ビデオカメラ

【超便利】ビデオカメラで必要になるアクセサリーキットと選び方

投稿日:2017-05-18 更新日:

ビデオカメラを購入すると必ずアクセサリーを買う必要がありますよね。本体だけ持ち歩いて落としたり、何かに接触してしまうと故障の可能性も。

撮影中に容量が足りなくなってプラスでSDカードも必要になる、バッテリーが付属のだけでは足りなくなってしますなど毎年必ず出る話題になります。

必ずと言っていいほどアクセサリーはバカにできません。付属のバッテリーや内臓メモリーだけではまず足りなくなるのです。ケースはまず付属していないので必ず購入する必要があります。

カメラを購入して1万から2万はアクセサリーを購入する費用も考慮した方がいいです。純正じゃなければもう少し安く済みます。

今回はパナソニックとソニーのビデオカメラに対応するアクセサリーを紹介していきます。

ビデオカメラに必要なアクセサリー

ビデオカメラを購入をしてカメラ以外に何が必要になるか。この辺をお話していきます。

予備バッテリー

カメラの撮影は同梱のバッテリーだけでは足りなくなることが多いです。カタログに記載されている時間よりまず短いですから。車の燃費みたいに誤魔化したりしてないといいですが。

バッテリーはパナソニックもソニーも複数のサイズでの物があります。実際売れているのは真ん中のバッテリーになります。これがカバーやケースと別に持ち運ぶのはどうでしょうか?面倒だし紛失することもあります。せっかくなら1度に持ち運びたいものです。

パナソニック

サイズ 幅31.1高さ40.8奥行き43.4mm

質量 約84g

対象機種 HC-WXF990M/HC-WX990M/HC-VX980M/HC-W580M/HC-V480M/HC-V360M

充電時間は充電器の約7時間10分、本体で充電をする場合は約3時間45分になります。同梱されているバッテリーは約1時間程しか撮影できません。旅行、観光、行事などのイベント時に使用する場合はまず足りなくなる可能性が高いです。

またカタログなどには撮影時間は約1時間と記載がありますが使用の仕方によって更に短くなるのであって損をすることはないです。

サイズ 幅31.1高さ23.2奥行き43.4mm

質量 約45g

対象機種 HC-WXF990M/HC-WX990M/HC-VX980M/HC-W580M/HC-V480M/HC-V360M

実撮影時間VW-VBT380VW-VBT190
HC-WXF990M約1時間25分約40分
HC-WX990M約1時間25分約40分
HC-VX980M約1時間50分約50分
HC-W580M約2時間5分約1時間
HC-V480M約2時間約1時間
HC-V360M約2時間 約1時間

機種別にバッテリーの実撮影時間を載せておきます。あくまで目安です。使用方法によって短くなるので余裕のもった容量の方がおすすめになります。

ソニー

サイズ 約 幅31.8×高さ55.5×奥行45.1mm

質量 約145g

対象機種 FDR-AX100/FDR-AX55/FDR-AX40/HDR-PJ675/HDR-CX675/HDR-CX485/

ソニーのバッテリーはパナソニックより実撮影時間が長いのでサイズも少し大きくなってしまいます。ただ何本もバッテリーを購入する必要がないので長時間撮影を予備のバッテリー1本で済ませたいならこの商品がおすすめ。

基本的に予備のバッテリーは睡眠時に充電をしておけば朝起きて外出するまでにはだいたい終了します。

サイズ 約 幅31.8×高さ41.5×奥行45.1mm

質量 約89g

対象機種 FDR-AX100/FDR-AX55/FDR-AX40/HDR-PJ675/HDR-CX675/HDR-CX485/

実撮影時間NP-FV100ANP-FV70A
FDR-AX100約2時間15分約1時間5分
FDR-AX55約2時間30分約1時間15分
FDR-AX40約2時間30分約1時間15分
HDR-PJ675約5時間10分約2時間35分
HDR-CX675約5時間10分約2時間35分
HDR-CX485約5時間25分 約2時間40分

重さを重要視するならパナソニック

実撮影時間を重要視するならソニー

本体を購入する前にバッテリー次第でどちらのメーカーにするか迷う方もいるくらいです。参考にしてください。

バッテリーチャージャー

自宅で充電をするなら本体と繋いで充電で問題ありませんが、撮影している間に充電したい場合もあるかと。そんな時に活躍するのが、バッテリーチャージャーになります。

パナソニック

質量 約61g

対応バッテリー VW-VQT380/VW-VBT380/VW-VBT190

海外でも使用可能

ソニー

急速充電タイプ

質量 170g

対応バッテリー NP-FV100A/NP-FV70A   V/H/P/W/Mシリーズのバッテリー

小型・軽量タイプ

質量 61g

対応バッテリー NP-FV100A/NP-FV70A   V/H/Pシリーズのバッテリー

海外でも使用可能

チャージャーは旅行時、自宅に不在の時に充電ができるので大変便利なアイテムになります。パナソニックもソニーも海外使用に対応しているチャージャーがあるので海外旅行でも問題なく充電できます。

