420円(税込)(パナソニックストア価格)

『4K高輝度IPS液晶パネル』によって、上下左右178度の視野角を実現、どの方向から見ても4K映像が楽しめる。

最新の音声処理システム『ドルビーアトモス』に対応しており、立体感のあるサラウンドを実現している。

地震の時にも倒れにくい『転倒防止スタンド』が搭載されている安心感もあるぞ。これがお客様から評判がいい!

家電量販店の私がもっとも欲しい機種がこれだ。最強の液晶テレビだ。

 

55型(インチ)有機ELテレビおすすめランキング

50インチ近いサイズの場合、55型なら有機ELテレビも人気。黒が引き締まりとにかくキレイの一言。

そこでおすすめモデルを6機種紹介していこう。

6位:東芝(TOSHIBA) 55X830

パネル有機ELパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力40[W](10[W]+10[W]+10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1226×714×203[mm]
質量23.5[kg]
年間消費電力量168[kWh/年]
価格285,780円(税込) レグザオンラインストア価格

4Kの映像の魅力を引き出す『レグザエンジン Professional』を搭載している。

音響は、有機ELテレビに合わせた『有機ELレグザオーディオシステム』を搭載し、臨場感を高めている。

5位:フナイFUNAI FE-55U6020

パネル有機ELパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力50[W]
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS:3チューナー
110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:-
録画機能内蔵HDD:1[TB]
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1228×733×252[mm]
質量23.4[kg]
年間消費電力量183[kWh/年]
価格219,780円(税込) ヤマダウェブ価格

ヤマダ電機限定だが、低コストで楽しめる有機ELテレビである。

もちろん、黒色表現力も高く、ウーファーとパッシブラジエーターによる高音質も見逃せない。

ハードディスクを内蔵しているので、録画も便利だ。

フナイの評判

この記事は2020年6月10日にリライトした記事である。最新の情報になっているので参考になればありがたい。フナイ(FUNAI)がとにかく売れている!店員さんは正直だった。2020年の最新モデルの情報を公開。2020年6月に新[…]

フナイ(FUNAI)テレビ2019年口コミと評判は?ヤマダ電気で聞いた!

4位:ソニー(SONY) KJ-55A8G

パネル有機ELパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力40[W](10[W]+10[W]+10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1229×710×51[mm]
質量17.6[kg]
年間消費電力量368[kWh/年]
価格200,000円(税別) ソニーストア価格

ソニーの有機ELテレビの2番目のグレードになるモデル。

最上位機種との違いは音質。ワット数が少なくはなるが申し分ない音質になっている。また映像はしっかりして引き締まって見えるから好評だ。

3位:東芝(TOSHIBA) 55X930

パネル有機ELパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力46[W](15[W]+15[W]+8[W]+8[W])
チューナー地上デジタル方法:チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:-
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1,229×728×170[mm]
質量24.9[kg]
年間消費電力量225[kWh/年]
価格329,868円(税込) レグザオンラインストア価格

この機種は『OLEDレグザエンジンBeauty PRO』により、黒色の再現力に優れた有機ELテレビである。

動きのある映像も、映像の種類に合わせたノイズ抑制機能により、精細感を高めている。

タイムシフトマシンという東芝独自の録画システムを搭載している。

2位:パナソニック(Panasonic)TH-55GZ2000

パネル有機ELパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力140[W](20[W]+20[W]+20[W]+20[W]+20[W]+20[W]+20[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS放送:3チューナー
110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1,225×783×310[mm]
質量33.0[kg]
年間消費電力量199[kWh/年]

パナソニックが独自に設計組み立てた有機ELパネルをつかったテレビだ。

明るい光から黒い色までコントラストよく再現する。

音に高さを与える世界初の『テレビ一体型イネーブルドスピーカー』が搭載されており、立体感に優れた迫力のあるサラウンドが楽しめる。

天井に音を反響させるのでとても臨場感がでて迫力がある。またパネルは自社設計というところが他メーカーと大きな違いだ。

1位:ソニー(SONY)KJ-55A9G

パネル有機EL
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力60{w}(20[W]+20[W]+10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1,226×714×255[mm]
質量18.7[kg]
年間消費電力量206[kWh/年]
価格310,000円(税別)(ソニーストア販売価格)

この機種は、次世代型の高画質プロセッサー『X1-Ultimate』を搭載した有機ELテレビだ。

画面そのものがスピーカーとして音を発する『アコースティック サーフェイス オーディオプラス』を搭載している。

画面と音が一致する迫力ある音響システムで、高精細な画像を引き立てるようになっているのだ。

家電量販店とネット通販どっちがお得?

