冷蔵庫

2018人気の冷蔵庫シャープおすすめを他社比較。評判や口コミは?

更新日:

冷蔵庫は本当に各メーカーさんで特徴があり面白い反面、選ぶのがとても難しいところが気になるとこです。

食材を冷やして保存する機械がこんなに違うのはメーカーさんの頑張りのおかげです。今回お伝えするのはシャープの冷蔵庫です。

シャープは今回のモデルチェンジで1番変化したメーカーになり進化や驚きが多かったのが印象です。シャープにしかない機能も豊富になります。

プラズマクラスターだけがシャープの強みではないことを今回の記事で皆さんにお伝えしていければと思います。

シャープ 冷蔵庫のおすすめ機能

シャープの冷蔵庫の大きな特徴をまずはいくつか紹介していきます。シャープにしかない機能なので他社と差別化がしっかりしてます。

シャープ冷蔵庫 便利機能1、プラズマクラスター

プラズマクラスターはシャープの生活家電には多く搭載されてますが冷蔵庫にも搭載されています。

冷蔵室の庫内のニオイの抑制、付着菌を除菌、浮遊菌を除菌などがあります。特にチルド室がプラズムクラスターの恩恵があります。

雑菌の付着を防ぐと同時に食材の鮮度を保ってくれるのです。

ハムでこのくらいの差が出ます。

刺身もここまで差が出るとプラズマクラスターは凄いと感じるはず。肉や魚、ハムやチーズなどの乳製品などが大きく差が出ます。

寿司屋のネタケースと同じ原理で食材を冷やしています。

シャープ冷蔵庫 便利機能2、シャキッと野菜室

雪の下にあるかのように野菜をしっかり冷やします。それにより水分の減少率が少なくなり、野菜の鮮度がしっかり保つことができます。

水分量が維持できれば葉野菜は1週間経過しても色が薄くならず、見た目も十分美味しく見えます。野菜は見た目が特に大事です。

シャープは野菜室の配置が東芝と同じで真ん中(474L以上のモデル)が特徴なのですが東芝と大きく違う点が真ん中でも右半分を野菜室にしています。

横じゃなく縦に収納なんですよね。けど収納量が決して少ないわけではありません。他社と比べて若干少ない程度になります。

ローラーが滑らかになっているので開け閉めが楽チン。手前には2Lのペットボトルが縦に入ります。

野菜室が真ん中というのは実は楽なんです。冷凍室に入れる食材よりも野菜室に入れる食材の方が重いのです。

重いのを下の段から持ち上げるのは女性にとっては疲れますよね?野菜室が真ん中は実は女性の負担を減らします。

気になるとこですが、野菜室が少なくなるということはどこかの容量が多くなるのです。

そう、冷凍室です。

シャープ冷蔵庫 便利機能3、メガフリーザー

冷凍室が1番大きいのがシャープになります。大容量になっているので家族の多い方やまとめ買いをする方、コストコなどの大型スーパーに行く方におすすめ機能になります。

全3段構成になるのですが、1段目が深さ約15cm、2段目が約6cm、3段目が約22cmになっています。大きい食材から小さい食材まで整理が簡単。

メガフリーザーが対応しているのは474L以上のモデルからになっています。やはり大型の冷蔵庫を売りたいから小型に機種には機能が少ないですね。

シャープ冷蔵庫 便利機能4、選べるドア

フレンチドア(観音開き)はどこのメーカーでもありますが、シャープには左右どちらからでも開くドアが存在します。

このどっちもドアはシャープだけしかありません。

一戸建ての方やマンションの方だとフレンチドアで問題ないかと。ですが、賃貸にお住まいの方だとそうはいきません。

右開きドアを購入して、引っ越したら左開きドアじゃないと使えないなんてよくある話です。転勤や引っ越しが多い方はどっちもドアのシャープを購入する方が多いです。

フレンチドアもどっちもドアも表面に触れてドアが開く電動アシストドアが搭載されています。

買い物帰りに両手がふさがっている、調理中にドアに触れない時に便利な機能です。

注意SJ-GXシリーズとSJ-WXシリーズのみが対応しています。

ここまでがシャープの特徴になります。

