エクステリア

高圧洗浄機はケルヒャーで洗車?おすすめを比較と業務用との違いは?

投稿日:2017-09-30 更新日:

家庭用高圧洗浄機のメーカーと言えば?

ほとんどの人がケルヒャーと回答するでしょう。コンビニならセブンイレブンくらい認知されすぎています。家庭用高圧洗浄機なら確かにケルヒャーが大人気なのは私も同感です。

ただ、全員がケルヒャーを購入して満足するでしょうか?あまりにもケルヒャーが他のメーカーを置いて一人走りしている印象です。

家庭用高圧洗浄機ってガソリンスタンドにある洗車機ややコイン洗車場よりも弱いんじゃない?

ケルヒャーを買えばまず失敗はないでしょ?

ケルヒャーより安く良い機種ないの?

今回はこの辺を細かく解説していきます。

家庭用高圧洗浄機は何ができるの?

家庭用高圧洗浄機は洗車だけではありません。その他の頑固な汚れも取ることができるので家庭に1台あると本当に助かります。家の掃除が楽しくなる、ラクになるというのがポイント。

洗車

これは皆さんが1番に浮かぶかなと。自宅で洗車ができれば毎回ガソリンスタンドやコイン洗車場でお金を払う必要がありません。ガソリンスタンドの洗車機は車のボディが痛むとか聞いてあまり行くのが嫌になったり、洗車機で洗ってもあまり汚れが落ちてない時があるので、私は滅多に行かなくなりました。

また自転車やバイクも対応できますので、男性の場合はあると手入れがラクになります。女性の方は汚れをゴシゴシと力がいらなくなるので簡単に洗車ができます。

家の外壁掃除

家の外壁は経年劣化します。手でブラシでこすっても除去できない汚れを高圧洗浄機で落とすことができます。外壁以外にも駐車場のコンクリートの汚れやコケなども除去できます。

更にはウッドデッキやタイルデッキの汚れを取る時にも使えます。

雨戸、網戸や窓

外壁と同時に窓、雨戸、網戸の掃除が可能になります。以前はスポンジやブラシで洗ったら網戸が破れてしまい無駄な修理代が発生したことがあります。高圧洗浄機だとそんなこともなくキレイに汚れを落とすことができます。

自宅の中でも高圧洗浄機を使用することもできます。ただ自宅の中で使用するには大きすぎるのでスチームクリーナーがおすすめになります。

すべてにおいて高圧洗浄機は人力で汚れを落とすよりも間違いなく汚れが落ちます。手で洗いたくない汚れた場所とかありますよね?そんな時に高圧洗浄機を使用するのもありですね。

高圧洗浄機のメリットは?

せっかく大きなお買い物をするのにメリットがなかったら買わないですよね?高圧洗浄機を買うとどんな良いことがあるのでしょうか。ご紹介します。

落ちない汚れが落ちる、簡単に

まずはこれが1番のメリットですね。車の掃除もムラなくでき、家の外壁やブロック塀の掃除には最適です。普段できない掃除が簡単にできるというのは立派なメリットになります。

節水と時短

ホースリールから出る水だと勢いがなく水の出る時間がどうしても長くなってしまいます。高圧洗浄機の場合は水道ホースから使用するよりも3分の1から4分の1くらいで済みます。

少ない水で早い時間で掃除ができるのも重要な点です。いくら休みの日に掃除をしても時間は無限ではありませんからね。

高圧洗浄機の選び方

高圧洗浄機を購入するにあたりここだけは注意した方がいいであろうポイントをお伝えいたします。

予算

どんな商品でも価格は絶対に判断基準になるはず。高圧洗浄機を調べて見ると平均は15000円から50000円の間の機種が多いです。当然、高額な機種ほど機能も多く性能も良いです。

