ドライヤー2019人気のおすすめ機種【徹底比較】メーカー別に解説

最新の人気売れ筋ドライヤーおすすめランキング選び方メーカー比較

ドライヤーは年々、高価格になってきているが高い商品の方と安い商品の売れ筋が半々になっている。やはり毎日、お風呂上がりに使用するものだから長く使用したい。

髪の毛をのケアをしっかりやりたいお客様が増えている。また女性はもちろんだが、ドライヤーコーナーに男性のお客様が多いのだ。男性もヘアケアを意識している人が多いのかなと感じている。

今回は、ドライヤーのおすすめランキング2019と購入する時の選ぶ時のポイント、寿命と捨て方や便利な収納方法を解説していこう。

人気ドライヤーおすすめランキング2019

第5位 コイズミ ドライヤー モンスター KHD-W735

コイズミ KOIZUMI KHD-W735R ヘアードライヤー MONSTER(モンスター)

1万円以下の安い商品だがお店でよく売れているのがこちら。

大風量でマイナスイオンが5つの場所から出てくる。シャープやパナソニックのような優秀なイオンではないが5カ所からでるのは評価が高い機種だ。

1番のポイントはドライヤーでは珍しくファンが2個ついていること。これにより風量が2.0㎥/分とかなりの大風量になっている。

髪の量が多く、お買い得な価格を探している人におすすめのモデルだ。

メーカーコイズミ
温風温度スカルプモード(約60℃)
最大風量1.7m²/分
本体寸法

約270(W)×100(D)×280(H)mm(集風器付)

質量約660g
付属品集風器

第4位 ダイソン ドライヤー HD01

DYSON HD01 ULF V2 IIB アイアン/ブルー Supersonic Ionic [ヘアードライヤー]

高級ドライヤー選抜と言ったら絶対にダイソンは外せない。

今回紹介する商品で1番の大風量モデル。価格はどうしても高いが根強い人気のドライヤーだ。

ダイソンのドライヤーを購入する人の多くはロングヘアの人、毛量が多い人、いろんな髪型をしたい人がよく購入している。

理由は早く乾燥ができるのもあるが付属品がポイント。

パーマやカールをしてる人がカールやウェーブを緩まないように髪を乾かすディヒューザー、広い箇所に温風を送るスムージングノズル、一点集中に風を送るスタイリングコンセントレーターがついている。

とにかく早く乾かしたい、ノーズがないから疲れない、ドライヤーでもおしゃれなのがほしいという方におすすめしたい商品だ。

メーカーダイソン
温風温度高温(温度3)+弱風(風量1)=100℃
高温(温度3)+中風(風量2)=88℃
高温(温度3)+強風(風量3)=78℃
中温(温度2)=62℃
低温(温度1)=45℃
最大風量2.4m²/分
本体寸法

245mm x 78mm x 97mm

質量約697g
付属品ディヒューザー、コンセントレーター、スムージングノズル、ストラップ、マット

第3位  カドークオーラ ドライヤー BD-E1

カドークオーラ トリプルトリートメント ヘアドライヤー ホワイト BD-E1-WH

カドーは以前は加湿器や空気清浄機で一躍有名になったメーカーだが、ドライヤーでも注目を浴びている。

大きな差別化ポイントはドライヤーにあるはずの通風路(ノーズ)がないこと。L型ではなくI型の形状になっている。

ノーズがないぶん、本体が軽量で大風量を実現。毛量が多くて乾かすのに時間がかかる人にはおすすめのモデル。ホームページに商品の紹介がないのが意味が分からない。

機能はとにかく大風量で低温風で髪が痛まない。そして本体に内蔵しているモーターをDCモーターにすることにより他商品よりも約40倍の長寿命を実現している。

消費電力、本体質量、最大風量など他商品を凌駕するモデルでおすすめ。ネットで調べてみると、口コミと評判はいい内容ばかりだった。

メーカーカドークオーラ
温風温度約85℃(室温30℃ 風量「2」設定時)
最大風量2.2m²/分
本体寸法幅 110 × 高さ 250 × 奥行き 60mm
質量約400g
付属品スタイリングノズル 、ストラップ

第2位 シャープ プラズマクラスタードライヤー IB-JX9K

IB-JX9K-B シャープ ヘアードライヤー プラズマクラスター スカルプエステ

パナソニック ナノケアの最大のライバルと言ってもいい商品がこちら。

ナノイーに対してシャープはプラスとマイナスのイオンをだすプラズマクラスターだ。こちらも髪、頭皮、毛先など幅広くカバーをしてくれる。

ネイチャーテクノロジー(動物や昆虫の特性を生かす技術)で大風量を実現している。4つのモードで約95℃、約75℃、約50℃、冷風で温風の管理が可能。

そして最大のポイントはかっさアタッチメントだ。

髪の乾燥をしてから頭皮にかっさをあてながら温風と冷風を交互にだして気持ちのいい感覚になる。

早い話、頭皮マッサージだ。自分で手でマッサージをしてもいいが、これでやると本当に頭皮が柔らかくなる。頭皮は柔らかいのが健康な証だ。私は死ぬほどカチカチで困っている。

メーカーシャープ
温風温度約115℃(ホット/ドライ運転時 室温30℃)
最大風量約1.7m³/分(ターボ運転時)
本体寸法高さ209×幅84×奥行243mm
質量約595g
付属品かっさアタッチメント、セットノズル、スピードノズル

第1位 パナソニック ナノケアドライヤー EH-NA9A

EH-CNA9A-RP パナソニック ヘアードライヤー(ルージュピンク) Panasonic ナノケア EH-NA9A

だんとつで売れているのがやはりパナソニックのナノケア。

どこの家電量販店でも目立つ場所に展示しているのもあるがほとんどのお客様が価格.comなどのネット通販で口コミや評判を見てから購入する人、身近な人が使用して好評だったから購入している。

私も購入して使用しているが妻からも評判がいい。買って失敗したという人は見たくない。男性、女性どちらにも売れている。

機能はマイナスイオンにプラスしてナノイーで髪の水分量をしっかりキープ、紫外線からのダメージを防止、持ち手の上部にあるボタンを押すだけで5つのモード切り替えが可能。

このモードが髪質にあわせて使用ができるのが本当に便利。どんな髪でも最適なモードを堪能できるのだ。

大風量ではないが即乾ノズルで髪が乾くのがは早い。長時間の乾燥をしないから髪も痛まない。毛先・髪・頭皮・肌とケアができる最強のドライヤーだ。

メーカーパナソニック
温風温度ホット時:125℃、スカルプモード時:60℃
最大風量1.3㎥/分(ターボ時)
本体寸法高さ22.8×幅21.4×奥行9.2cm
質量約575g(セットノズル含まず)
付属品セットノズル

 

関連コンテンツ

関連コンテンツ

ドライヤー2019人気のおすすめ機種【徹底比較】メーカー別に解説
最新情報をチェックしよう!