50インチ型テレビの選び方!有機ELと液晶の違いを家電販売員が解説

大型の50インチの液晶テレビのおすすめを価格別に紹介。その後に液晶テレビの選ぶポイントや最近売れてる有機ELテレビとの違い、高音質が期待できる別付けのスピーカーのサウンドバーも解説していこう。

家電量販店とネット通販どっちがお得か、最安値で購入する方法もまとめている。

注意する点は4Kチューナーが搭載されているか。せっかく購入するならあった方が節約にもなるはず。

さらに上位グレードのテレビと格安テレビとの違いも説明。最後にあったら助かるテレビのアクセサリーを紹介していこう。

目次

50型(インチ)テレビの4K液晶と有機ELの選び方

まず、これからテレビを購入するということが決まっている人はキャッシュレス決済にて購入する事を強くお勧めしたい。

ネット通販でも家電量販店、どちらでも現金やカードで購入するより圧倒的にお得に購入できるからである。

キャッシュレス決済サービスの事業者により還元額などは異なるが、登録自体は無料なので持っていて損はしないはずだ。

映像は4K対応かフルHD対応か

4KとフルHDの違いは、画素数である。

4Kは3,840×2,160、フルHDは1,920×1,080なので、画素数は4倍に増えているので、その違いは明らかである。

ちなみに、地上デジタル放送の前のアナログ時代はSD画質(720×480)だったので、4Kになると24倍もの画素数になっているから、テレビの進化は驚くべきものがある。

地上デジタル放送が始まった当初は、今のような大型画面はほとんどなかったのでフルHDクラスの映像でも十分美しかったのだが、今回ご紹介するような50インチクラスともなると、フルHDではどうしても画質の粗さが目立ってしまう。

