理美容家電 自宅

【男女のムダ毛処理おすすめ方法】除毛、脱毛、剃毛どれが正解?

投稿日:2017-07-27 更新日:

男性、女性の皆さま!ムダ毛の処理ってどうしてますか?

夏はとくに気になる問題ですが、1年を通してムダ毛の処理は男性にとって身だしなみやエチケットと言われるくらい大事なことかと。

ただ、ムダ毛の処理って人それぞれなんですよね。毛が濃い人もいれば薄い日人もいるので。共通することは綺麗に見えるようにしたいということなんです。

ムダ毛の処理は最近は中学生のくらいの男の子はやっている時代です。私も中学生の頃は父の髭剃りでやってました。ただ、剃ると濃くなってしまう。

抜いたら、埋もれた毛が増える、皮膚が炎症するなど悩みがつきません。

ムダ毛の処理は正解はありませんが、様々なムダ毛処理は紹介できるのかなと思い今回、記事にしてみたのでぜひご覧ください。

ムダ毛の部位はどこが気になる?

体の上から紹介していきます。

顔周り

ムダ毛処理の気になる場所は?

やはり顔のムダ毛代表はヒゲですよね。

ヒゲの処理は一般的にはカミソリかシェーバーがメインではないかなと思います。

お腹周り

腹回り

胸毛や乳首の周り、ヘソの周りの毛など腹周りはムダ毛が多くなってきます。更に腕毛や脇毛など上半身はムダ毛が気になるところだらけです。

脇などはデリケートなのでカミソリは怖いですし、腕毛はカミソリで剃ると人とぶつかるとチクチクしてイメージが良くないですし、部位によって処理する方法が異なってくるのが難しいですね。

足周り

足周り

ふともも、すね毛、足の指毛、足の甲の毛などプールや海に行く人、ハーフパンツを履く人は特に気にする部位ですね。

基本は剃るが定番ですが、ツルツルにはしたくないという方もいるので剃りながら整えるグルーミングだと自然な仕上がりになるので人気です。

男性のムダ毛処理おすすめグッズと方法

エステに行くような高額商品やグッズは紹介しません。

みなさんが気軽にムダ毛処理ができるようになって欲しい記事ですので、学生さんでも手の届くサービスや商品を紹介していくので安心してください。

除毛クリーム

エピプレミアムクリームDX

このクリームは男女共通で使用できるクリームになります。

剃ると毛が太くなる、抜くのは痛いし時間が掛かる、脱色は肌が薬品で痛む。そんな悩みをお持ちの方にはこのクリームがおすすめです。使い方も簡単。

1、ムダ毛の処理をしたい部位に毛が覆われるくらい塗る

2、5分から10分ほど待ってからクリームを拭き取る

楽な上にスピードが早いです。処理が終わったら保湿クリームを塗るとヒリヒリすることもさほどありません。

内容量も500gの大容量なので、どんなに毛深くても全身の毛を除去することができるはず。肌質に自信がある方でもパッチテストは行いましょう。

NULL 除毛、脱毛クリーム

楽天、Amazon共に売れ筋1位のクリームになります。

こちらも使い方は簡単。

1、乾いた状態で除毛したい部位に毛が覆われるくらい塗る

2、5分から10分後に拭き取りシャワーで流す

なんでこの商品が売れているか?

まずパッケージですね。除毛クリームは通常パッケージに除毛や脱毛という記載がありますが、この商品はとてもおしゃれでスタイリッシュなパッケージです。洗面所や浴室に置いていても恥ずかしくないですよね。

誰かがシャンプーと間違って使用したら、とんでもないことになるので実家住みの方は気をつけましょう。お父さんが間違って使用したら…

処理した後のケアがしっかりしています。低刺激でニオイが少ない、そして保湿性が高いという点が他の除毛クリームにはない点ですね。肌が弱いなと感じている方にはピッタリのクリームになります。

除毛クリームのメリットはやはり手軽に処理ができる点になります。カミソリで剃るのが面倒、抜いたら炎症した、陥没毛が増えたなど経験がある方には除毛クリームがいいかもしれません。

カミソリ

男性用カミソリ シック ハイドロ5

これ私が使用しているのですが、肌の痛みが他のカミソリよりも圧倒的に少ないです。刃の上部にジェルがついているので摩擦で肌表面の痛みが軽減され、スキンガード付き5枚刃でなめらかに剃れて、剃り残しも少ないのが特徴。

シェーバーにはない深剃りが可能になっているが肌のヒリヒリ感がないのでおすすめ。ヒゲだけじゃなくどこのムダ毛も剃れます。ツルツルに仕上げたいならカミソリは効果的なアイテムになります。

女性用カミソリ シック イントゥイション

剃ったり抜いたりした後、炎症しやすい敏感肌の方のおすすめのカミソリになります。

ボディーソープが不要なので気軽に剃ることができ、刃の周りに保湿剤配合のソープがあるので、水に濡らすだけでスムーズに剃れるのが人気の理由です。

このカミソリは敏感肌用になりますが、別で肌うるおう用ともっちりしっとり肌用が存在します。

カミソリは浴室で気軽にムダ毛が処理ができるのがメリット。抜くのが面倒、除毛クリームは実家だから恥ずかしいなどの理由があればカミソリや本当に楽チンです。

購入する時は深剃りをしても肌が炎症やヒリヒリ感が出ないようにジェルや保湿剤が付属しているカミソリを購入するのがおすすめ。

シェーバー

3080s

価格が手頃な電気シェーバーになります。防水になっているので浴室でも使用ができます。ヒゲ以外のムダ毛の処理をする時でも、ムダ毛の生え方って部位によって違うので剃りにくいですが、くせヒゲトリマーという機能が搭載されているので、寝ている毛や向きの違う毛を調整して剃ってくれるので他の機種よりも剃り残しが少なくなります。

