電動歯ブラシおすすめ比較【ブラウン、パナソニック、フィリップス】

歯の表面をこすると取れてくる白いカス、いわゆる歯垢は、歯や歯ぐきの健康の大敵だ。これをきれいに取り除くことが、むし歯や歯周病を予防するためにとても重要となる。

そこでおすすめしたいのが電動歯ブラシだ。お店でも学生さんもよく買いにくるくらい認知されている商品だ。

まずは特におすすめしたいモデルをランキング形式で10種紹介しよう。そして電動歯ブラシの選び方、電動歯ブラシの気になる疑問に家電量販店の店員が答えていく。

電動歯ブラシおすすめランキング10

①パナソニック(Panasonic) 音波振動ブラシ ドルツ EW-DP52

Panasonic 音波振動ハブラシ ドルツ (シルバー) EW-DP52-S

EW-DP52は、パナソニックの電動歯ブラシのフラッグシップモデルだ。

2つモーターの働きで、ヨコ磨きとタタキ磨きの両方を行う『W音波振動』により、これまでどうしても届かなかったところの汚れもきれいに磨けるようになっている。

歯ぐきをスッキリさせる『Wガムケアモード』なら、1週間もすれば歯ぐきがすっかり健康になるぞ。

海外電圧にも対応しているので、プラグアダプターを使うことで、外国でも使えるのだ。

付属ブラシ

『密集極細毛ブラシ』、『マルチフィットブラシ』、『ポイント磨きブラシ』、『シリコンブラシ』、『ステインオフブラシ』、『ステインオフアタッチメント』と、合計でなんと6種類もある。

作動モード

作動モードは、『Wクリーンモード』『ノーマルモード』『ソフトモード』『Wガムケアモード』『ステインオフモード』の5つから選べるので、先に述べた6種類ものブラシとの組み合わせによって、歯みがきからステイン除去や歯ぐきのケアまで、あらゆるお口のケアに対応している。

ヘッドの性能を見てみると、横方向へなんと31,000回/分も振動する上、リニアモーターを2つも内蔵している。

この高振動で音波水流を発生させ、そして2つ内蔵したモーターの働きで歯の表面についた汚れを上下方向に叩いて浮き上がらせて、しっかりと取り除くようになっている。

『モード記憶機能』が備え付けられており、最後に使ったモードを電源を入れれば再び利用できるようになっている。

安全装置

強く当てすぎて歯が傷むのを防ぐために、『パワーコントロール機能』がついている。強く押し当てると、自動的にブラシの振動を制御して歯を守ってくれるのだ。

バッテリー

リチウムイオンバッテリー

 

バッテリーの性能

可動時間は、1時間の充電で22日間の作動が可能であり、突然の電池切れの場合は、2分間の急速充電で1回の歯みがきが可能となる。

なお、『Wクリーンモード』『Wガムケアモード』では、11日間の使用となる。

充電器は、スタンドと一体化されたデザインになっており、立てておくだけでいつでも充電できるように考えられている。

②ブラウン オーラルB ジーニアス 10000 D7015266XCM

ブラウン D7015266XCM-BK 電動歯ブラシ オーラルB ジーニアス10000 ブラック Oral-B D7015266XCMBK

オーラルBジーニアス10000は、オーラルBシリーズのフラッグシップモデルである。

付属のマルチアクションブラシは、歯の汚れや歯垢だけでなく、黄ばみや黒ずみも取り除いてくれるので、1週間も使えば着色汚れがなくなるのだ。

240Vの海外電圧に対応しているので、海外旅行にも持っていけるぞ。

充電器から充電用ケーブルの取り外しが可能なので、すっきりと保管できるようにデザインされている。

スマートフォンの充電も同時に可能になっている。

付属ブラシ

『やわらか極細毛ブラシ』『マルチアクションブラシ』の2種類のブラシがついている。

作動モード

『クリーン』『しっかりクリーン』『やわらかクリーン』『ホワイトニング』『マッサージ』『舌クリーニング』の6種類の作動モードがついている。

これは、電動歯ブラシからだけでなく、Bluetoothで接続したスマホアプリからでも操作が可能になっている。

安全装置

『押しつけ防止センサー』がついているので、歯に強く押し付けた場合に自動的に上下運動が停止し、『過圧コントローラー』が自動的に『やわらかクリーンモード』に切り替えてくれるので、安心だ。