やはり、これから新しく購入するなら4K対応のテレビをぜひおすすめしたい。

音質は高音質か

テレビが小さかった時代はそれほど気にならなかったのだが、画面が大きくなるにつれて画面の中心部分とスピーカーがかなり離れるようになった。

また、テレビが薄くなったのでスピーカーの厚みが取れなくなってきた。

スピーカーの性能は、テレビの臨場感につながる大切な要素である。

その為、テレビメーカーではいろいろな工夫をして音質を高め、臨場感を高めようとしている。

高級モデルになると、画面そのものがスピーカーになったり、天井方向にスピーカーを向けて立体感を出したりと、さまざまな工夫をしている。

音質が高いかどうかは臨場感の高さに直結するので、出来るだけ高音質なモデルを購入することをおすすめしたい。

最近はサウンドバーを購入するお客様が増えている。

4Kチューナーは内蔵しているか

現状の地上デジタル放送やBS・110度CSデジタル放送はフルハイビジョン放送である。

一方、2018年から新しく始まったBS4K/110度CS4K放送は、名前にあるとおり4K放送である。

4K放送ならが、4Kパネルの性能を余すところなく引き出せる。

こちらは、専用のチューナーがないと放送を視聴できない。

現在、4Kチューナー内蔵タイプと別売りタイプが発売されているが、それぞれ一長一短がある。

4Kチューナー搭載なしモデルの特徴は、

 ◯ 本体価格が抑えられるので安価に4Kテレビを導入できる
 × 4K放送を楽しみたい場合、後から4K対応チューナーを購入しなければならない

4Kチューナー搭載モデルの特徴は、

 ◯ 自宅に4K放送を受信できるアンテナや装置があれば購入後すぐに4K放送を楽しめる
 × 4Kチューナー非搭載テレビに比べて価格が高い製品が多い

内蔵タイプの方が高価だが、テレビ周りがすっきりと収まるのでおすすめだ。

まあここ最近のモデルは搭載しているモデルがほとんどだから、購入する前に確認をするくらいで問題ないかと。

液晶パネルと有機ELパネルの比較

液晶テレビは、パネルそのものは発光しない。

身近なところでは、液晶画面を採用した腕時計や電卓を見てみるとわかりやすい。

周囲が暗いところでは画面が見えなくなる。

デジタルタイプの腕時計にライトが内蔵されているのは、液晶自らが光らないからである。

では、テレビはどうして光っているかというと 液晶パネルの裏にバックライトを採用して、裏側から照らし出している。

そのために、黒色がどうしても明るくなってしまうので、液晶テレビは黒の表現が苦手である。

一方、有機ELテレビはパネル自らが発光するので、バックライトがいらない。

そのために黒色が引き締まるので、コントラストがハッキリとした 黒色の表現力が圧倒的に優れている。

しかも、動きのある映像表現にも秀でている。

その反面、液晶テレビと比べると1インチあたりの価格がとても高価であり、電気代も高い。

映像の美しさをとるか、価格やランニングコストをとるか、悩ましい問題だ。

バックライト形式

液晶テレビにはバックライトが不可欠という話を先ほどした。

実は、バックライトには2種類ある。

直下型バックライトとエッジ型バックライトである。

直下型は、映像の奥行き感があり、コントラスト比が高い点が利点なのだが、コストが高い。

エッジ型は、バックライトパネルの厚みを薄くしやすく、コストが安いところが利点だが、反面 映像の奥行き感やコントラストでは直下型に劣ってしまう。

有機ELは素子が発光するのでバックライトがない。

液晶パネルの種類

現在、市場に流通しているテレビ用の液晶パネルは、IPSパネルとVAパネルの2種類である。

IPSパネルの特徴は、

◯ 上下左右の広い範囲から画面を見ても、色ずれや明るさに変化なく見える。
× コントラストは低く、黒の表現力も弱い。

VAパネルの特徴は、

◯ コントラストが高く、黒の表現力はIPSよりも良い。
× 視野角が狭いため、斜め方向から見ると白っぽく見える。

50インチクラスの液晶テレビでは、大勢でテレビを見る機会が多いということから、IPSパネルが主流である。

ここで注意点!!!

最上級グレードでもVAパネルを採用しているモデルが増えている。これはVAパネルの方が正面から見ると黒が深く見えるからだ。

ソニーの9500Hや東芝のZ740XもVAパネルなのでご注意を。斜めから見ても結構綺麗なのだ。でもパナソニックのHX850、HX950の方が斜めから見るとかなりの差があるように感じる。

 

倍速機能

液晶テレビは、スポーツなどの動きの多い映像表現は苦手である。

パラパラ漫画をみるとわかりやすいが、ゆっくりとページをめくっていくのと、はやくめくていくのを比較すると、当然ながら早くめくる方が動きはスムーズになる。

これはテレビも同じで1秒間あたりに50コマよりも100コマの方が動きは滑らかになる。

高級モデルの液晶テレビでは、倍速機能を搭載して、動きの多い映像を滑らかにしている。

 

【低価格】50型(インチ)テレビおすすめランキング

手ごろな価格帯のモデルを紹介していこう。安いから悪いというわけではないので安心していただきたい。

10位:ハイセンス(hisense) 50A6800

パネル液晶パネル
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:1チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライト直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1116×698×244[mm]
質量16.6[kg]
年間消費電力量115[kWh/年]
価格59,800円(税込)

中国の大手電機企業であるハイセンス。

日本だと聞き馴染みがないメーカーであるが、海外では日本メーカーより売り上げが上がっているほど。

店舗によっては6万円を切る価格にて4Kチューナー搭載の液晶テレビが購入できてしまう。

テレビに求められる画質面や録画機能など一通り必要なものは揃っている。

格安4Kテレビに発生しがちな不具合も少なく、メイン使用はもちろん、寝室用など2台目需要にもぴったりである。

9位:フナイ(FUNAI) FL-50U3330

パネル液晶パネル
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1123×687×230[mm]
質量10.8[kg]
年間消費電力量94[kWh/年]
価格98,780円(税込)

2019年モデルであったFL-50U3020の後継モデルにあたるFL-50U3330。

前モデルでは搭載されなかった4Kチューナーを内蔵し、AndroidTVを搭載。

これ一台で十分すぎるスペックを搭載しているので、初めての4Kテレビに向いているだろう。

8位:アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) LT-50B625K

パネル液晶パネル
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:-
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライト直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1112×696.2×263.4[mm]
質量9.7[kg]
年間消費電力量145.3[kWh/年]
価格54,800円(税込)

