調理家電

IH調理器のおすすめランキング5と仕組みと気になる電気代

投稿日:2018-10-03 更新日:

現在ではガスコンロと二大巨頭となったIH調理器(IHクッキングヒーター)。

火を全く使わないというポイントが大変喜ばれており、私も大学の時の一人暮らし先のアパートはクッキングヒーターが備え付けられておりました。(大家さんはガスが苦手という方でした)。

でもそもそもIHって何が良いのだろう。アマゾンの売れ筋ランキングを覗いてみると、主流はやはりパナソニックが主流で、他にも続いてティファール、アイリスオーヤマ、山善、と良く耳にする大手メーカーも並んでいます。

他のサイトも何がいいとか書いているけどもう少し意見を見比べたい、今の生活に必要なものだから。そんなあなたに今回はIH調理器のおすすめと仕組み、それと気になる電気代についてご紹介していきましょう。

IH調理器の仕組み

IHは電磁誘導で加熱しており、磁力発生コイルによりフライパンそのものを発熱させるIH調理器は、直火の状態ではないですが、非常に高い熱効率により結果的に直火に近い高火力を実現しています。

また、これは器具やガジェットでもなんでもそうですが、旧式のものよりも新型の方が安くても良いものが多く、熱効率や火力も全然違います。

各サイト等のガスコンロとの比較で、ガスコンロ以上の性能を発揮しているものの殆どは新型を前提としているものなので、その点をご注意ください。

火を使わない

火を使わないメリットってなんでしょう。

いくらでも出てきそうで、中々急に言われると出てこない質問の答えだと思います。

この質問は今回のキッチン調理器具という点を踏まえて答えますと、

ポイント・燃焼を伴わないため部屋が暑くならない

・燃焼を伴わないため火災が起きない

・燃焼を伴わないためガス漏れによるガス爆発に繋がらない

・燃焼を伴わないため部屋の中の一酸化炭素、二酸化炭素の割合が上昇せず、窒息に繋がる死亡が起こらない

私が気になる点、思いつく点と言えばこれらでしょうか。

暑気や火災やガス爆発は結構気を付けていても最後の一酸化炭素、二酸化炭素中毒については中々思いつかない人もいるかもしれません。

今住んでいる家のガス会社の方の立ち合いの際に、とにかく料理は換気をするよう強く何度も注意されました。

一酸化炭素、二酸化炭素中毒は本当にじんわりと、眠気や体のだるさから始まるので、気づいたときにはもう体が動けなくなっていることがほとんどです。

もちろん昔からもこれからもガスコンロは続いていくので、完全に邪険にするのは違うと思いますが、家の中で火を一切使わない安心感というのは、欲しい人には欲しいものだと思います。

あ、それでも換気は普段から行ってくださいね。

いつの間にか部屋の酸素濃度が下がっていたりするので、週間にすると気分が結構違いますよ。

清掃のしやすさ

これです。私はこれが素晴らしいと思います。

水回りに関しては、そんなに綺麗好きでない人でも、ここだけは汚れていたら気になる場所ではないでしょうか。

キッチンは水場と調理場がセットになっている特殊なレイアウトのスペースですし、口に運ぶものを作っている場所が汚いというのはどうにも気になります。

例えば、コンロのバーナーは金属製で直火による酸化が常に問題で、どうしても掃除しきれない管理の難しさがあります。

また、バーナーは目詰まりを起こすと燃焼できず、ガスだけが漏れる状態も起こしてしまいます。

その点、熱源と調理器具を置く場所は完全に切り離されているIH調理器はその問題も解決しているのです。

大体が綺麗な真平で、中には表面部分だけガラスで作られているものも最近は多いIH調理器は、五徳(鍋を支える金属部分のことです。取り外せる場所ですね。)を掃除したり、五徳により邪魔な天板の掃除も難しくないのです。

だって実質天板の掃除だけですものね(笑)。

IH調理器の気になる電気代

電気代のお話をする前にこちらをご覧ください。大まかに説明すると以下の通りとなります。

ガスの時間当たり金額

強火(2.97kw) → 約37円/h
中火(1.68kw) → 約21円/h
弱火(0.38kw) → 約5円/h

IH調理器の時間当たり金額

1kw → 27円/h

ここら辺は非常にいろいろな要素が絡まり難しいところです。

値段という点だけで考えると、「その道具をどれほど節約して扱うか」で大分変わってきます。

正直、これだけ見るとそこまで違いは無いように思います。

しかし生活というのは一部を切り取ってそこだけで考えるのではなく、生活総てのあらゆることが実はいっぺんに関わっており、結果として何に自身の考えるコストや不利益が発生しているかを見るべきだと思います。

