アイロン、スチーマー

【徹底比較】スチームクリーナーの人気おすすめ機種の使い方と口コミ

投稿日:2017-05-29 更新日:

頑固な汚れを落とす便利な掃除機、それがスチームクリーナー。有名なメーカーだとケルヒャーが代表格になります。

よくテレビショッピングなどの通販でも見ない日はないくらい普及しています。

ケルヒャー以外でもかなりの数のスチームクリーナーが販売されていますが、どの機種が人気でどの機種がおすすめなのか分からないのでネットの口コミや評価で判断する方も多いかと思います。

そこで今回は、スチームクリーナーの紹介になります。スチームクリーナーの基本や使い方、価格差の理由、頑固な汚れが取れる理由など分かりやすくお伝えしていきます。

この記事を読んで、掃除が楽しくなった!掃除が負担にならなくなった!

と感じていただければ嬉しく思います。

スチームクリーナーの基本と使い方

スチームクリーナー 基本

まずはスチームクリーナーで何故汚れが取れるかということ。基本の手順からお話していきます。

1、高温の蒸気(噴出直後は100℃付近)が汚れを溶かす、浮かす。これにより油汚れ、水垢、カビ、焦げなど多くの汚れが除去できる仕組み。

2、圧縮された勢いのある空気が汚れを吹き飛ばす。吹き飛ばすと同時にスチームクリーナーに付属しているモップやブラシで汚れを削ぎ落とす。

ここまでを水だけでやるんで凄いですよね。そしてここからがプラスαになります。

これがスチームクリーナーの汚れを取るメカニズムになります。また、ブラシやパッドで汚れを取っていると同時に洗剤(マジックリン)などを併用することにより更に効果が倍増します。

スチームクリーナーで100%汚れが取れるわけではありませんので覚えておいてください。取れない時は洗剤に助けてもらいます。

スチームクリーナーを比較する時に確認すること

スチームクリーナー 比較

スチームクリーナーを購入するにあたり何を比較すれば良いか分かりずらいと店員の私が感じるので一般の消費者の方はもっと感じるはず。

あまり使う機会がないから分からないのは当然かもしれないのでチェックしておく点を紹介します。

スチームクリーナーの加熱方式の違い

加熱方式により性能や価格に差が生まれます。大きく2種類になります。

ボイラー式

タンクの中に水を入れてすべて沸騰させてから放出させるのがボイラー式になります。

大きな特徴はチャージ(使用可能になるまでの時間)が長いが安定した出力が可能です。水がなくなったらまた沸騰させるため待ち時間が必要です。

パネル式

タンクの中に水を入れて噴出までの間に加熱させて噴出するタイプになるのがパネル式になります。

大きな特徴はチャージ(使用可能になるまでの時間)が短いのがメリットだが出力が不安定になります。水を継ぎ足しをしながら使用ができるので待ち時間は少ないのが人気です。

それぞれメリット、デメリットがありますが使い方にやその人の性格やスタイルで選ぶのでも問題ないです。

パワフルなスチームクリーナーが欲しい方ならボイラー式

手軽に短時間でチャージができ、待つのが嫌ならパネル式

スチームクリーナーで掃除できる場所や箇所

掃除する箇所、場所

機種によって得意、不得意な場所や箇所が存在します。付属のブラシやパッドによっても違うので購入する前に確認が必要になります。

床、シンク、洗面器、タイル、窓、鏡、換気扇、コンロ、コンクリートなど様々な箇所を掃除ができるのがスチームクリーナーになりますが、すべてを網羅できる機種はなかなか難しいのが現状になります。

各メーカーのカタログなど見るとどこの箇所が掃除ができるか記載があるので参考にしましょう。

スチームクリーナーの形状

かなりのメーカーで販売がされているので、様々な形があります。その中で大きく2種類に分類されます。

コンパクトタイプ

コンパクトで付属のブラシやパイプを取り付けて近距離と中距離を同時に処理ができます。パイプをつなげば流行りのダイソンのスティッククリーナーみたいになります。

キッチンで言うと、コンロやシンクなど近くの場所から高さのある換気扇やダクトなど少し離れた掃除ができる点がメリットになります。

ラージタイプ

身体を曲げないでフローリングなどの床の掃除ができます。最近ではホースの収縮するタイプ、本体を着脱可能できコンパクトタイプにもなる商品もあります。基本的には本体が長いので床や地面の掃除が強いです。

主にこの2種類のタイプになってますが主に売れているのはコンパクトタイプになります。やはり近距離と中距離がどちらも掃除ができるという点が人気になります。

今回はコンパクトタイプを多めに紹介していきます。

アイリスオーヤマ STP-102

加熱方式:パネル型
タイプ:近距離、中距離、遠距離
サイズ:130mm×240mm×310mm
本体質量:約1.6kg
使用水量:300ml
電源コード:約4m

約40秒でスタートするのですぐに使用が可能。コンパクトにもスティックにもなり、更にぐにゃぐにゃ曲がるホースも付属しているので3wayとしていけます。車などの狭い空間でも使いやすいです。

STP-102 付属品

STP-102の魅力はとにかく付属品の量が豊富。室内、屋外と数多くの箇所を掃除ができるのは評価が高いですよね。

また、口コミでは価格が安い、多彩な場所で掃除ができたというのが多いです。

ケルヒャー スチームクリーナー SC1 プレミアム

加熱方式:ボイラー型
タイプ:近距離、中距離、遠距離
サイズ:127mm×321mm×186mm
本体質量:約1.6kg
使用水量:200ml
電源コード:約4m