バッテリー・チャージャーセット

パナソニックもソニーもバッテリーとチャージャーが一緒になっているお得なセットがあります。更にバッグ、ケースが付属のモデルがあるので助かるアイテムになります。

パナソニック

キャリングケース(単体では非売品)

バッテリー VW-VBT380-K

バッテリーチャージャー VW-BC10-K

ビデオカメラ本体、バッテリー、チャージャーが全て収納ができる便利すぎるアイテムになります。ケースは黒なので汚れも目立たないのも評価高いですね。

ソニー

バッテリー(NP-FV70A)

チャージャー(BC-TRV)

キャリングポーチ

クリーニングクロス

液晶は絶対に撮影する時に指紋などで汚れてしまうのでクロスが付属は嬉しいです。キャリングポーチなので肩にかけるタイプではなく、手で持つタイプなので邪魔になりません。

セットタイプは当然、バラで購入するよりもお買い得になっています。カメラを購入して付属品を一式揃えたい方にはおすすめのアイテムになります。

パナソニックもソニーもお得セットはありますが、バッテリーの1番大きいセットがないのが残念な点です。

バッテリーの次は本体を守ってくれるバッグのご紹介。

バッグ・ケース

純正のケースはやはり高級感や安定感が汎用のバッグや汎用ケースとは違ってきます。どんなケースがあるか紹介していきます。

パナソニック

可愛い、かっこいいポーチ

カラー ネイビーとピンク

対応機種 HC-W580M/HC-V480M/HC-V360M

ビデオカメラはかっこいい、可愛いのにケースはダサいのは気になる方もいるかもしれません。これならおしゃれなケースなので普段から持っていても地味ではないので良いかと。

女性用でピンクもあるので、可愛くなります。HC-W580Mだけは予備バッテリーは収納できないので注意しましょう。

大きめで実用的なケース

サイズ 26 x 23.5 x 9.5 cm

質量 118g

特徴はベルト通しがあること。バッグを持つということがないので移動中でも両手が空きます。ウエストバッグにもなるのがメリットです。サイズも大きめで本体以外にケーブルやバッテリーなどの収納ができます。

持ち手もついているので持ち運びで不便なこともないです。

ソニー

サイズ 幅 155mm×高さ 95mm×奥行き 85mm

質量 約80g

対応機種 HDR-PJ675/HDR-CX675/HDR-CX485

カラー ブラウン・ライトブラウン・ホワイト

とにかくおしゃれなケースをお探しの方はこれです!ロングストラップとケースが付属しているので、使用しない時はケースに入れて方にかけるポーチスタイル、ケースから出してもストラップを首にかけたまま撮影ができるので、落とす心配がありません。

ケースに入れている時は1番大きいバッテリーのNP-FV100Aを本体にセットしている場合は収納できません。NP-FV70Aなら収納可能になっています。

サイズ 約260×190×170mm

質量 約320g

対応機種 全モデル

ソニーの純正ケースは衝撃に強い、雨や砂などをしっかり防止します。収納の方は全ラインナップ収納ができアクセサリーの収納もできます。ハンディカムもサイバーショットでも使用できます。手持ちも肩掛けどちらも対応しています。

サイズ 幅290×高さ170×奥行き140mm

質量 約405g

対応機種 全モデル

大型のモデルになるので大容量。かなりの収納量になっています。カメラ本体、アクセサリーはほぼすべて収納ができます。おしゃれは度外視で実用的なバッグになります。私たちの父親が使用していたビデオカメラのバッグをイメージすると分かりやすいかと。

三脚を購入するのを忘れずに!手ブレを抑えて疲労や負担が減ります。

まとめ

ビデオカメラのバッテリーなどのアクセサリーはほとんどの家電量販店で値引きした価格の表示はされていません。ビデオカメラは必死に安く購入できたのに追加で買うアクセサリーは値引きがなくお得な買い物ができない場合があります。

正直、ビデオカメラは大型家電ではないので価格の安いネットでの購入をおすすめします。アクセサリーも安く購入できますしね。

量販店で購入する場合は、ビデオカメラだけでなくアクセサリーを合わせた価格を他者と比較するのが1番です。ビデオカメラを購入する前にアクセサリーも調べておくと実際に使用して失敗することは少ないはずです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

-ビデオカメラ
-

Copyright© 家電総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.