プラズマクラスター

庫内を清潔に除菌をしてくれる、食材の鮮度を保つ

シャキッと野菜室

水分量を維持をして、野菜室を真ん中に配置し出し入れが楽に

メガフリーザー

野菜はあまり食べないが冷凍をとにかく多いのが欲しい方におすすめ

選べるドア

冷蔵庫の置く場所が問題がある、引っ越しがある方には助かる機能

次からはシャープの冷蔵庫のラインナップを上のグレードから解説していきます。

おすすめ冷蔵庫 シャープ SJ-GX55D SJ-GX50D

スペック容量:551L
カラー:グラデーションレッド、グラデーションブラウン、ピュアホワイト
サイズ:幅685奥行き745高さ1833cm
質量:113kg
スペック容量:502L
カラー:グラデーションレッド、グラデーションブラウン、ピュアホワイト
サイズ:幅685奥行き699高さ1833cm
質量:109kg

GXシリーズのおすすめポイント1

シャープの最上級グレードになるのですべての機能が搭載されている文句なしのモデルになります。GXシリーズはフレンチドアになります。

搭載機能プラズマクラスター

シャキット野菜室

メガフリーザー

COCORO KITCHEN

GXシリーズのみにしか対応していない機能が1つあります。

それがCOCORO KITCHENアプリ対応という機能です。

無線LANを利用して献立の検索や提案などを音声と映像でお届けする近未来な機能です。家族の食べる食材を学習して日々進化します。

絶対に必要でない方もいるはずですので、必要のない方だとワンランク下のグレードのGTシリーズがおすすめ。

GXシリーズのおすすめポイント2

ただ、ほとんどの方がGXシリーズが高くても欲しいという方が多いのです。理由はやはり見た目のデザイン。

同じガラストップでもGTシリーズとは違いGXシリーズはグラデーションカラーを採用しているからです。

グラデーションレッドとグラデーションブラウンは他社にもないのでデザイン重視で購入する方も多いのが事実。機能もしっかりしているので問題ないですけどね。

冷蔵庫って集合住宅でも戸建でも最近の間取りがLDK(リビング、ダイニング、キッチン)が多いのでリビングから冷蔵庫が見える位置に配置していることが多いです。

冷蔵庫も1つのインテリアになっているのでやはりおしゃれも重要視されてきていますね。

GXシリーズのおすすめポイント3

東日本大震災の時はあんなに思い冷蔵庫が倒れるとは正直1ミリも考えたこともありませんでした。

でも地震で倒れて買い替えの人がかなり多かったのです。

シャープは耐震対策として、地震が起きると耐震ロックという機能が働き、ドアが揺れても開かないようになっています。

食材が外に出るととにかく片付けが大変。マジで嫌になりますから。耐震ロックが搭載されているのはシャープだけです。

GXシリーズの便利な収納機能

GXシリーズ、WXシリーズ、GTシリーズにのみしか搭載されていない収納ポイントがあります。

これは他社にもないので大きなアドバンテージになります。

段々スパイスポケット

冷蔵室のドアを開けたらサイドにはマヨネーズなどの調味量を収納する場所がどんな冷蔵庫にも存在しますよね?

シャープだけは出し入れが楽になるようにすべて斜めに配置しているのです。実際に店頭で確認すると他社を凌駕する使い勝手でした。

ユーティリティルーム

チルド室の手前右側に小分けされた調味料などの小物収納が存在します。小物収納があるとないでは全然使いやすさに大きく差が出てきます。

蓋もあるのでニオイの強い食材を収納するのもありですね。

おすすめ冷蔵庫 シャープ SJ-WX55D SJ-WX50D

スペック容量:551L
カラー:グラデーションレッド、ピュアホワイト
サイズ:幅685奥行き745高さ1833cm
質量:114kg
スペック容量:502L
カラー:グラデーションレッド、ピュアホワイト
サイズ:幅685奥行き699高さ1833cm
質量:114kg

WXシリーズとGXシリーズの違いは?