家電やホーム用品でおなじみのアイリスオーヤマ。

独自開発の高画質化エンジンと狭縁デザインにより、安っぽさを感じない仕上がりとなっている。

価格帯も5万円代と、とてもリーズナブルなので一人暮らしの部屋にもオススメしたいモデルである。

7位:アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 50XUB30

パネル液晶パネル
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライト直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1123×712×268[mm]
質量11.1[kg]
年間消費電力量186[kWh/年]
価格76,780円(税込)

2020年発売モデル。4Kチューナーを内蔵し、HDR10/HLGにも対応。

ドルビーオーディオにも対応し、同ワット数のテレビスピーカーより広がりのあるサウンドを体験できる。

搭載スピーカーが若干ひ弱な印象があったので、映画やライブ映像を楽しみたい人であれば 安くても良いのでシアターバーを購入する事をオススメする。

6位:アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 55XUB30

パネル液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライト直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1242×783×267[mm]
質量14.7[kg]
年間消費電力量202[kWh/年]
価格98,780円(税込)

50XUB30のサイズ違い。基本的な性能は50インチモデルと同様である。

省スペース/コンパクトな大画面テレビを購入したいのであればこちらが良いだろう。

バックライト直下型でこの値段は格安である。

5位:フナイ(FUNAI) FL-55U3330

パネル液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1238×752×230[mm]
質量12.3[kg]
年間消費電力量111[kWh/年]
価格98,780円(税込)

HDR10/ドルビービジョン/HLGと主要なHDR方式へ対応。

また、付属リモコンにてGoogleAssistantの音声操作が可能となっている。

この価格帯であっても4Kチューナー内蔵で、しかもWチューナーを搭載しているため裏番組録画に対応するのだ。

ヤマダ電機点系列ににのみ展開しているので、ぜひ一度実物にて質の高さを体験していただきたい。

4位:シャープ(SHARP) 4T-C50CL1

パネル液晶パネル
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1126×739×253[mm]
質量22[kg]
年間消費電力量139[kWh/年]
価格95,800円(税込)

4K画像処理エンジン「Medalist S1」により、液晶でも高コントラストを再現する事を得意とする。

外光や照明の映り込みを低減し、明るいリビングでも見やすい、高精細「低反射パネル」を採用している。

倍速機能を搭載しているわりには価格がお手頃なのでよく売れているモデルだ。

3位:ソニー(SONY) KJ49X8000H

パネル液晶パネル
サイズ49インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1101×704×286[mm]
質量12.1[kg]
年間消費電力量112[kWh/年]
価格99,000円(税込)

安価な価格帯でも、画質に定評のあるソニー製テレビ。

「X-Balanced Speaker」を搭載し、音の解像感が向上しており、映像も音質もバッチリ楽しめる。

また、2020年モデルからはGoogleHOme以外にもAppleのHomekitへ対応し、Android/iOSどちらと問わず、スマートスピーカーやスマートフォンのから操作が可能となった。

2位:東芝(TOSHIBA) 50C340X

パネル液晶パネル
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:1チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1112×684×219[mm]
質量12[kg]
年間消費電力量81[kWh/年]
価格70,920円(税込)

テレビを見る部屋の環境や映像によって、適正な画質は常に変化する おまかせオートピクチャー機能を独自に搭載。

昼間の明るいリビングでも、週末の夜など暗い部屋で視聴する際などシーンに合わせ最適な映像表示をオートで行ってくれるユニークな機能だ。

HDRオプティマイザーを搭載したことにより、液晶パネルが苦手とする白飛びや夕焼けなどのグラデーション表現が得意なのも特徴である。

1位:三菱電機(MITSUBISHI) REAL LCD-A50RA2000

パネル液晶パネル
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:2TB HDD内蔵
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1128×790×334[mm]
質量26.4[kg]
年間消費電力量134[kWh/年]
価格175,800円(税込)

4Kチューナーや2TBHDD、ブルーレイドライブも内蔵しているので、購入後あとから買い足す必要がないのが最大の特徴であろう。

映像面も抜かりなく、独自の ウルトラカラーマトリックスPRO を搭載することで、どんな明るさのシーンでも鮮やかに映し出すことができる。

録画機能やメニュー操作性なども直感的で、まさにコスパの良い1台と言えるであろう。

【高価格】50型(インチ)テレビおすすめランキング

次は高価格のモデルを紹介していこう。映像、音質にこだわる人は絶対にご覧いただきたいランキングになっている。

9位:東芝(TOSHIBA) 55M540X

パネル液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1230x750x207[mm]
質量15.5[kg]
年間消費電力量94[kWh/年]
価格100,620円(税込)