だが、その機能をすべて生かすことができるか?という部分が大事。使用しない機能のある機種を選んで無駄な出費を払うのも家族の負担になることもあるはず。

汚れを取る洗浄力

高圧洗浄機なので手で掃除するよりの洗浄力を求めて購入するはずです。各メーカーで販売されている機種のスペックを見ると洗浄力の確認ができます。

最大許容圧力  これが洗浄力の決め手の数値を表すものになります。MPaという単位で表すのですがだいたいの機種は8MPaから12MPaの間が多いです。数字が大きいほど洗浄力が強くなります。ちなみにケルヒャーの最上位機種は12MPaになっています。

セルフのコイン洗車場の高圧洗浄機は8MPaになるので12MPaはいかに強いか分かりますね。

最大吐出水量  1時間あたりどのくらいの水を出せるかという数値を表すものです。l/hと表記がされます。いくら洗浄力が強くても水の量が少なければ沢山の掃除が1度にできません。

ちなみに参考程度に、軽自動車やコンパクトカーなら360l/m、SUV、ミニバンなどの中型車、大型車だと400l/m以上が推奨になります。

どこで掃除をするか

室内、外壁、庭、車など掃除の場所は数えればキリがありません。すべての掃除をするなら各メーカーの最上位機種になりますが、洗車しかしないなら洗車の機能だけの機種を購入した方が節約にもなります。

実際に購入してからここもやりたかったということはあり得るのでよく考えてから購入しましょう。

移動時の重量、収納時の大きさ

高圧洗浄機を移動するのは女性だと重いと感じる方が多いかもしれません。少しでも軽いのにするか、重くても移動が簡単な機種を選ぶか。収納時はほとんどの方は自宅の中に高圧洗浄機を置いておく人はいません。

基本は物置などの屋外収納が多いので少しでも省スペースの機種にするか、分解して細かくする、折りたたみにすることができるか確認が必要になります。

洗浄時の音

これは住んでいる場所によって左右される場合がありますよね。閑静な住宅地や集合住宅だと音は気になりますよね?でも音よりも性能が優先という方もいるかと思います。

静かなのはありがたいですが静音設計は上位グレードばかりですのでそこも確認が必要になります。

選び方の次は最大手のケルヒャーを紹介。

おすすめの高圧洗浄機 ケルヒャー

高圧洗浄機の王様と言っても過言ではないケルヒャーからまずは紹介します。それから他メーカーの機種と比較をしていきたいと思います。

最大吐出圧力 (MPa) 最大 12
吐出水量 (L/h) 最大 430
最高給水温度 (°C) 40
動力 (V/Hz) 100 / 50
モーター入力 (kW) 1,4
質量(本体のみ) (kg) 16,6
寸法(長さ×幅×高さ) (mm) 349 x 426 x 878

ケルヒャーの最上位機種になります。基本的にこの機種ならカー&ホームキットなので洗車も自宅の掃除もほぼ網羅できている付属品になっています。世界初の水冷式モーターで静音設計になっているのと、12mの高圧ホース付属、テラスなどのタイルデッキやウッドデッキの掃除ができるテラスクリーナーと洗浄剤のついたホームキット、回転ブラシとフォームブラシがついたカーキットがセットになります。

◾ケルヒャー◾

https://www.kaercher.com/jp/

ホームページを見ると文句なしの機能なはずですが、私がメーカーさんから借りて使用して個人的に感じたことをレビューしていきます。

圧倒的な洗浄力

洗車をした時は、勢いがありすぎて車が凹まないか心配なくらいでした。今まではブラシで擦ってましたがどうしても洗えていない部分もありました。高圧洗浄機で洗浄するのはムラなく洗浄できる、手が汚れないという部分では助かりましたね。

車以外にも我が家にはタイルデッキがあったのですが、ブラシを使用しなくとも水の勢いだけでほとんど汚れが取れました。本当に頑固な汚れがある場合ならブラシがあればいいのかな?と感じました。