バッテリー

リチウムイオンバッテリー

バッテリーの性能

フル充電での使用なら、最大で約12日間の使用が可能だ。

アプリとの連携機能

あり

2分間のタイマー機能や、今どの辺りを磨いているのか、毎日の歯みがき記録機能などがついたアプリだ。

③フィリップス ソニッケアー ダイヤモンドクリーン HX9964/55

ソニッケア 電動歯ブラシ 「ソニッケアー ダイヤモンドクリーンスマート」 HX9964/55 ルナーブルー (HX996455)

HX9964/55は、フィリップスのソニッケアーのフラッグシップモデルだ。

ヘッドを省いた希望販売価格は25,920円となっている。

『ブラシヘッド認識機能』がついている。装着したブラシヘッドを電動歯ブラシが認識し、自動的に最適な作動モードに設定される大変便利な機能である。

『ブラシヘッド交換お知らせ機能』により、ブラシヘッドの交換時期が来れば、ランプが点灯して知らせてくれるのだ。

付属ブラシ

基本的にブラシは、『プレミアムクリーンブラシ レギュラー』『プレミアムガムブラシ レギュラー』『プレミアムホワイトブラシ レギュラー』『舌磨き ブラシ』がセットでついている。

作動モード

『クリーン』『ホワイトプラす』『ガムヘルス』『ディープクリーンプラス』『舌磨き』の5モードに、強さ設定が『強』『中』『弱』の3種類あるので組み合わせとしては15パターンとなる。

安全装置

『加圧防止センサー』がついているので、強く当てすぎて歯を傷つける心配がない。

バッテリー

リチウムイオンバッテリー

バッテリーの性能

フル充電での連続使用は、およそ2週間だ。

アプリとの連携機能

あり:正しい歯みがきの方法を説明してくれるし、磨き残しも教えてくれる便利なアプリなのだ。

④パナソニック(Panasonic) 音波振動ブラシ ドルツ EW-DA52

パナソニック 音波振動歯ブラシ Doltz シルバー EW-DA52-S

パナソニックのスタンダードより少し上位に当たる電動歯ブラシである。

31,000回/分のリニア音波振動による『音波振動ヨコ磨き』で、歯の表面に当てるだけで、こびりついた汚れをきれいに取り除いてくれる電動歯ブラシだ。

『密集極細毛ブラシ』を使えば、音波振動ヨコ磨きで、歯周ポケットの中にいる歯周病の原因菌も除去できる。その時に必要以上に歯周ポケットを痛めることがないよう、毛先に3[mm]の段差がついているのも特徴だ。