高価格というほどではないが、あまりにも酷いというわけではないので9位。

クラウド連携により高画質処理を実現する「レグザエンジンCloud」を搭載。

インターネットに接続し、AIが常に最新の処理結果を更新してくれるので、数年経っても色あせることがない高画質を体験できる。

8位:パナソニック(Panasonic) TH-49GR770

パネルIPS方式液晶パネル
サイズ49インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力30[W](15[W]+15[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:2TB HDD
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1106x696x301 [mm]
質量19.5[kg]
年間消費電力量130[kWh/年]
価格184,500円(税込)

パナソニック製テレビはIPS液晶を採用しているモデルが多いので、とにかく色鮮やかなのが特徴。

独自の色忠実補正回路を搭載しており、暗い部分を発見すると自動で部分的に補正を行い、非常に自然な仕上がりとなっている。

4Kチューナーから2TB HDD、ブルーレイプレーヤ、GoogleHomeなども搭載したオールインワンな4K液晶テレビである。

配線が苦手という人には最適なモデルだ。

7位:ソニー(SONY) KJ-55X8000H

パネル液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1243x782x340[mm]
質量16.8[kg]
年間消費電力量161[kWh/年]
価格122,196円(税込)

4Kの美しさを最大限に高める4K高画質プロセッサー「HDR X1」を搭載し、精細感、色の鮮やかさ、コントラストを向上させ、HDRコンテンツのような自然な補正を実現。

また、音の歪みを低減するために新形状の振動版を採用した、新開発の「X-Balanced Speaker」を搭載している。

音の解像感が向上し、従来のテレビ内蔵スピーカーで発生しやすかった歪みを抑えるので非常に声が聞き取りやすい。

また、ドルビーアトモスにも対応するので 前後左右に加え、高さ方向の音表現も可能。

映画館にいるような臨場感を楽しめる1台だ。

6位:ソニー(SONY) KJ-55X8550H

パネル液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1231x776x312[mm]
質量19.7[kg]
年間消費電力量164[kWh/年]
価格148,200円(税込)

ソニー製ハイレゾオーディオプレーヤにも採用されているデジタルアンプ「S-Master」をテレビ用に最適化して搭載。

アーティストのライブ音源はもちろん、自然の中の音などもクリアに表現する事を得意とする。

映像面も従来モデルから進化しており、モーションフローXR240を新たに搭載。

地上波の放送などの24fps映像も自動で補填してくれるので映像がとても滑らかだ。

また、周りのベゼルがとても細く出来たデザインのため、映像に集中して楽しむこともできる。

5位:LGジャパン(LG) 55NANO91JNA

パネルIPS液晶液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力20[W](10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:1チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライト直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1237x786x263[mm]
質量18.6[kg]
年間消費電力量120[kWh/年]
価格118,000円(税込)

LG独自技術である Full Array Dimmingを搭載。

光を自在に部分制御して高純度に澄んだ黒色を再現をしており、きわめて純度の高い表現力を発揮が可能となった。

さらに、FILMMAKER MODE™機能も用意されており、
映画などの制作者の意図に合わせた原画質を再現。

極度に強調しすぎない色補正を自動で行い、映画やテレビ番組など制作者の意図通りの映像を視聴できる。

4位:シャープ(SHARP) 4T-C50CN1

パネル液晶パネル
サイズ50インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力35[W](10[W]+10[W]+15[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1126×739×253[mm]
質量23[kg]
年間消費電力量179[kWh/年]
価格121,500円(税込)

4K画像処理エンジン「Medalist S1」を採用し、メインの性能としては同じ50インチの4T-C50CL1とほぼ互角。

スペックの差としては、艷やかな黒と照明などの映り込みを抑える為、低反射「N-Blackパネル」を採用していることと、480スピード対応の倍速液晶対応であることだ。