組み立てが苦労、本体が大きすぎる

今度はデメリットとまでは言いませんが気になる点になります。まずホームページでは組み立て20分と記載がありましたがもっとかかりました。組み立てがしにくいのはユーザーにはあまり優しくないと感じました。

移動の方で気になったのはタイヤです。本体が16.6kgということで重たいからかタイヤの回転が良くありませんでした。また物置に収納するにしても床置きしかできにあいですね、重たいので。また本体の大きさもそこそこあるので収納場所を限られてしまうなと。

ですが、基本的には文句なしですべての掃除がスムーズにできるであろう機種になります。ただ、私が伝えたいのはここからです。

本当にすべての付属品が必要かどうか?

予算オーバーしてでも購入する必要があるか?

価格は最上級で金額が高いですが、基本的な付属品はすべて揃ってます。高圧洗浄機で洗車でしか使用しないのにこの機種を買うのはおかしいですよね?

そこでケルヒャーに負けないくらいの洗浄力で価格はケルヒャーよりもリーズナブルな高圧洗浄機を見つけましたのでいくつか紹介していきます。

おすすめの高圧洗浄機 BOSCH ボッシュ

最大許容圧力 12MPa
電源 100V(50-60Hz)
消費電力 1,500W
流量 390(L/h)
最高水温 40℃
質量 6.8kg(本体のみ)
電源コード 5m

注目して欲しい点はケルヒャーのK5よりも1万円以上安いということです。

私はデザインも重要視してしまうのでBOSCHのグリーンはDIYなどの作業にはピッタリで好きです。かっこいいので自宅の玄関に置きたいくらいです。

◾BOSCH ボッシュ◾

http://www.bosch.co.jp/pt/

最大許容圧力がケルヒャーK5と一緒

本体重量がまず約10kgも少ないですので移動がまず簡単。タイヤも大型なのでスムーズに稼動します。ケルヒャーと違い水冷式ではなく空冷式になるので音はケルヒャーよりは少し大きくはあります。

洗浄力はケルヒャーK5と同様の12MPaなので文句なしで洗浄ができます。水は最大で390l/hですが、普段の掃除程度や洗車なら特に問題ありません。

コンパクトに畳めて収納上手に

BOSCHはとにかくコンパクトにすることができるのが強み。ハンドル部分が折りたたみ式になりますし、伸縮するのでで物置の棚に収納ができるのです。旅行鞄みたいな感じです。省スペースに収納ができ、本体も軽量なので女性の方でも簡単に移動ができます。

充実した付属品

始めから付属品がある程度揃っているので自宅の掃除や洗車などは問題なく行うことが可能になります。

3in1ノズル

3種類の噴射が可能(扇状、ロータリー、一点集中)

90度変換ノズル

車の下回り、高さのある場所など届きにく場所の洗浄

高圧ホース

ねじれ防止のホースが8m付属になります

ランス

持ち手に簡単に繋げるパイプ状のホース

ガン

手で握る部分、こちらも簡単接続

フォームノズル

ランスに取り付ける洗浄剤を入れるケース

フィルター

本体に細かいゴミの侵入を防ぐ

水道ホース

3mの耐圧のメッシュ入りのタイプ

BOSCH UA125はこんな方におすすめ

価格は安めで洗車がメインで使用をしたい

外壁の簡単な掃除程度でしっかり洗浄したい

洗浄力は高く、重量が軽く収納上手な機種が欲しい

これは本当におすすめ機種です。価格がかなりお買い得で機能も良く付属品も充分な量です。ボッシュはもともとDIYが好きな方には広く知られたメーカーなので安心感もあります。

おすすめの高圧洗浄機 アイリスオーヤマ

商品サイズ(cm) 幅約29×奥行約24.6×高さ約74.2
※ハンドル使用時
商品重量 約11.3kg
最大吐出圧力 12.0MPa(常用吐出圧力:9.0Mpa)
最大吐出水量 300L/h ※ターボランス使用時
電源 AC100V(50Hz専用)
消費電力 1300W