スタンドを兼ねた充電器は、コードを外してスタンドとして使えるし、お手入れしやすいフロート形状になっている。

もちろん品質の優れた日本製だ。

付属ブラシ

『密集極細毛部らし』『ステイオフブラシ』『ポイント磨きブラシ』『マルチフィットブラシ』『シリコンブラシ』と全部で5種類のブラシがついている。

作動モード

EW-DA52の作動モードは、『ノーマルモード』『ソフトモード』『ガムケアモード』の3通りだ。

『モード記憶機能』がついているので、最後に使ったモードをすぐに再現することができるのだ。

安全装置

強い力で押し付けて磨くと、自動的にブラシの振幅を抑える『パワーコントロール機能』がついている。

バッテリー

リチウムイオンバッテリー

バッテリーの性能

フル充電にかかる時間は約1時間。

これで約22日間歯を磨けるし、突然の充電切れでも2分間のクイックチャージ(急速充電)に対応しているので、1回程度の歯みがきはすぐにできるようになっている。

アプリとの連携機能

なし

⑤ブラウン オーラルB すみずみクリーンやわらか D12013T

BRAUN ブラウン オーラルB すみずみクリーン やわらか  D12013T <電動ハブラシ>

オーラルBすみずみクリーンやわらかは、ブラウンのエントリークラスの電動歯ブラシだ。

手軽に歯の汚れを取り除くことをコンセプトに作られており、歯を1本1本、歯科のクリーニング器具のような丸形ブラシで丁寧に磨いていくのだ。

わずか2分で歯をきれいに磨ける。

7,600回/分の左右の反転運動で手磨きよりも2倍も効率的に歯を磨くぞ。

ヘッド

『やわらか極細毛ブラシ』

バッテリー

ニッケルカドミウムバッテリー

バッテリーの性能

フル充電で20分間の使用が可能である。1日2回使うとすれば、およそ5日間使えるわけだ。

アプリとの連携機能

なし

⑦パナソニック(Panasonic) ポケットドルツ EW-DS42

パナソニック(Panasonic) ポケットドルツ EW-DS42-K 黒

パナソニックの携帯用の小型電動歯ブラシだ。

外出先でも使いやすい携帯用電動歯ブラシだ。

16,000回/分の音波振動で、短時間に歯の表面をきれいにするので、短いお昼休憩の間でも時間を気にせず歯を磨くことができるのだ。

EW-DS42の長さは16[cm]あるので、男性の手でも握りやすいぞ。

片手で操作が簡単にできる『プッシュ式スイッチ』を採用している。ワンハンドでいつでも使えるのだ。

ヘッド

『ポケットドルツ用極細毛ブラシ』『舌ブラシ』の2種類

作動モード

選べない

バッテリー

単4形乾電池、もしくは単4形充電電池

バッテリーの性能

1日1回2分間の使用でおよそ3ヶ月間使えます。

アプリとの連携機能

なし

⑧ブラウン すみずみクリーンキッズ D12513KPKMG

 

ブラウンの子供用の回転式電動歯ブラシである。

3歳から安全に使えるようにデザインされた電動歯ブラシだ。

子供の小さなお口や歯にフィットするように小さめのブラシヘッドと柔らかめのブラシがついている。

小さな手でもしっかりと握れるようにハンドルがデザインされている。

アプリにポケモンを採用している上に、コストも比較的安いので、子供だけでなく親御さんにも人気が高い。

ヘッド

やわらか極細毛の丸形ブラシ

作動モード

オンオフのみで選べない

バッテリー

ニッケルカドミウムバッテリー

バッテリーの性能

フル充電で最大5日間(1日2回、1回あたり2分間の使用条件で)使えるぞ。

アプリとの連携機能

あり

ポケモンブラッシングマスターで、楽しみながら歯みがきの練習ができるようになっている。

⑨ブラウン オーラルB ジーニアス9000 D7015256XCTWH

ブラウン 電動歯ブラシ オーラルB ジーニアス9000 ホワイト D7015256XCTWH

ジーニアス9000は、ブラウンのオーラルBシリーズのプレミアムモデルである。

歯科医院に歯のクリーニングに行った経験はないだろうか。歯科医院で使っている器械のブラシのヘッドをよく見て欲しい。丸型である。

ジーニアス9000は、これと同じ丸型のヘッドになっている。そして、ブラウン独自技術の3D回転テクノロジーによって、ヘッドの毛先に上下方向の高速運動をさせて、歯の汚れを叩き出すように浮かび上がらせ、左右への反転運動でかき出すようになっている。

