エアコン

圧倒的機能で文句なし!最強の寒冷地エアコン日立RAS-XKシリーズを解説

投稿日:

寒い時期がこれからもしばらく続きそうだ。特に関東、北陸、東北、北海道はきっと寒いはず。

最近は石油ファンヒーターよりも注目されているのが寒冷地仕様エアコン。その中でもCMや雑誌で話題なのが日立の白くまくん。寒冷地仕様の最上級モデルのXKシリーズである。

機能や省エネ性、使い勝手がよかったので時期的にちょうどいいので紹介していこう。

XKシリーズ ラインナップ

まずはみなさんの家庭のサイズにぴったりのサイズの価格を把握してください。それを見て電気代などのコストを考えていただければと。

23畳用 RAS-XK71J2

20畳用 RAS-XK63J2

18畳用 RAS-XK56J2

14畳用 RAS-XK40J2

10畳用 RAS-XK28J2

8畳用 RAS-XK25J

寒冷地仕様エアコンって?

まずは基礎から簡単に解説

そもそも寒冷地エアコンをご存知ない方もいるかもしれないので、まずは寒冷地エアコンとは何かをお伝えしていこう。

寒冷地仕様なので北海道でしっかり活躍するためのエアコンとして販売されていたが最近が東北、関東、北陸地方の方も購入する家庭が増えている。

1番の理由は灯油が不要だから。定期的にガソリンスタンドに行って灯油を買う、灯油の値段が時期により大きく変動するなどの理由が大きい。

でも石油ファンヒーターの方が暖かいのは事実。それもで売れる理由がやはり、灯油を使用したくない、オール電化だから、夏も使用するからエアコン1台で1年を快適に過ごしたいなどであろう。

普通とのエアコンとの違いは?

では寒冷地使用のエアコンと普通のエアコンは何が違うのだろうか?

大きく2点あるのだ。

ポイント 暖房能力が圧倒的に高く氷点下でも稼働する
室外機に凍結防止ヒーターを搭載している

暖房能力が通常のエアコンよりもぐっと上がるのが大きなポイント。

氷点下-15℃でもしっかり稼働するのだ。でもね、-15℃の地域って日本でもなかなかないんだよ。じゃあ寒冷地使用のエアコンていらなくない?と思う人もいるだろう。

でも通常のエアコンって実は外気温が5℃以下になると室外機に霜が付いてしまい、霜取り運転が始まり暖房が出なくなってしまうのだ。

外気温が5℃以下の地域なら日本ならどこでもあり得る話なのだ。それで北海道じゃない所にお住いの方でも購入するのが増えているのだ。

寒冷地使用エアコンが氷点下でもしっかり稼働するのは、もう1つの理由の凍結防止ヒーター搭載が大きい。凍結防止ヒーターが搭載していることにより室外機に霜が付かない、霜取り運転がなくなるのだ。

霜取り運転を体感したことがある人は分かるだろうが、始めると急に室温が下がるのでとても寒く感じる、エアコンじゃ暖房は無理だなと判断してしまうのだ。

それを解消したのが寒冷地使用エアコンなのだ。価格は高くなるが、省エネ性能が上がる(電気代が安くなる)のできっと長く使用できるはず。

石油ファンヒーターや石油ストーブが冬だけだが、寒冷地仕様エアコンなら春夏秋冬と1年を通して利用ができるのでおすすめだ。

日立 寒冷地エアコン XKシリーズの特徴

熱交換器の自動お掃除 凍結洗浄

引用 https://kadenfan.hitachi.co.jp

1番手前にあるエアコンのフィルター自動お掃除はどこのメーカーでも搭載しているが、熱交換器の自動お掃除は日立だけ。

パナソニックのUXシリーズは熱交換器を汚れ防止するためのコーティング、ナノイーXでカビ菌を抑制。三菱のZDシリーズはナノサイズのコーティングとはずせるボディで自分で綺麗に清掃が可能。富士通ゼネラルのXNシリーズもコーティング。

コーティングはどこのメーカーでもあるが洗浄というと日立だけ。熱交換器の洗浄は一般の人ではできない、専門業者に依頼するしかないが凍結洗浄は自動でやってくれるのだ。

熱交換器を凍結させて、一気に溶かし液体にすると同時に汚れも流していくのだ。落ちた汚れは、ドレンホースを通って屋外に排出されるので室内はいっさい汚れない。

ステンレスクリーンシステム

引用 https://kadenfan.hitachi.co.jp

エアコンのフラップ(羽)は一般的にがプラスティック、樹脂が多いが日立だけはステンレスを採用。フラップだけではなく、フィルター、通風路までステンレスなのだ。ちなみに熱交換器はチタンを採用している。

ステンレスだと何がいいか?