例えば、先ほどの直火の管理や細かい清掃が必要な点は危機管理コストや時間的コストがかかっています。

それだけに目を向けると大したことではないですが、生活全体を鑑みると問題点は大抵そこだけに留まらないものです。

自身の生活に良いものを投資したり、生活を整えるというのは、生活全体を通して考えていった時に、急な問題の対処を十分な状態で考えられる準備をするということなのです。

その点を踏まえて次の項目ではおすすめを紹介していきます。

IH調理器のおすすめランキング5

さあようやくお勧めです。
上記したことを踏まえると簡単に、

・新型であること
・火力はちゃんとあること
・掃除がよりしやすいものであること
・生活を整えることに繋がっていること

こんなところでしょうか。キッチン家電はなんでもこれらですよね。家電に楽器のようなビンテージ品のありがたみを求めるのはちょっと難しいですよね(笑)

またIH調理器には三つの設置タイプがあります。

ポイント・卓上タイプ

・据え置きタイプ

・ビルトインタイプ

最後のビルトインタイプはシステムキッチンに組み込んだり、そもそも賃貸アパート・マンションなどに最初から入っているようなタイプなので導入コストが高いです。なので今回はこれは省きます。

パナソニック(Panasonic) 卓上IH調理器 KZ-PH33

鍋が煮立った際に吹きこぼれを自動で制御してくれるのがうれしいです。私は料理をする時はキッチンに籠りきりになりたい人ですが、生活を営んでいるとどうしても席を外さないといけないシーンは何十回とあるものです。

また、メカのモーター音が不安になる方がいると思うのですが、その方にもおすすめです。メーカー様サイトに書かれていたように非常に静音で食卓に置いても何も苦ではありません。

加熱も1400Wまでオッケーで、火力も十分。

トッププレートもガラス製(結晶ガラスという特殊ガラス)で掃除する点でも良いですね。サブでもメインでも使えるという点でこちらを推します。

また、KZ-PG33というものもありますが、こちらは専用の鍋付きとなっております。中身は全く同じですが商品名が変わっているので注意してください。

ティファール(T-fal) デイリーIH IH2021JP

T-falのデザイン本当に好きなんです。ではなくて、ちゃんと説明します。

こちらも表面はガラス製でお掃除ラクラク、火力も1400Wまで出せるのでその点もうれしいです。あと見てください、タイマーがついてるんです。

こちらは1分~99分まで設定できます。機械側に調理の大部分を任せてしまうものが増えてきている中で、「いやいやこれはちょっと普通の調理法と変えたいんだ」なんて思う人も沢山いると思います。

パナソニックのKZ-PH33は優秀なので先に挙げたのですが、個人的に好きなのでこちらも挙げました。あと、やっぱりデザインが好きなんですよねぇ。(我が家のキッチンにT-fal商品多め)

パナソニック(Panasonic) IHホットプレート KZ-HP2100

パナソニックの全部乗せですね。でも単に全部乗せたわけではなく、「これ買っとけば特に難しくこの他に何買わなきゃいけないか混乱しない」という考えをもとめる方にはとてもおすすめです。

もちろんこちらもトッププレートはガラス製(結晶ガラス)で1400Wまで火力があります。もうお決まりですね。

また平面プレートが「ダイヤモンドハードコート平面プレート」という作りになっており、金属製のヘラで傷がつかないようになっています。それとやはりありがたいのがタイマー。

右側の真ん中の液晶部位についています。タイマーなんてスマホでも百円均一でもどこでもあるんですけど、調理器具本体についているとなんかうれしくなるのは私だけでしょうか。

コイズミ(KOIZUMI) IHクッキングヒーター KIH-1402

これはすごいんです。

なんとタイマーが1分~9時間55分まで設定できるんです。どんな料理でしょうね。規模の大きいお好み焼きパーティでしょうか。

規模が大きければ複数台用意した方がいいですしそもそもこの話タイマー関係ないですね(笑)
でもそんな多くの時間を料理を作ることに使えるのは楽しいでしょうね。

こちらは上記のものと同じように天板もガラス製で火力も1400Wと申し分ないです。また液晶モニターが比較的大きめなので、老眼や近眼の方にも勧めることができます。

加湿器と同様にコンセントの繋ぎ方がマグネットプラグ式なのも評価の点です。

調理器は上記群を選んだ理由もそうであるように、とにかくその用途に実直でシンプルなのが良いと思います。

あたかも他のその機能を使うかのような売り文句は、私たちは生きている限り死ぬほど見聞きしていくでしょう。

しかし、常に「本当に必要なものは」という問いかけを自分にしていかなければならないのは変わらないと思います。

しかしやはり、タイマー付きでさらに上限が9時間55分なのが好きです(笑)