歯科医院で使っているような丸型ブラシと、ブラウン独自のヘッドの3D回転テクノロジーで歯ぐきの汚れまで歯を1本1本ていねいに磨けるようになっているのだ。

付属ブラシ

『やわらか極細毛ブラシ』と『マルチアクションブラシ』の2種類ついている。

『やわらか極細毛ブラシ』は、通常の歯ブラシの毛よりも2倍軟らかいだけでなく、その細さは髪の毛よりも細い直径0.01[mm]である。

『マルチアクションブラシ』は、毛先が16°傾いており、歯と歯ぐきの辺りを優しく包み込むようになっている。

作動モード

ジーニアス9000は、『クリーン』『プロクリーン』『やわらかクリーン』『ホワイトニング』『歯ぐきケア』『舌クリーン』の6通りの動き方ができるようになっている。

安全装置

『押しつけ防止センサー』がついているので、強く押し付けすぎた時には自動的に動きが止まり、歯を守ってくれるぞ。

バッテリー

リチウムイオンバッテリー

バッテリーの性能

フル充電にかかる時間は12時間ほど。

1回のフル充電で、12日ほど使い続けることが可能である。

⑩フィリップス ソニッケアーキッズ HX6321/03

フィリップス 充電式電動歯ブラシ ソニッケアーキッズ HX6321/03

フィリップスが発売している子ども向けの電動歯ブラシである。

ミニサイズキッズブラシを加えた希望販売価格は8,980円である。

子供の小さめのお口に合うようにヘッドの形やサイズが考えられている。

ダラダラ歯みがきを防ぐために、『キッズタイマー機能』がついており、2分間で終了するように知らせてくれる。

子供の小さな手でも握りやすいようなハンドルにデザインされている。

スイッチも押しやすいように大きめになっている。

8種類のハンドルステッカーやボーナスステッカーで、自分専用にカスタマイズできるようになっている。

ヘッド

『ミニサイズ』『レギュラーサイズ』の2種類が対応しており、同梱されているのは『ミニサイズ』のブラシとなっている。

作動モード

ソニッケアーキッズには、そのほかの電動歯ブラシにはないモードが備わっている。

『やさしいモード』:ひとりで歯みがきができる子供向けの作動モードだ。

『さらにやさしいモード』:振動を嫌がる子供向けに、振動を抑えた作動モードである。

バッテリー

リチウムイオンバッテリー

バッテリーの性能

フル充電にかかる時間は24時間。

1日2回、2分間のブラッシングで2週間の連続使用が可能である。

アプリとの連携機能

あり

子供向けに歯磨きのポイントから磨き方などをわかりやすく示してくれるぞ。

国内で流通している電動歯ブラシのメーカーは、パナソニック・フィリップス・ブラウンの3強がシェアのほとんどを占めている。

これら3メーカーの製品の特徴にはどのような違いがあるのだろうか。

パナソニック

①ヘッドが小さい

パナソニックは日本の家電メーカーというだけあって、日本人の歯に合うようにヘッドが小さめとなっているのが特徴である。

実は、日本人のお口の大きさは、欧米人のそれと比べると小さめなのだ。したがって、フィリップスやブラウンといった欧米メーカーより小型のヘッドにしてあるのだ。

②バス法・スクラビング法の再現ができる唯一の電動歯ブラシ

バス法・スクラビング法とは、歯科医師が勧めている歯みがきの方法のことである。

実はパナソニックの電動歯ブラシは、これらの歯みがき法を再現できる唯一の電動歯ブラシなのだ。

③携帯用モデルがある

外出時にも使いやすい携帯用のコンパクトモデル、ポケットドルツがラインナップされている。

コンパクトモデルをラインナップしているのは、現状ではパナソニックだけだ。

また、子供用のモデルもあるのもパナソニックの特徴である。

④リニアモーターの性能が優れている

パナソニックの電動歯ブラシには、直線運動で動くリニアモーターが採用されている。

このリニアモーターでヘッドを動かす振動式の電動歯ブラシとなっている。

パナソニックのリニアモーターは小型ながら高性能なのが特徴だ。これで、音波水流を発生させ、パワフルに歯の汚れや歯垢を除去することができるようになっている。

⑤矯正歯科治療中でも簡単に磨ける

矯正歯科治療をしていると、歯にワイヤーやブラケットなどの矯正治療器具が装着されるので、歯みがきがとても難しくなる。

ところが、パナソニックの電動歯ブラシなら、矯正治療器具がついていても、歯と歯の間から矯正器具の周囲まで、簡単に歯みがきができるのだ。

⑥充電時間

上位モデルではフル充電に要する時間が1時間である。これらは、2分間のクイックチャージにも対応している。

充電時間にかかわりなく、フル充電すれば多くのモデルで22日間の使用が可能となっている。

フィリップス

①音波水流

音波水流で歯の表面についた歯垢をしっかりと落とすのだ。

②歯ぐきを健康にする

歯ぐきの上の歯垢を優しく取り除くことで、健康な歯ぐきにするぞ。

③替えブラシの種類が多い

フィリップスの電動歯ブラシには、なんと8種類もの替えブラシがラインナップされている。

それは、フィリップスの『ブラシのテーラーメイド』というコンセプトが反映されているからだ。

お口の中の状況は人ぞれぞれみんな異なるので、お口の状況に合わせて歯科医師や歯科衛生士が最適な替えブラシを提案できるようにしているのだ。

なので、ソニッケアーにはブラシが同梱されていない。これは他の電動歯ブラシにはみられない特徴だ。

④出張体感デモをしている

フィリップスでは、現在ソニッケアーの出張体感デモをしている。

これは、電動歯ブラシの使い方や用途などを専門家が説明する企画だ。

多くの電動歯ブラシメーカーではこうした出張サービスは、歯科医院のみを対象としているものなのだが、フィリップスでは歯科医院のみならず、介護施設や企業内のお口のケアセミナーも対象としている点に特徴がある。

料金はもちろん無料だ。

⑤安心の保証制度

フィリップスの電動歯ブラシは、2年間の保証(ハンドルと充電器のみが適応)や30日間の返金保証がついているので、初めて購入する人でも安心して使えるように考えられている。

