インテリア

壁収納でおしゃれに小物や雑貨を沢山置くおすすめ6商品と方法

更新日:

物が多過ぎて収納ができない、整理ができない。欲しい物があるが置く場所に困り、追加で物を買えない。こんなことありませんか?

収納を増やすために衣装ケースやボックスを買うと、結果収納は増えますが部屋は狭く感じてしまいます。どんな人でも部屋が極力狭くならないように収納がしたいもんですよね。

そこで今回はできるだけ床に置かないで空間を有効活用して収納を増やす方法、

壁収納』についてお話していきたいと思います。

ネットで検索するとウォール○○って感じのアイテムが増えてますよね。

これは結構役に立ちますので是非参考にしてください。

壁収納にはどんな種類があるの?

壁収納は基本的にアイディア次第で無限にあります。基本だけ理解してしまえば、リビング、寝室、洗面所、玄関どこでも収納を増やすことが可能になります。雑誌に掲載されているような収納が可能になるかもしれません。

ディアウォール

賃貸でも戸建でも壁に傷や穴を開けず壁収納を作成することができます。流行りでホームセンターでも簡単に購入できます。

2×4木材で天井と床に設置して木材を固定します。2本の木の柱に棚をつけて収納を増やすことができます。実際にやってみて、簡単でDIYなのでおすすめ。女性の方でも楽しくできます。好きな色で木材の塗装もできるので個性が出せます。
ディアウォールで簡単DIYで棚作成と収納アップの基本的メソット
木の壁にして棚板をつければかなりの収納量になります。棚の高さも自由に設定できるので収納したい物に合わせて作成ができます。私は自分の2畳しかない書斎にでディアウォールをDIYで作成しました。

作り方載せておきます。

ディアウォールは狭い空間に力を発揮します。例えば洗面所やトイレ。収納が少なく場所が狭いので高さのある収納を得ることができるのでおすすめ、洗濯機の上の空間、無駄にしてはいけません。トイレの便座の後ろと前も有効活用できるはずです。

壁に若干だけ穴を空けますが簡単に棚板が作れて収納ができます。重い物はさほど置けませんが小物、雑貨、観葉植物などを置いてインテリアが更におしゃれになります。
やり方次第でこんなにおしゃれにすることも可能です。アイディアも大事です。

置く場所によって入れる物も違ってきますね。寝室なら本やスマホだったり、子供部屋なら文房具やメモ帳、洗面所ならヘアゴムやワックスなど色々活用ができます。上の紐に画鋲をつけるだけなので汚れることもありません。
ただ人の皮脂がどうしても触るとウォールポケットの生地に付着して少しずつ汚れてしまうので、白以外が長く使えるのかなと。つまり生地によってイメージがだいぶ変わります。

デニムや毛糸で作っているウォールポケットも増えています。設置する部屋に応じてインテリアに溶け込めるデザインを選びましょう。

ドライヤーって皆さんどこの収納していますか?普通は洗面台の下の引き出しが多いかと思います。毎回、ドライヤーを使用する度に引き出しから出して使用が終わればまたしまう。

面倒すぎる。

これなら洗面台の鏡やタイルに吸盤でくっつけておくことができるのでいつでもすぐに取り出しが可能。コードも巻ける使用なので綺麗に収納できます。

板にフックがついて服や帽子、小物を引っ掛けておける物です。これも設置する場所により用途が変化していきますね。

玄関が1番使い道が分かりやすのではないでしょうか。鍵や、マフラーなどの小物がセットできるのは助かります。私は通勤の時に着る上着を置いているので毎日クローゼットまで取りに行く必要がありません。

玄関の靴がいっぱいの時に靴をひっかけてもいいかもしれませんね。見栄えは良くはありませんが、収納は増えます。

シューズボックスもいっぱいで玄関前にも靴がいっぱいある方におすすめ。目線の位置に置くと汚い靴は印象が良くないので綺麗な靴を選びましょう。
靴が嫌ならスリッパラックとしても活躍できます。
>スッキリしてなんかおしゃれに見えます。

壁さえあればこんなに収納を増やすアイテムが存在します。何か役に立つアイテムが見つかれば嬉しいです。用途に応じて適している商品を探しましょう。

やるならおしゃれにしたいはず。壁収納でインテリアが更におしゃれになるはず。

いかがでしょうか?

本日もありがとうございました。

-インテリア
-

Copyright© 自宅総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.