3位:ソニー(SONY)KJ-55X9500H

パネル液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力30[W](10[W]+10[W]+5[W]+5[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライト直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1230x779x310[mm]
質量18.1[kg]
年間消費電力量237[kWh/年]
価格172,882円(税込)

2020年に発売されたソニー製液晶テレビのフラグシップモデル。

従来の高画質プロセッサー「X1 Extreme(エックスワン エクストリーム)」に比べ圧倒的な映像分析能力を持つ X1 Ultimate(エックスワン アルティメット)を搭載。

これにより、有機ELテレビに引けを取らないレベルの画質を再現することが可能となっている。

実物にて映像を確認した際、黒色の表現がはっきりとしており「これいいね」と購入を決定されるお客さんも数多く見受けらるほどだ。

2位:パナソニック(Panasonic) TH-55GX855

パネル液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力30[W](15[W]+15W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライト直下型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1235x770x248[mm]
質量24[kg]
年間消費電力量136[kWh/年]
価格195,986円(税込)

4K映像本来の色を忠実に描き出す高画質技術である「ヘキサクロマドライブ」を搭載。これにより夕焼け空の階調や人物の肌など、淡い色の表現がが得意となった。

子供の成長を撮影し、テレビの大画面で楽しみたい型にはうってつけのテレビと言えよう。また、Wエリア制御により、引き締まった黒色表現が可能。

背景などの明るさコントロールも緻密に計算し、液晶パネルとは思えない程パキッとした映像に仕上がる。

量販店やオンライン通販サイトでは価格降下が起きているモデルなので、お買い得モデルと言える。

1位:パナソニック(Panasonic) TH-49HX850

パネルIPS方式液晶パネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力30[W](15[W]+15[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
バックライトエッジ型
サイズ(幅×高さ×奥行き)1099x694x245 [mm]
質量20.5[kg]
年間消費電力量130[kWh/年]
価格129,000円(税込)

基礎的な機能は TH-55GX855と同等。

しかし、画質面においてはアップデートがいくつも行われている。

まずは、微細ブロック階調補正。映像の輝度情報を部分ごとに検出し、階調をつぶさないように補正を行うため明暗の細部まではっきりとしている。

そしてオブジェクト検出倍速表示も見逃せない。例えば、映像の中で動いている部分と動いていない部分を自動で判別する。

動いていない背景より、動いている人の箇所に重点的に倍速補正機能を行うため、より自然で滑らかな映像表現が可能となった。

55型(インチ)有機ELテレビおすすめランキング

50インチに近いサイズの場合、55型なら有機ELテレビも人気。黒が引き締まりとにかくキレイの一言。

そこでおすすめモデルを6機種紹介していこう。

6位:LGジャパン(LG Japan) OLED55BXPJA

パネル有機ELパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力40[W](10[W]+10[W]+10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:1チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1228x744x246 [mm]
質量19.9[kg]
消費電力295[W]
価格182,800円(税込)

スマートフォンやノートパソコンでお馴染みのLG。

有機ELパネルの製造源でもあり、国内有数メーカーへの供給源となっているのだ。

画質面も文句のつけようがない描写能力であり、不満はない。

独自きのうとして、Bluetoothサラウンドサウンド機能に対応。

これにより、Bluetoothスピーカー2台とペアリングすれば、知識がなくても簡単にサラウンドシステムを構築できるのだ。

もちろん、NetFlixやHulu、Youtubeなどのおなじみのネット動画アプリを多数搭載。

価格も20万円を切るモデルであるので、有機ELテレビも購入の候補としてあげる場合には良いかもしれない。

5位:フナイ(FUNAI) FE-55U7030

パネル有機ELパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力70[W](10[W]+10[W]+15[W]+15[W]+10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:2TB HDD
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1228x731x267 [mm]
質量34.4[kg]
消費電力319[W]
価格274,780円(税込)

4k有機ELテレビとしては珍しく(唯一)2TBのHDDを内蔵。

もちろん従来通り外付けHDDへの録画も可能だ。

また、背面上部にも設置されたハイトスピーカーを含めた計70Wものスピーカー群による、豊かなサウンドも注目してほしい。

4位:LGジャパン(LG Japan) OLED55CXPJA

パネル有機ELパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力40[W](10[W]+10[W]+10[W]+10[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1228x738x251 [mm]
質量18.6[kg]
消費電力347[W]
価格241,366円(税込)