搭載機能

プラズマクラスター

シャキット野菜室

メガフリーザー

どっちもドア

まずは外観の違いから。

グラデションカラーを採用していますがレッドのみ。ホワイトはグラデーションではありません。

もう1つはフレンチドアではなくどっちもドアというところ。左側からも右側からも開くので設置場所に困りません。

引っ越しが多い方、冷蔵庫の配置変更が多い方には助かる機能ですね。

またドアの裏の調味料や牛乳ポケットの部分はフレンチドアよりも広く使用ができます。個人的にはこっちの方が広く使えて便利かなと。

GXシリーズに搭載されてWXシリーズに搭載されていない機能は主に2つ。

耐震ロックとCOCORO KITCHENが搭載されていません。絶対に必要な機能とまでは言いませんが特に気にしない、そしてフレンチドアが好みではないならWXシリーズがおすすめ。

おすすめ冷蔵庫 シャープ SJ-GT50D SJ-GT47D

スペック容量:502L
カラー:メタリックブラウン、ピュアホワイト
サイズ:幅685奥行き699高さ1833cm
質量:102kg
スペック容量:474L
カラー:メタリックブラウン、ピュアホワイト
サイズ:幅685奥行き699高さ1785cm
質量:99kg

シャープの冷蔵庫のラインナップの中では1番の売れ筋機種がこのGTシリーズになります。

GXシリーズとGTシリーズの違いは?

GXはグラデーションカラーを採用してますが、GTシリーズはグラデーションはなしで人気のレッドもなし。ブラウンとホワイトの2色。

こちらも、どっちもドアのWXシリーズ同様、耐震ロックとCOCORO KITCHENが搭載されてません。

そして1番大きな違いは、液晶ディスプレイが搭載されていない点です。

なくても冷蔵庫としてはちゃんと使用ができます。ただ、冷蔵室の強さや製氷の設定が液晶ディスプレイがないと冷蔵室を毎度開けて側面の設定ボタンを押して操作をしなくてはなりません。

開けるたび冷気が逃げてしまう、操作が面倒ということがあります。液晶ディスプレイが欲しいならGXシリーズかWXシリーズになってしまいます。

シャープは今回、本当に機能の棲み分けが上手。上のグレードが欲しくなるようになってます。

細かい話になると電動アシストドアもありません。ドアに触れて自動で開くやつですね。個人的にはドアに触れて1秒後に開く感覚なので自分で開けた方が早い気がします。

おすすめ冷蔵庫 シャープ SJ-GT42C

ポイント容量:415L
カラー:グラデーションレッド、メタリックブラウン、ピュアホワイト
サイズ:幅600奥行き699高さ1820cm
質量:90kg

設置幅が60cmとコンパクトになるので設置場所に難ありの方にはピッタリのサイズ。大人2〜3人用のサイズになります。

SJ-GT42Dにもメガフリーザーを搭載

画像を見るとお判りいただけますが、冷凍室の上の野菜室のドアが存在しません。野菜は冷凍室と合同なのです。

これが最高だと言う人もいれば、これは酷いという意見と2分されますが考え方次第です。

野菜はほとんど食べないけど長期保存する食材が多いという方や、ドアの開け閉めの回数は少しでも減らしたいという考えならおすすめ。

逆に、冷蔵室の開け閉めで野菜の水分量が減少して野菜が傷みやすいのがデメリットになります。

すぐに食べる方なら問題ありません。まとめ買いはあまりおすすめできないモデルになります。

最後に

これから冷蔵庫を購入する方はやはり今後普及することは間違いないガラストップモデルがおすすめ。

長く使用しても痛まないですし、何より高級感が従来のモデルとは全然違います。冷蔵庫もインテリアの1つです。

シャープ以外のメーカーも確認してみてください。

-冷蔵庫
-

Copyright© 自宅総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.