アイリスオーヤマは国内大手のメーカーと比較をすると価格は安く、機能はそのまま、それ以上のものが多くコアなファンが多いメーカー。ジェネリック家電と呼ばれるメーカーに負けないくらいお買い得な商品を多く生産しています。

◾アイリスオーヤマ◾

http://www.irisohyama.co.jp/clean/washer/

コンパクトで移動が楽、洗浄方法も効率的

引用 https://www.amazon.co.jp

静音設計ですので重量は重いのかなと思いきや、約11.3kgと意外と軽い。ハンドルは折りたたみ式になているのでコンパクトになり、棚の中に収納することも可能になります。

BOSCHのUA125よりは思いですが、決して持てない重さではないかと。ケルヒャーと比較して洗浄の仕方が気になりました。

ターボランスと広角変圧ランスが付属になっているのですが、ターボランスはらせん状に水を噴出させて短時間に効率的な洗浄をします。注目したいのはもう1つの広角変圧ランスです。

吹き出し口の調節リングを回して水圧と扇型の噴出の角度を変えることができます。外壁なら広範囲に洗浄をし、頑固な汚れは一点集中するという感じで洗浄ができるので対象物によって圧力の調整ができるのは便利な機能になります。

洗浄液を作るボックスがない

ケルヒャー、BOSCHは洗浄液をランス付近に取り付けができますがアイリスオーヤマのこの機種にはありません。この機種だとバケツに洗浄液を作って組み上げる方式なのです。

洗車の時は水道がなくてもバケツに水を入れておけば洗剤も一緒に出てくるのです。一戸建ての方でも気軽に洗浄ができます。

1時間あたりの水量は300l/hになるので軽自動車や普通乗用車が対象になります。

まとめ

今回は2機種紹介しましたが、またこれはケルヒャーに負けず劣らずだなと感じる機種があれば追記します。

この2機種は洗浄力も高く性能は悪くないです。むしろ良い方です。価格を抑えつつ機能はしっかりした機種が欲しい方はこちらがおすすめです。

参考にしてください。ではまた。

10月に役立つおすすめ記事

電気暖房のおすすめ比較、電気代や機能の違いと種類を覚えて冬支度を 1

電気暖房の準備はおすみですか?冬シーズンになる前に購入するのがおすすめ。 冬に向けて新しく暖房器具の購入をお考えの方は、エアコンだけでなく他の種類のものと併用させて効率よく部屋を暖めることをおすすめし ...

人気ホットプレートとグリル鍋おすすめ機種の紹介おしゃれ2018 2

リビングやダイニングで家族、友人を囲んで楽しめる家電、それがホットプレートとグリル鍋。焼肉、たこ焼き、お好み焼き、餃子、焼きそば、すき焼きなど多くのレシピを作ることができる素晴らしい家電です。 最近の ...

3

ボーナスの時期がやってきました。買い換えたいと思う家電製品を、この季節に考える方も多いのではないでしょうか?購入するなら「機能」にこだわるか、「値段」にこだわるか悩むのも楽しいですよね。 その中で毎日 ...

人気オイルヒーターおすすめランキング10電気代とデメリットと使い方 4

デザインがオシャレなタイプが多いオイルヒーター。 体の芯までゆっくり柔らかく暖めてくれるのが特徴。速暖性タイプではないものの、オイルヒーターのメリットの多さにリピート購入したり、他の暖房器具と組み合わ ...

洗濯機おすすめ人気メーカー縦型2018日立、パナ、東芝、シャープ 5

国内で人気のある洗濯機メーカーはパナソニック、東芝、日立、シャープがやはり売れています。この4社はやはりおすすめの洗濯機。 ですが洗濯機ってそもそも皆さんは何を基準で選びますか? 価格ドットコムの上位 ...

-エクステリア
-

Copyright© 家電総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.