有機ELテレビとしてはおそらく唯一無二である機能のブルーライトカット機能が搭載されており、目に優しいテレビとなっている。

他社モデルにない機能は、他にもNVIDIAR G-SYNC TM Compatibleに対応している点。

パソコンとテレビのリフレッシュレートを同期させ、ちらつきや残像の少ない表示が可能となっている。

応答速度も1msとゲーマーディスプレイ並みのスペックを誇るので、ゲーム好きな方には是非選んでほしい。

3位:東芝(TOSHIBA) 55X8400

パネル有機ELパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力72[W](12[W]+12[W]+12[W]+12[W]+12[W]+12[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1226x753x229 [mm]
質量19.5[kg]
消費電力362[W]
価格250,000円(税込)

レグザで培われた技術力を、惜しみもなく4K有機ELテレビに注がれた贅沢なモデルだ。

2K画質相当である地デジ放送を解像度をアップさせ、寝ぼけ映像からはっきりくっきりした映像へ変換させる地デジAIビューティPRO

様々なフレームレートや解像度、規格が入り乱れるインターネット動画配信コンテンツも、自動で補正し綺麗な映像へと変換するネット動画ビューティ PRO

また、ダブルフルレンジ+ハードドームツィーターによる左右6個のスピーカーを搭載したレグザパワーオーディオXにより、シアターシステム顔負けの高音質を実現。

これら全て1台に収まった、万人にオススメできる有機ELテレビと言っても良いであろう。

2位:パナソニック(Panasonic) TH-55HZ1000

 

パネル有機ELパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力30[W](15[W]+15[W])
チューナー地上デジタル方法:3チューナー
BS・110度CSデジタル放送:3チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1228x778x348 [mm]
質量26[kg]
消費電力355[W]
価格246,500円(税込)

視認性にも配慮したブラックフィルターにより、普段の明るいお部屋でも視聴できるよう周囲の光と反射の影響を抑え、黒の締まりを良くしてくれる。

また、ハリウッド業界や関連メーカーが中心となり、次世代映像技術を支援することを目的に策定された国際認証「ULTRA HD PREMIUM」を取得。

さらにユニークな機能として、底面に大きな吸盤状の滑り止めがついた転倒防止スタンドを採用している。

地震が起きた際に安心できる以外にも、小さなお子様がいる家庭にも安心できる機能であろう。

1位:ソニー(SONY) KJ-55A8H

パネル有機ELパネル
サイズ55インチ
画素数3,840×2,160
スピーカー出力30[W](10[W]+10[W]+5[W]+5[W])
チューナー地上デジタル方法:2チューナー
BS・110度CSデジタル放送:2チューナー
BS4K/110度CS4K放送:2チューナー
録画機能内蔵HDD:-
USB外付けHDD対応:○
サイズ(幅×高さ×奥行き)1227x733x326 [mm]
質量18.6[kg]
消費電力352[W]
価格243,306円(税込)

今期イチオシしたいのが、ソニーのKJ-55A8Hだ。

私自身も量販店で日に何度も実物を見ているのだが、なんといっても「他者よりリードした解像度感」がすごい。

そのヒミツは、被写体ごとに最適な精細感を与える「オブジェクト型超解像」。

映像の中で、それぞれの被写体に応じた処理を個別に行い、最も適した表現を処理する機能だ。

音質にも抜かりなく、独自の音響技術「Acoustic Surface Audio」を採用。

有機ELパネル自体を振動させることで、映像と音の一体感を生み出す事に成功している。

トレンド機能として、Apple AirPlay 2に対応。

iPhone、iPad、MacなどのAppleデバイス上の写真・音楽・ネット動画などをワイヤレスで画面を転送することが可能となった。

また、HomeKitにも対応するのでiPhoneやipad、AppleWatchからテレビの操作も簡単。

「有機ELテレビって、どれを買えば良いの?」と聞かれたら、間違いなくこちらをオススメしたくなるモデルである。

家電量販店とネット通販どっちがお得?