汚れがつきにくい、菌を抑制してくれると言う点が大きいかなと。キッチンのシンクがステンレスが多い理由はここなのだ。

他メーカーだと熱交換器と同様にコーティング仕様がほとんどで大きな差別化ができているので私も販売する時は1番やりやすいメーカーである。

くらしカメラ XK

引用 https://kadenfan.hitachi.co.jp

カメラやセンサーは各メーカーの特徴があるが日立の場合はカメラが4つ搭載。

ポイント 画像カメラ
温度カメラ
ものカメラ
お部屋カメラ

画像カメラ

人の数、位置、動き、距離、日差し、足元をしっかり管理してくれるカメラ。

温度カメラ

人の周囲の温度、天井の温度の管理を行うカメラ

ものカメラ

家具の位置や形状を検知、エアコンの気流の通り道をしっかり探して冷房・暖房を出す。

お部屋カメラ

床の種類、窓の位置を検知してくれるカメラ。

気になる口コミ・評価

店頭で購入したお客様の感想

実際に購入したお客様から、使用して1ヶ月後に感想を伺った。参考になれば。

寒冷地エアコンがこんなに暖かいのに驚いた。築年数が20年の我が家でも快適だ。電気代も思ったよりも安くて驚いている。

石油ファンヒーターは不要になったので処分しました。

正直、私さんを半信半疑で購入したが本当に暖かかい!床に座っていても暖かいのは嬉しかった。冷え性が多い家族なので助かる、掃除が面倒だったので助かる、特に設定をしなくても自動で全部やってくれるから助かる。

身内にも勧めておきました!

ネット上の口コミ・評価

楽天市場でXKシリーズの商品情報、口コミ・評価を確認する

amazonでXKシリーズの商品情報、口コミ・評価を確認する

amazonでXKシリーズの商品情報、口コミ・評価を確認する

ツイッター上の口コミ・評価

あったら便利なアクセサリー

無線LAN接続アダプター SP-WL2

空気清浄フィルター

関連記事

寒冷地エアコンのおすすめパナ 日立 三菱 富士通を比較、価格は?
寒冷地エアコンのおすすめパナ 日立 三菱 富士通を比較、価格は?

少しずつですが、注目されることや問い合わせが増えてきた寒冷地用の暖房エアコン。電気代も安く石油ファンヒーターよりも電気代が安く省エネになっています。 従来は北海道や東北、北陸地方の方が購入するのが一般 ...

続きを見る

エアコンのおすすめ3社比較と価格の差の違いと選び方と確認する事
エアコンのおすすめ3社比較と価格の差の違いと選び方と確認する事

僕が家電量販店に勤めていなかったらエアコンってどんな風に選んでいたかな?たまに考えることがあります。 エアコンは他の家電と違い、店頭で試してみることも難しいですし、購入と同時に工事も必要になるので難し ...

続きを見る

寝室、子供部屋におすすめの寒冷地エアコン日立RAS-HK28Hが凄い
寝室、子供部屋におすすめの寒冷地エアコン日立RAS-HK28Hが凄い

マンションでも一戸建てもエアコンというとリビングに設置する機種は毎日いる部屋なので冷房も暖房もしっかりした機種が欲しいはず。 ですが、子供部屋や寝室、納屋などはいかがでしょうか?なかなか選ぶのって難し ...

続きを見る

2月に役立つおすすめ記事

【マジか!】家電を100%価格コム最安値より安く購入する方法 1

家電製品を安く買いたいときに、参考にすることが多いのが価格コムです。価格コムは文字通り、全国にある家電量販店やショッピングモールに並ぶ商品の価格を比較できる大型比較サイトです。 このサイトで最安値に表 ...

【家電販売員が伝授】一人暮らし家電セットのおすすめで新生活を快適に 2

新社会人の皆さん、新生活の準備はできているだろうか?実家から離れての一人暮らし、さぞ不安と期待だらけであろう。 私は家電量販店の店員なので新生活で活躍する家電の紹介と一人暮らしの経験談を語ることしかで ...

3

国内メーカーの4K有機ELテレビが発売して初めてのモデルチェンジ。 各メーカーの機能で大きな特徴や他社との差別化で面白い機能が豊富になっている。価格もグッと下落して手の届くようになっている。 有機EL ...

寒冷地エアコンのおすすめパナ 日立 三菱 富士通を比較、価格は? 4

少しずつですが、注目されることや問い合わせが増えてきた寒冷地用の暖房エアコン。電気代も安く石油ファンヒーターよりも電気代が安く省エネになっています。 従来は北海道や東北、北陸地方の方が購入するのが一般 ...

石油ファンヒーターおすすめ比較気になる処分、電気代、燃費 5

暖房器具、電気暖房のおすすめというとに人気はエアコン、セラミックヒーター、カーボンヒーター、コタツ、電気毛布、カーペットなど様々な商品が存在します。 その中で、今だに絶大な人気と抜群の暖かさが得られる ...

-エアコン
-,

家電を価格コムより
安く買う方法!

最新記事で公開♪
>>見てみる
close-link
■おすすめ記事
家電を価格コムより安く買う方法!
おすすめ情報
close-image
家電を通販一番お得に買う方法をご紹介!
購入を検討されている方は、ぜひ一度ご覧ください!
>> 記事を見る
close-link
おすすめ記事

Copyright© 家電総合案内ブログ , 2019 All Rights Reserved.