アイリスオーヤマIHクッキングヒーター IHK-T31

ガラス板、1400W(種類に気を付けてください圧倒的な)をちゃんと達成しています。コストパフォーマンスから、常にアマゾンランキングの上位にいるモンスターです。

1000Wの方はさらに安くなります。ここら辺は生活の上で何を求めているかによりますね。

一応1400Wの方をお勧めしておきます。
他にお勧めでき、かつ他の商品との差別化できるところとして、加熱は黄色の枠線で囲われており、切るボタンは赤色の枠線で囲われている点にあります。

ここら辺は本当に細かいところですし、インターネットで欲しい商品の情報収集を普段からしている方にはちょっとピンとこないところかもしれないのですが、子供や老人、日本語の理解の難しい外国の方等は「ボタンの文字情報以上の情報は文字以外からでないとより理解するのは難しい」というのがあります。

「黄色はつける、赤は消す」。たったこんだけで理解のできる人が多くなります。これは個人的にはすごいことだと思います。狙ってやったかどうかは知らないですが、これぞデザインですね。

調理について

IH調理器はただ何かを温めるというだけでなく、ちゃんとどれも様々な料理に対応しています。「揚げる、煮る、茹でる」や「強火、とろ火」など様々です。

「揚げ物なんてやらないよ」という方は揚げる機能は別段必要ないでしょうし、「お湯やミルクや鍋だけ食卓で温められればいいよ」というのもあるでしょう。

ここは欲しい機能がしっかりあるかチェックをしましょう。

またIH調理器での調理方法はクックパッドや各種公式サイトで溢れんばかりにレシピを載せているので合わせてチェックしてみてください。

ご飯を炊いたり、粉物を焼いたり、パスタを茹でたり、果てはパンを焼いたりと、使い方の創意工夫が散りばめられています。

最後に

先ほどお勧めを紹介する前に、
・新型であること
・火力はちゃんとあること
・掃除がよりしやすいものであること
・生活を整えることに繋がっていること

以上の4点を書きました。

ここには書いていませんが、あえてあと一つ加えるとするならば「五つ目:スペックをよく確認してみる」です。

スペックというのは、企業が与えている目で読めるその商品の機能です。当然実際に触って説明されて使ってみてようやく商品というのは理解に繋がりますが、購入する前の段階で理解できるものはしっかり確認しておきましょう。

一万円以下くらいの商品ばかりですが、生活に必要な商品はIH調理器だけではないはず。この確認作業は今後の買い物ライフをより豊かにしていきます。

是非ただアマゾンのランキング上位のものをなんとなく買うのではなく、自身の生活って何が必要なんだろう、スペックは自分の生活に合っているのだろうか(今回はサイズや、今後買う鍋なんかも重要ですね)は何か他の物を買う時でも考えてみましょう。

下記にも調理家電の記事がありますので参考にしてください。

執筆者:家電量販店の店員

12月に役立つおすすめ記事

1

2018年は国内メーカーの4K有機EL発売して初めてのモデルチェンジ。各メーカーの機能で大きな特徴や他社との差別化で面白い機能が豊富になっています。 価格もグッと下落して手の届くようになっていますね。 ...

寒冷地エアコンのおすすめパナ 日立 三菱 富士通を比較、価格は? 2

少しずつですが、注目されることや問い合わせが増えてきた寒冷地用の暖房エアコン。電気代も安く石油ファンヒーターよりも電気代が安く省エネになっています。 従来は北海道や東北、北陸地方の方が購入するのが一般 ...

石油ファンヒーターおすすめ比較気になる処分、電気代、燃費 3

暖房器具、電気暖房のおすすめというとに人気はエアコン、セラミックヒーター、カーボンヒーター、コタツ、電気毛布、カーペットなど様々な商品が存在します。 その中で、今だに絶大な人気と抜群の暖かさが得られる ...

人気コードレス掃除機おすすめ比較パナ 東芝 シャープ ダイソン 日立 4

最近、いろいろな家電メーカーからさまざまなコードレス掃除機が発売されています。 コードレス掃除機そのものは、以前から発売されていましたが、ニッケルカドミウムバッテリーでは、使用時間も短く、出力も小さい ...

空気清浄機おすすめ2018効果をシャープとパナソニックで比較 5

空気清浄機は最近は時期に関係なく売れていて、各世帯に1台はあることが多いくらい普及している家電になります。 その中で空気清浄機のシェアをぐっと稼いでいるのがシャープとパナソニックになります。 それぞれ ...

-調理家電

Copyright© 家電総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.