せっかくなら高額な大型テレビを最安値で購入したいはずだ。そこで記事にまとめたものがあるのでぜひ参考にしてもらいたい。

まずは下調べが重要!

家電の購入で最適な時期はいつか?オープンセールや正月、決算などありますが1番はモデルチェンジ前が安い。カテゴリーごとにまとめているので分かりやすいかと。

関連記事

あなたは家電製品を安く購入できる時期はいつをイメージしますか?オープンセールや閉店セール、初売りなどのイメージが強いかと思います。でも価格をとにかく底値、最安値で購入したいという部分を追求すると話が違ってきます。もちろん価格[…]

家電の安い時期、買い時はいつ?狙い目時期と価格交渉のポイントとは

お店にいったら値引き交渉

いざ、店頭で購入するにも値引き交渉に自信のない方、店頭で表示された価格で購入する人はもったいない!家電量販店の店員がお店での値引き交渉で伝授しよう。

値引きの場合、現金以外にも商品券や店舗独自のポイント還元の方が還元額が大きい場合がある。その点も合わせて確認しよう。

値引き交渉はやりやすい家電とやりにくい家電がある。

そこを解説。値引き方法はネット価格を上手く活用するのが1番。これならどこの家電量販店でも安い買い物ができるはずだ!

関連記事

家電の値引きをする人、表示された価格で購入する人、さまざまなお客様がいる。でもほとんどの人は1円でも多く安く購入したいはずだ。でも店員とのやりとりが苦手な人、ライバル店・競合店を行ったり来たりするのも面倒というのも分かる。そ[…]

『家電販売員が解説』家電の値引き交渉術のコツと限界と相場はある?

ネット通販で最安値で購入

結論から言うと、テレビは間違いなくネットで購入した方がお得。なぜならネット価格は量販店では対応できないくらい安いから。

さらに言うと設置料金、送料、リサイクルを入れても勝てないことが多くなっている。

ネットで購入する時にありえるメリット・デメリットをまとめた内容。それを知ってから家電量販店で買うか、ネット通販で購入するか判断してもいいのではないだろうか。

関連記事

家電を購入する時、当然ですが安く購入したいのはどんな方でも一緒です。ですが購入した後、ネットで購入したけど故障したら大丈夫かな?店頭で買ったけどネットより20,000円も高かったけど修理の時は安心できるし損はしてないよね?な[…]

家電はネット通販と家電量販店どっちがお得?理由と違いとデメリット

 

まとめ

年々、テレビの購入は大型化が進んでいる。

液晶テレビは今後も変わらす人気だが有機ELテレビの比率がここ数年で大幅に増えている。

さらに、VOD配信サイト限定で放送されているコンテンツも、地上波の番組顔負けの作品が多い。

そういった需要から更に4Kテレビの需要が高まってきているのだ。

長く使う家電、せっかくなら大型を購入してみてはいかがだろうか。

あわせて読みたい関連記事

型落ちは安い!

テレビを購入する際、性能はもちろん「価格」も気になると思う。多少古くても良いので1円でも安く購入したい人、新しい製品をできる限り最安の値段で購入したい人。さまざまだ。そんな人たちにオススメしたいのが「型落ちテレビ」である。[…]

型落ちテレビのサイズ別おすすめランキング2019安い価格で購入しよう
コスパが高いテレビ

有機ELパネルの普及、4K衛星放送開始に伴い、映像のきれいな4K映像が普及し始めた。しかし、有機ELパネル搭載モデルはかなり高値で販売されている。そこでおすすめなのが、4K映像に対応した液晶パネルを搭載しているモデルの格安テレビ、激[…]

格安・激安テレビおすすめ2019メーカー別特徴サイズ別に比較と選び方
いつが安い?

液晶テレビや有機ELテレビはどうしても金額が高い。2020年は実は液晶テレビも有機ELテレビも価格は下落傾向にあるのだ。と思ったらコロナウイルスで在庫の供給が滞っているではないか。今後もコロナウイルスのせいで在庫がなく価格が下がりに[…]

テレビの安い時期2019最安値で安く購入する方法と最強の値引き交渉術
50インチ型テレビおすすめと有機ELと4K液晶の違いを家電販売員が解説
最新情報をチェックしよう!