ジェルをつけての使用もできます。水洗いができるので常に刃を衛生的に保てます。電気シェーバーなので音はやはり大きいので注意を。

ES-ST8P

こちらの機種も防水設計で泡やジェルを使用して剃ることができます。ブラウンとの大きな違いは毛の濃さに応じて自動でパワーの調整をしてくれます。薄い部位に強く動いても肌を痛める可能性があるので肌が弱い方にはありがたい機能。

充電スタンドが付属しているのでおしゃれ。しかも1時間の急速充電が可能。旅行や出張でも使用できるように収納ケースが付属している点もポイントが高いです。

電気シェーバーはカミソリと違い深剃りではないので肌を痛める心配がありません。ただ、剃り味はカミソリの方がしっかり剃れます。肌がヒリヒリしないである程度剃れれば大丈夫という方ならシェーバーがおすすめ。価格も最近は手頃なモデルが揃っています。

グルーマー

ER-GK40

あまり聞いたことがないかもしれませんがグルーマー、グルーミングというシェーバーの延長のようなものが実はかなり普及しています。

電気シェーバーやカミソリは剃るだけですが、グルーマーは剃ると整えるというのが大きな特徴になります。すね毛をツルツルにしないで、ある程度の毛を残しておきたい人もいます。そんな時にはグルーマーになります。

グルーマー

全部を剃らないで、少し残すというのがグルーミングです。女性でもツルツルよりもある程度は毛があったほうがかっこいいという意見もあるので、大事な人の好みで調整するのが1番かなと。万人に納得してもらえるムダ毛処理は難しいですからね。

付属の長さ調整のアタッチメントは3mm、6mm、9mmになるので好みの長さを整えることができます。こちらも浴室で使用ができる防水設計です。

MG5050

剃る、刈る、整えるの1台3役のグルーマーになります。頭から足までたくさんの部位のムダ毛処理ができます。

こちらはアタッチメントの付け替えが不要で、ロック機能付きトリマーを調整するだけで、1.2mm、2.8mm、4.4mm、6mmの4種類の長さから選んで処理をします。

こちらも水洗いが可能ですので浴室で使用ができます。

グルーマーはシェーバーよりも音が静かなので気軽にムダ毛処理ができます。剃るだけじゃなく整えるという点が今回紹介したグッズやアイテムとの大きな差別化できる部分になります。

光脱毛器

BD5001

エステなどの脱毛の多くはレーザー脱毛になり、家庭で手軽にできるのが光脱毛になります。レーザーよりは強さは落ちますが、価格が手頃で少しずつですが販売数が伸びているカテゴリになります。

光は怖い、肌を痛めないか心配になりますがこの機種は肌の色の違いに合わせて光の照射量を調整するのです。すべての人に同じ照射量じゃ必ずムダ毛の処理がバラバラの精度になっていまします。

また痛みがでれば抑えてくれるモードも搭載しているので初めて購入する場合はこちらがおすすめ。

スムーズスキン

1分間に100回の照射は最速です。光脱毛器は光を照射して次の光を照射するまでの時間が長い機種がありますが、この機種は待ち時間がないのでストレスなく照射ができます。

週に1回、10分で4週間後には変化が出ます。メーカー保証が2年間あるので商品には自信があるんだおろうなと思って評価やレビューを見たらかなり評価の高い機種でした。

光脱毛器は除毛とは違い、肌の中の毛穴から生えてこないようにするムダ毛処理です。カミソリやシェーバーと違い使用してすぐに効果は出ません。長期的なスパンで見てムダ毛処理をするので時間に余裕のある方、ムダ毛の根本から直していきたいという方、エステは高いから自宅でエステ並みのムダ毛処理をしたい方におすすめ。

まとめ

いかがでしたか?みなさんにピッタリのムダ毛処理は見つかりましたか?

冒頭でもお伝えしましたが、ムダ毛の悩みは人それぞれなのでどのアイテムやグッズが購入するかは人それぞれなんですよね。

難しく考えると決まらないので簡単におさらいすると…

肌の炎症が少なく、大量のムダ毛の処理をしたいなら除毛クリーム

肌の炎症がなく毎日綺麗に処理をしたいならカミソリ

肌がすぐヒリヒリするのである程度処理したいなら電気シェーバー

ムダ毛をツルツルに処理をしないで少しは残して整えたいならグルーマー

肌表面の毛じゃなく内部の毛穴や内部から処理をしたいなら光脱毛器

あくまで例ですが、こんな感じで考えると必要なムダ毛処理グッズ、アイテムが見つかる可能性が高くなります。ちなみに私はグルーマーで整えています。

ムダ毛処理は皆さん、この記事を読んだ方は何かしらの処理はしたことがあるはずです。その時に肌の状態やお財布と相談して何をするか決めてもいいかもしれません。

本日も最後までありがとうございました。

-理美容家電, 自宅
-

Copyright© 家電総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.