これは便利!ナソニック床拭きロボットMC-RM10はブラーバを超えた逸材!

これは便利!ナソニック床拭きロボットMC-RM10はブラーバを超えた逸材!

ロボット掃除機はだいぶ皆さんにも認知されるようになってきましたが、床拭き専門のロボット掃除機はまだ数は少ない。

今回、パナソニックから床拭きロボット掃除機MC-RM10が発売した。

床拭きロボット掃除機は有名なとこだと、アイロボット社のブラーバだ。今回はパナソニックのMC-RM10の機能やスペックを紹介しながらブラーバとの違いを解説していこう。

パナソニック MC-RM10の特徴

回転ローラーでいつも綺麗な面で掃除

床拭きロボット掃除機で水拭き、乾拭きどちらも行うことができる。人が拭き掃除をする時も一緒だが同じ場所で掃除をすると汚れが溜まるのだがローランは一味違う。

ローランの場合、自動でモップがついている回転ローラーが5分ごとに回転する仕様になっているので、常に綺麗な面で掃除をすることができるのだ。

気になる専用モップだが、洗って繰り返し使用ができるので経済的。水拭きも乾拭きもどちらにも対応。

掃除はちゃんと綺麗になるの?

みなさんが一番気になることろのはず。

基本的にローランはコの字型の走行をしながら掃除。必ず往復する時に重ね拭き掃除を行うのでムラができないようになっている。

掃除はドライモード(から拭き)とウェットモード(水拭き)がある。モード切り替えだけで専用モップは交換はいらないので操作が面倒ということもない。

絨毯や段差は大丈夫?

床掃除をして絨毯が濡れたらどうしよう、玄関や階段で落ちたりしないだろうか。

結果から言うと問題はない。

基本は床の掃除がメインなので障害物と判断されたものに関しては、そこを掃除することはない。絨毯やカーペットは安心だ。

ただ、厚みのない素材の物の場合は場合によっては掃除してしまう可能性があるので注意を。

階段や玄関などの段差は落下防止センサーを搭載しているので、安心。約10cm以上の段差をしっかり検知する。

市販のシートが使用できる!

ここが皆さんに1番伝えたい点だ。

どんなメーカーも本体を買って必要なアクセサリーは別売りが多いのだが、ローランは違う。

市販のシート、有名なクイックルワイパーでも拭き掃除ができるのだ。専用パッドを何回も洗って乾かすのもありだが、クイックルワイパーが使用できるのでは本当にありがたい。

さらに凄いのがシートの脱着を掃除機本体が自動で行うのだ!装着する時も外す時も使用ができるのでシートが汚れた後でも手に触れないので衛生的になる。

本体のボタンが5つしかないので操作性はかなり便利で機械が苦手の人でも絶対に使用できるはずだ。

アイロボットブラーバとの違いは?

アイロボットのブラーバとパナソニックのローランの違いを解説していこう。

専用のモップが動くか動かないか

ブラーバの場合は専用のパッドを取り付けて掃除を行う、汚れはたまってしまってもパッドは動かないので汚れを部屋全体にのばしてしまう恐れがあるのだ。

パナソニックのローランは回転式のパッドになって5分ごとに回転するのでいつでも綺麗な面で清掃ができる。

専用パッドの種類

ブラーバは3種類の掃除モードにあわせたパッドを別売りで販売。頑固な汚れにもしっかり対応できるようになっている。

ローランは専用パッド1種類で何度も使用が可能。別売りパッドはないが市販のシートが使用できるので経済的。

水タンクは大きく違う

ブラーバは水タンクと本体が一緒になっているので、水を投入する時は蛇口の近くまで本体を持って水が溜まるまで待っていないといけない。これは少し面倒で疲れしまう。

パナソニックのローランは水タンクが本体から外せる仕様になっているのでタンクだけ水道の蛇口に持っていくだけなので軽いので移動も楽チン。

仕様 スペック

本体電源方式電池(ニッケル水素電池)
消費電力(充電時)約17W
製品寸法幅240mm×奥行243mm×高さ80mm
製品質量2.5kg
充電時間約2.5時間
(電池が空状態から充電を開始した場合、周囲温度20℃時)
最大稼動面積ウェットモード:約20畳※1
ドライモード:約20畳※1
連続使用時間約60分(満充電・電池初期/20℃時)
運転モードモップウェットモード:部屋全体を水ぶき
ドライモード:部屋全体をからぶき
スポットモード:1.6m×2mを水ぶき
市販シートシートモード:部屋全体を市販シートで掃除
モップ専用(ウェット・ドライ兼用)
市販シートドライシート:花王クイックルワイパー立体吸着ドライシート
ウェットシート:花王クイックルワイパー立体吸着ウエットシート、花王クイックルワイパーウェットシート
給水方式カセットタンク式、噴水噴射
給水タンク容量180ml
落下防止センサー
走行性センサー赤外線センサー・落下防止・バンパーセンサー
充電アダプター定格DC14.4V
入力AC100V 50Hz-60Hz
出力DC20V  0.8A
消費電力充電中:約17W、本体を外したとき約0.5W
電源コードの長さ1m

あると助かる便利なアクセサリー

クイックルワイパー

関連記事

ロボット掃除機おすすめ5機種を比較、気になる疑問も全部解決

ダイソンコードレス掃除機V10全モデルを比較、旧型V8との違いと口コミ

関連コンテンツ

関連コンテンツ