せっかくなら高額な大型テレビを最安値で購入したいはずだ。そこで記事にまとめたものがあるのでぜひ参考にしてもらいたい。

まずは家電量販店でもネット通販でもPayPayだけは必ずダウンロードしておこう。クレジットカードや現金で買い物をするよりも絶対にお得だからだ。

無料のPayPayをダウンロードをする

まずは下調べが重要!

関連記事

あなたは家電製品を安く購入できる時期はいつをイメージしますか?オープンセールや閉店セール、初売りなどのイメージが強いかと思います。でも価格をとにかく底値、最安値で購入したいという部分を追求すると話が違ってきます。もちろん価格[…]

家電の安い時期、買い時はいつ?狙い目時期と価格交渉のポイントとは

家電の購入で最適な時期はいつか?オープンセールや正月、決算などありますが1番はモデルチェンジ前が安い。カテゴリーごとにまとめているので分かりやすいかと。

お店にいったら値引き交渉

いざ、店頭で購入するにも値引き交渉に自信のない方、店頭で表示された価格で購入する人はもったいない!家電量販店の店員がお店での値引き交渉で伝授しよう。

関連記事

家電の値引きをする人、表示された価格で購入する人、さまざまなお客様がいる。でもほとんどの人は1円でも多く安く購入したいはずだ。でも店員とのやりとりが苦手な人、ライバル店・競合店を行ったり来たりするのも面倒というのも分かる。そ[…]

『家電販売員が解説』家電の値引き交渉術のコツと限界と相場はある?

値引き交渉はやりやすい家電とやりにくい家電がある。

そこを解説。値引き方法はネット価格を上手く活用するのが1番。これならどこの家電量販店でも安い買い物ができるはずだ!

ネット通販で最安値で購入

結論から言うと、テレビは間違いなくネットで購入した方がお得。なぜならネット価格は量販店では対応できないくらい安いから。

さらに言うと設置料金、送料、リサイクルを入れても勝てないことが多くなっている。

関連記事

家電を購入する時、当然ですが安く購入したいのはどんな方でも一緒です。ですが購入した後、ネットで購入したけど故障したら大丈夫かな?店頭で買ったけどネットより20,000円も高かったけど修理の時は安心できるし損はしてないよね?な[…]

家電はネット通販と家電量販店どっちがお得?理由と違いとデメリット

ネットで購入する時にありえるメリット・デメリットをまとめた内容。それを知ってから家電量販店で買うか、ネット通販で購入するか判断してもいいのではないだろうか。

 

まとめ

年々、テレビの購入は大型化が進んでいる。

液晶テレビは今後も変わらす人気だが有機ELテレビの比率がここ数年で大幅に増えている。

長く使う家電、せっかくなら大型を購入してみてはいかがだろうか。

あわせて読みたい関連記事

型落ちは安い!

テレビを購入する際、性能はもちろん「価格」も気になると思う。多少古くても良いので1円でも安く購入したい人、新しい製品をできる限り最安の値段で購入したい人。さまざまだ。そんな人たちにオススメしたいのが「型落ちテレビ」である。[…]

型落ちテレビのサイズ別おすすめランキング2019安い価格で購入しよう
コスパが高いテレビ

有機ELパネルの普及、4K衛星放送開始に伴い、映像のきれいな4K映像が普及し始めた。しかし、有機ELパネル搭載モデルはかなり高値で販売されている。そこでおすすめなのが、4K映像に対応した液晶パネルを搭載しているモデルの格安テレビ、激[…]

格安・激安テレビおすすめ2019メーカー別特徴サイズ別に比較と選び方
いつが安い?

液晶テレビや有機ELテレビはどうしても金額が高い。2020年は実は液晶テレビも有機ELテレビも価格は下落傾向にあるのだ。と思ったらコロナウイルスで在庫の供給が滞っているではないか。今後もコロナウイルスのせいで在庫がなく価格が下がりに[…]

テレビの安い時期2019最安値で安く購入する方法と最強の値引き交渉術

 

50インチ型テレビおすすめと有機ELと4K液晶の違いを家電販売員が解説
最新情報をチェックしよう!