ブラウン

①回転式電動歯ブラシ

ブラウンの電動歯ブラシは回転運動で歯の汚れを取り除くのが特徴だ。

そのために、ヘッドの形状は歯科医院で使われる器械のように丸くなっている。

②押しつけ防止センサー

歯に強く押し付けた時に、作動が自動的に停止する押しつけ防止センサーがついている。

歯や歯ぐきを傷つける心配がないのも、ブラウンの電動歯ブラシの特徴だ。

③子供用がある

ポケットモンスターがデザインされているかわいい子供用の電動歯ブラシがラインナップされているぞ。

④ヘッドが小さい

ブラウンの電動歯ブラシのヘッドは、小型なので小さな奥地でも比較的使いやすいのだ。

⑤スマホと同時充電が可能

上位モデルの電動歯ブラシには、スマホと同時に充電できる携帯ケースがついている。

電動歯ブラシの選び方と種類

振動式と回転式歯ブラシ

電動歯ブラシのヘッドの動き方には、振動式と回転式の2種類あるのはご存知だろうか。

振動式

パナソニックとフィリップスの電動歯ブラシに採用されているのが、この振動式だ。

振動式の電動歯ブラシは、リニアモーターを使っており、N極とS極を500回/秒以上の速さで切り替えることで、音波振動を発生させる。

この音波振動によってきめ細かい水流を生み出し、この水流が歯の表面の汚れや歯垢を洗い流すようになっている。

回転式

ブラウン社製の電動歯ブラシに採用されているのが、この回転式電動歯ブラシだ。

最も初期に発売されたタイプが、この回転式となる。

歯の汚れの除去力は優れているが、高速回転するので歯みがき剤が飛び散りやすいのがデメリットだ。

また、歯と歯ぐきの縁の汚れを取るのは振動式の方が良いだろう。

本体サイズ

電動歯ブラシは、モーターとバッテリーを内蔵しているので、どうしても普通の歯ブラシよりも本体サイズが大きくなってしまう。最近ではコンパクトな製品も開発されているが、それでも普通の歯ブラシよりは大きいものだ。

つまり、普通の歯ブラシのようなイメージで持つと、かなり大きいわけだ。

そのため、実際に持ってみて握りやすいかどうかなど、本体サイズを確認したほうがいいだろう。

電源|充電式と電池式

電動歯ブラシは基本的にコードレスなので、その電源は、充電式か乾電池式の2種類となる。

充電式

多くの電動歯ブラシは充電式となっている。

パナソニックやフィリップスの振動式バッテリーには高性能なリチウムイオンバッテリーが採用されている。

ブラウンの回転式電動歯ブラシには、上位モデルはリチウムイオンバッテリーが採用されているが、低価格モデルではコストを重視し、ニッケルカドミウムバッテリーとなっている。

乾電池式と異なり、寿命がきたからといって交換する必要がなく、使うたびに充電器に戻して再充電するだけなので、非常に使い勝手が良い。

乾電池式

充電式の電動歯ブラシは日常の使い勝手はとてもいいのだが、一つ問題がある。それは、外出時、特に宿泊を伴うような旅行の時に使おうと思うと、充電器を一緒に持っていかなければならないという点だ。