一度は聞いたことがあるメーカーランキング1位のケルヒャーになります。ボイラー型なので立ち上がりはパネル型よりは少し遅いが効果はしっかり出ます。

実際に使用して目で見て分かるくらいの大量のスチームが出ました。

使用時間は6分ですがパワフルなので汚れはしっかり除去できます。頑固な汚れは洗剤をプラスすればほとんど取れます。コンパクトタイプの中では特に高温のスチームが出るのでおすすめです。

ダイレクトテレショップ H2OスチームFX

加熱方式:パネル型
タイプ:中距離、遠距離
サイズ:240mm×205mm×230mm
本体質量:約0.98kg
使用水量:225ml
電源コード:約3m

テレビショッピングでは話題になった機種です。軽量なので移動が楽ですが、温度があまり安定しない、電源コードが短い、あまり汚れが取れないという口コミが多いのが現状です。

この機種はあまり微妙かもしれませんので参考にしておいてください。

アイリスオーヤマ スチームクリーナー STM-304

加熱方式:ボイラー型
タイプ:近距離、中距離
サイズ:130mm×310mm×240mm
本体質量:約2kg
使用水量:300ml
電源コード:約3m

Amazonベストセラー1位の機種になります。口コミもかなり高評価なことなかり記載されています。さすが宮城を代表するブランド、アイリスオーヤマ様。

ボイラー式の中では連続使用時間が12分と長いのでたくさんの箇所の掃除が可能に。軽量で移動が楽ですしホースは約1.2mあるのである程度高さのある場所もいけます。

カーテン、カーペット、ソファなどの布製(ファブリック生地)もスチームで除菌、シミ取り、臭い取り、洋服のシワ伸ばしなど多彩な使い方ができるのでこれは評価が高くて当然な機種かもしれません。

STM-304 付属品

こちらも付属品が豊富。別でアクセサリーを購入する必要がありません。ちなみにアイリスオーヤマは専用のネットショップがあるので簡単に部品やアクセサリーが購入できるのも便利なメーカーさんです。

ブラックアンドデッカー HSC1210

加熱方式:パネル型
タイプ:近距離、中距離
サイズ:115mm×145mm×285mm
本体質量:約1.7kg
使用水量:350ml
電源コード:約6m

電源コードが約6mと今回紹介する機種で最長です。この商品を紹介したかった理由が1つあります。

面白いブラシが付属しているのですが、バーベキューグリルや鉄板用のBBQ用ブラシがあります。確かにBBQのグリルや鉄板の汚れも頑固なのでこれはアウトドア好きな型にはおすすめの機種になります。

HSC1210 付属品

ハンディ用延長ノズル、ジェットノズル、小ブラシ(黄色・緑・青)各色1、デルタヘッド、デルタパッド、先細ブラシ、バーベキューブラシ、給水カップ、アクセサリーバッグになります。

水タンクは容量が350mlと多いので給水回数は他の機種よりも少なく済みます。またパネル式ですが、温度変化が少なく安定感のある機種です。ケルヒャーと同様、スチームは他の機種よりも高温になってました。

ケルヒャー スチームクリーナー SC2

加熱方式:ボイラー型
タイプ:中距離、遠距離
サイズ:254mm×380mm×260mm
本体質量:約2.9kg
使用水量:1000ml
電源コード:約4m

ラージタイプは水量が多いのが便利なところ。コンパクトと違い移動は重さが少しあるので気になるが継続して使用ができるので掃除のスピードはかなり早くなります。

今回紹介する機種で高温蒸気の安定感はNO.1です。温度計で測ったところ一定の温度を保てるのが驚きでした。コンパクトタイプよりもパワーがあります。噴出の勢いが凄いので頑固な汚れもまず除去できます。

SC2 付属品

こちらも付属品は潤っているので安心。細かい話になると付属の赤と黒のブラシはヘタリが少なかったです。

使用しないアクセサリーはバッグに入れて収納ができるの便利です。

ブラックアンドデッカー SteaMitt スチーミット

サイズ:高さ16×幅26×奥行12cm
電源:AC100V 50/60Hz
消費電力:1000W
保証期間:1年
付属品:ミット/ホース/マイクロファイバーパッド2枚
原産国:中国
給水タンク容量:100ml

今まで紹介したスチームクリーナーはちょっと違います。

ミットを装着してスチームが出るので曲がった部分(蛇口や椅子)に効果的に掃除をすることができます。

コンパクトでとにかく軽い。1.66kgという圧倒的な軽さなので他社よりも移動が楽。

汚れって見た目綺麗でも触るとボコボコしている時ってありますよね?ミットなら掃除しながら触ることもできるので間違いなく綺麗になります。

スチームクリーナーのおすすめ人気ランキング

Rakutenで人気のスチームクリーナーのランキングを見る

Amazonで人気のスチームクリーナーのランキングを見る

まとめ

いかがでしたか?気になる商品1つくらいはあったのではないでしょうか?

使用する場所、使用する人、使用方法によって選ぶ機種はそれぞれ変わってきます。口コミだけを過信しすぎると選ぶ選択肢を狭める可能性もありますのでほどほどにしておきましょう。

各メーカーさんのスペックも大事ですが付属品も大事ですので確認しましよう。

本日も最後まで読んでいただきありがとうございます。

-アイロン、スチーマー
-

Copyright© 家電総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.