そんな時には、電池が消耗したとしても、現地で新しい電池を購入して交換しやすい乾電池式の電動歯ブラシに軍配が上がる。

購入コストで比較してみると、充電式より乾電池式の方が安い。その一方、ランニングコストでは電池を定期的に買い換えなければならない乾電池式は非常に不利となる。

つまり、充電式か乾電池式かは、使い方やコストなどを見て選ぶといいだろう。

替えブラシの種類

電動歯ブラシに欠かせない替えブラシを紹介しよう。

パナソニック

・密集極細毛ブラシ EW0914-K

歯と歯ぐきの隙間である歯周ポケットに入り込んだ歯周病菌を取り除く効果の高い替えブラシだ。

・マルチフィットブラシ EW0915-K, -W

歯の表面や噛み合わせの面にあった替えブラシだ。

・ステインオフブラシ EW0938-W

菱形の毛の替えブラシでステインを取り除くように作られた替えブラシだ。

・ステインオフアタッチメント EW0944-W

歯の表面についた気になるステイン汚れを取り除くのに適した替えブラシだ。

・シリコンブラシ EW0932-W

歯ぐきを心地よく刺激する歯ぐきケア効果の高い替えブラシだ。

・オーバルブラシ EW0934-P

歯ぐきと頬の間のケアに適した替えブラシだ。

・ポイント磨きブラシ EW0940-W

奥歯の奥の部分や、歯並びがデコボコしているところも磨きやすい円錐形のブラシだ。

・舌クリーニングブラシ EW0941-W

舌の表面の汚れを取り除くのに適したブラシだ。

・歯間クリアブラシ EW0943-W

歯と歯の間に入りやすい毛先になっているぞ。

・やわらか歯間®ブラシ EW0945-W

ゴムでできた歯間ブラシだ。柔らかいゴムが、歯と歯の間に入り込み、きれいにケアするのだ。

・こども用ソフトブラシ EW0942-W

子どもの歯みがきに適したやわらかさの替えブラシだ。

・音波振動ハブラシドルツEW-DM51用スリムネックブラシ EW0970-W

音波振動ハブラシドルツ専用の替えブラシだ。

フィリップス

・プレミアムクリーン

歯の表面にぴったりとフィットするヘッドで、最大でなんと10倍もの歯の汚れを取り除くのだ。

・プレミアムガムケア

歯ぐきのケアを考えて作られたヘッドだ。なんとわずか2週間で歯ぐきを健康にしてくれるぞ。

・プレミアムホワイト

歯の表面についたステインの除去効果に秀でたブラシヘッドだ。

・インターケアー

山切りカットで歯と歯の間の汚れを取り除くブラシヘッドだ。

・ガムプラス

歯ぐきケアのスタンダードブラシだ。

・ホワイトプラス

ステイン除去に適したブラシである。

・センシティブ

歯ぐきに優しいやわらかブラシである。

・舌磨きブラシ

舌の表面についた汚れを取り除くのに特化したブラシである。

ブラウン

・マルチアクションブラシ

歯ぐきのキワの部分の歯みがき能力が高い替えブラシだ。

16°に傾けてつけたるブラシの毛先が、歯ぐきのキワをきれいに磨いてくれるのだ。

・やわらか極細毛ブラシ

毛先が0.01[mm]と極めて細くなっており、歯ぐきの縁までフィットして優しく歯の汚れをきれいに取り除くのだ。

・ベーシックブラシ

文字通りブラウンの標準となる替えブラシだ。

・歯冠ワイパー付ブラシ

伸び縮みしやすいソフロラバーで出来た黄色い歯冠ワイパーが、歯と歯の間まで入り込んで、きれいに汚れを取り除いてくれるのだ。

・ホワイトニングブラシ

着色汚れを取り除くのに適したブラシだ。黄ばみや黒ずみを歯の表面から取り除き、白い歯にしてくれるぞ。

・ベーシックブラシ やわらかめ

歯と歯ぐきを刺激しないやわらかめな替えブラシだ。

・歯間用ブラシ

歯と歯の間に最適化された替えブラシだ。

・スイングブラシ

手で磨いているような感覚の替えブラシだ。3種類付いているブラシが、異なる動きを示すことで、歯と歯の間や歯ぐきの隙間の汚れをきれいに取り除くのだ。

交換の目安や大まかな料金も紹介

電動歯ブラシのランニングコストとして、最も高いのが替えブラシの費用である。

なので、替えブラシの費用も、電動歯ブラシの購入時には確認しておきたい要素の一つと言える。

交換のタイミングは、使い方によって異なるのだが、メーカーはおおむね3か月おきの交換を推奨していることが多い。

パナソニックやブラウンの替えブラシは、1セットあたり数百円だ。一方、フィリップスの替えブラシは、もう少し高くなり、1セットあたり1000円強になっている。

磨けるモードの種類

パナソニック・フィリップス・ブラウンの電動歯ブラシの作動モードについて紹介しよう。

ただし、これらが全てついているわけでなく、電動歯ブラシのモデルによってついている機能に違いがあることは忘れないでほしい。

パナソニック

・Wクリーンモード:ヨコ磨きとタタキ磨きを組み合わせたモードだ。EW-DP52にのみ備わっている。

・Wガムケアモード:ガムケアモードにタタキ振動をプラスしたモードである。

・ノーマルモード:通常の歯みがきに適したモードだ。

・ソフトモード:歯や歯ぐきに優しく歯を磨くので、初めての人はこれが適しているだろう。

・ガムケアモード:歯ぐきを健康な状態に保つのに最適のモードである。

・ステインオフモード:歯の着色汚れを取り除きたいときに適したモードだ。

フィリップス

・クリーンモード:2分間の歯みがきモードである。

・ディープクリーンモード:3分間に渡り、よりパワフルに磨くモードだ。

・ホワイトモード:2分間のクリーンモードと30秒間のポリッシュモードを組み合わせたモードだ。

・ポリッシュモード:1分間の低周波での優しく磨くモードだ。

・ガムケアモード:2分間のクリーンモードと1分間のマッサージを組み合わせたモードだ。

・ガムヘルスモード:2分間のクリーンモードと1分20秒間のマッサージを組み合わせたモードだ。

・センシティブモード:2分間の低周波での優しく磨くモードだ。

・舌磨きモード:舌磨きブラシを使って20秒間舌をきれいにするモードだ。

ブラウン

・クリーン:通常の歯みがきに適したモードだ。

・しっかりクリーン:徹底的に歯の汚れを取り除きたい人におすすめのモードだ。

・やわらかクリーン:初めて電動歯ブラシを使う人に適したモードだ。

・ホワイトニング:着色汚れを取り除きやすいモードだ。

・マッサージ:歯茎ケアに適したモードだ。

・舌クリーニング:舌の表面についた汚れを取り除くのに適したモードだ。

どこで使用するか

電動歯ブラシをどこで使いたいかも、選ぶためのポイントである。

自宅

基本となるのが自宅での使用例だ。

実際、電動歯ブラシのメーカーが、フル充電での使用時間を計算するのに、1日2回の使用をベースとしているのは、日中留守にすることが多いことから、朝食後と夕食後で使うとみているからだ。

自宅で使う場合は、充電器を持ち運ぶ必要がない。

ランニングコストの点からも充電池で動く電動歯ブラシがおすすめだ。

職場

職場で使うとすれば、昼食後だろうが、さすがに職場に充電器を置いておくわけにはいかない。

自宅で充電した電動歯ブラシを持っていくという方法もあるが、使い勝手を考えると乾電池タイプの軽量小型モデルの電動歯ブラシを持っていくほうがいいだろう。

スマホと連動機能

IoTという言葉をお聞きになったことあると思う。Internet of Thingsの略で、家電などいろいろな装置をインターネットに接続することである。

このIoTの波は、電動歯ブラシにも及んでおり、Bluetoothでスマートフォンに接続する機能が備わった電動歯ブラシも作られているのだ。

スマートフォンにつながった電動歯ブラシは、専用のアプリケーションで歯の磨き具合やみがき残したところ、毎日の歯みがき状態などをチェックできるようになっているのだ。

電動歯ブラシの磨き方と効果

電動歯ブラシと普通の歯ブラシは、歯磨きの方法が異なることはご存知だろうか。

もし、普通の歯ブラシのように電動歯ブラシでゴシゴシと磨いているのなら、残念ながらそれは間違った方法だ。

動かさない

電動歯ブラシは、ヘッドが動くので手磨きのようにゴシゴシ磨いてはならない。

1カ所につき2〜3秒間ほど手を動かさず当てたままにして、電動歯ブラシに歯を磨いてもらうようなイメージで磨こう。

向き

歯の噛み合わせの面には90°、つまり直角になるように電動歯ブラシのヘッドを当てよう。

歯と歯ぐきの間は、少し倒して45°くらいの角度が歯ぐきの隙間にまで毛先が入りやすいので、適している。

電動歯ブラシの向きは、これを参考にして歯に当てて欲しい。

歯みがき剤

電動歯ブラシは、普通の歯ブラシ以上にしっかりと歯の汚れを取り除けるので、基本的に歯磨き剤はなくても大丈夫とされている。

だが、近年むし歯予防のフッ素濃度が高められた歯みがき剤や、知覚過敏に効果のある歯みがき剤など、薬効成分の優れた製品が発売されている。

研磨剤が多く配合されている歯みがき剤を電動歯ブラシで使うと、歯がすり減ってしまう恐れがあるのでおすすめできないが、フッ素や知覚過敏に効果のある薬剤を配合しているような歯みがき剤を使うとより効果的だろう。

電動歯ブラシの口コミと評価

電動歯ブラシを使った人たちの評価を、紹介したいと思う。

みなさん、高評価となっていることがわかってもらえることだろう。

口コミ

Hatoyaさん
「人生初の電動歯ブラシを使ってみたら・・・力を入れずに歯を磨いのに、歯はツルツルだし、歯と歯の隙間もきれいに磨けてる!」

Hatoyaさんは、フィリップスの電動歯ブラシらしいが、とても優れていると評価をしている様子がわかるコメントだな。

口コミ

歩さん
「電動歯ブラシ買って驚いた。今までの歯医者さんで掃除してもらった時だけ感じられた感覚 電動歯ブラシを買って使ってみたからこそわかる気持ちよさ」

歩さんも電動歯ブラシでかなりすっきりと磨けたようで、電動歯ブラシの性能に大満足のご様子が伺えるコメントだ。

口コミ

砂漠さん
「タバコヤニが気になり 電動歯ブラシでガーッと歯の手入れをしていますが、すっきりして気持ち良い〜」

砂漠さんは、タバコを吸う人のようだ。電動歯ブラシを使って歯のタバコのヤニとりをしているようだが、磨いた後の気持ち良さに大満足のようだ。

口コミ

よしちゃんさん
「ビックリるほど歯の黒い部分の汚れが落ちて消えた。 歯の表面も舌でなぞるとツルツルになっている これはすごい!」

よしちゃんさんは、電動歯ブラシを使って歯の表面まできれいに磨けたようだな。ツルツル感に大満足していることがわかるコメントだ。

店頭でよく聞かれる質問・疑問

電動歯ブラシに関わる疑問や質問にお答えしよう。

歯石や歯垢はとれるの?

歯垢の除去効果は、手磨きの歯ブラシと比べると、電動歯ブラシの方が圧倒的に優れている。

だが、残念ながら歯石は除去することはできない。

現状では歯石を除去できるのは、歯科医院で使われているスケーラーという専用の器具のみとなっている。

電動歯ブラシでホワイトニングの効果はあるの?

ホワイトニングとは、専用の薬剤を使うことで、歯を削ることなく歯を漂白して白くすることである。

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと自宅で行うホームホワイトニングがあるが、使用する薬剤の種類が異なる点を除き、薬剤を使って歯を白くするという点では違いがない。

つまり、電動歯ブラシで歯をいかにきれいに磨こうと薬剤を使うわけではないので、ホワイトニングはできないわけだ。

電動歯ブラシで着色汚れはとれるの?

着色汚れとは、コーヒーや紅茶、緑茶などの色素の濃い飲食物やタバコのヤニなどによって、歯の表面にこびりついた汚れのことだ。

日常生活を送る上で、歯に着色汚れが付着することは避けられないのだが、どうして見た目に悪影響を及ぼしてします。

一般的には歯科医院で歯のクリーニングを受けて、着色汚れを取り除くものなのだが、電動歯ブラシなら専用のヘッドと作動モードの組み合わせで、自宅で除去し、歯を磨き上げることも可能になっている。

電動歯ブラシの替えブラシは安いの?コスパは?

電動歯ブラシを使いたい人々の間で特に気になるのが、替えブラシのコストであろう。

普通の歯ブラシが1ヶ月おきの交換、電動歯ブラシの替えブラシが3ヶ月おきの交換ということを考えると、普通の歯ブラシの3倍以内の価格に収まっていてほしいところだ。

モデルにもよると思われるが、安い歯ブラシでも100〜200円ほどすることを考えると、替えブラシのコストは、良くて歯ブラシと同じ程度、もしくは高くつくと思われ、単純にコスパを考えると、電動歯ブラシの本体代がかかっていることから普通の歯ブラシには劣る。

だが、きれいに歯を磨けないことによって、むし歯や歯周病になり歯科医院に受診するコストを考えると、短時間で普通の歯ブラシ以上にきれいに歯を磨ける電動歯ブラシには、単純に比較できない価値があると言えるのではないだろうか。

まとめ

手磨きではできないことができてしまうのが電動歯ブラシ。虫歯や歯周病を予防するならあったほうが絶対にいい。

自宅でも職場、学校でも使用ができ旅行時でも使用ができるのでおすすめ。

私はブラウンを使用しているが、本当に毎日、歯がツルツルになるでの気持ちがいい。たまにホワイトニング用の歯磨き粉を使用したりと楽しんでいる。

まだ使ったことがない人はこの記事を読んで1台いかがだろうか。

関連コンテンツ

最新情報をチェックしよう!