除湿機、加湿器

人気おすすめ布団乾燥機 衣類乾燥機を比較【パナ 日立 象印 三菱 アイリス】

投稿日:2017-12-18 更新日:

秋から冬にかけて、販売台数が増えていくのが布団乾燥機。聞いたことない方もいるかもしれません。字の如く布団の乾燥をしてくれる家電になります。

寒くなると外に干してもなかなか布団ってフワフワ、暖かい布団にならないですよね?

そんな時に活躍するのが布団乾燥機なのです。最近の機種では布団の乾燥だけでなく他の機能が活躍している機種も増えて年々注目されています。

その中で布団乾燥機を販売しているパナソニック、日立、象印、三菱、アイリスオーヤマの5社を比較していきます。

布団だけの乾燥と思いきや、実はどこの家庭でもあれば助かる機能があるのでこの記事を読んだら欲しくなる…かもしれません。

布団乾燥機、衣類乾燥機の機能は?

まずは布団乾燥機があると何ができるかお伝えしていきます。みなさんの普段の生活に必ず役に立つ機能もありますので、便利な家電になるはず。

布団の乾燥でダニ退治

雨の日や湿度が高いは外に布団を干せず寝る時にじっとりすることがあります。そもそも寝て起きたら布団は汗で必ず湿気が発生します。

そんな時に活躍するのが温風で布団の乾燥をすると同時にダニを退治してくれる機能もあります。布団乾燥以外にもいくつかのやり方があります。

除湿機の代用になる

温風が出るので衣類の乾燥ができます。除湿機でも衣類の乾燥はありますが、除湿機と大きな違いは湿気を取りながら温風で乾燥するのが除湿機、温風のみで衣類の乾燥をするのが衣類乾燥機になります。

つまり1日分の衣類の乾燥をするということではなく、小物の衣類や靴の乾燥ができるというイメージになります。

電気毛布の代用

冬の布団は入ると冷たくて体温で暖まるのに時間がだいぶかかってしまいます。そんな時に大活躍するのが電気毛布。

でも電気毛布ってよく付けっ放しでそのまま家を出ることが良くあるのですが、布団乾燥機はそんなことはありません。

寝る10分前くらいに布団乾燥機をセットしてポカポカにすることができます。電気毛布よりもエコですので電気代の節約にもなります。

次は布団乾燥機のおすすめのメーカーを比較しながら選び方も交えてお伝えしていきます。

人気の布団乾燥機のおすすめ パナソニック

パナソニックの布団乾燥機は全4機種になります。その中で大きく2機種ずつに分類ができるので選ぶのが簡単です。マットなしのタイプと基本的には最上級がおすすめですが、今回は比較する記事なのでしっかり比較していきます。

パナソニック 布団乾燥機 衣類乾燥機 FD-F06X2

ナノイー 搭載
ふとん乾燥:標準60分 / しっかり80分
ふとん暖め:足もと5分 / 標準20分 / しっかり40分
ダニ対策:90分 
便利機能:くつ520~60分 / 小物乾燥120分
消費電力(50/60Hz):445W / 460W
質量:約3.3kg

パナソニック布団乾燥機の最上位機種になります。この機種をベースにして残り3機種を比較していきます。

操作がわずか2ステップで簡単、手軽

マットなしタイプになるので布団に直接、ノズルを入れて電源を入れるだけ。しかもノズルとホースが一体になっているので組み立ても必要ありません。

一体型のホースは100cmと長めの長さになっているので布団はもちろん、ベッドにも使用することが問題なくできます。サイズもコンパクトで重さは約3.3kgと軽量なので狭いスペースに保管ができます。

本体の幅が14cmと薄めなのもポイント。他のメーカーと比較してもコンパクトになっています。

操作が簡単で説明書いらず

この機種は操作がとにかく簡単。使い方を大きく3つに分けられます。布団暖めモード、ふとん乾燥モード、ダニ対策・乾燥モードになるので何が違うか解説していきます。

布団暖めモードは更に3つに分類。足元(5分)、標準(10分)、しっかり(40分)

ふとん乾燥モードは2つに分類。標準(60分)、しっかり(80分)

ダニ対策・乾燥モードは2つに分類。ダニ対策(90分)、衣類(120分)

温度の設定はなく、時間だけで操作をするようになっているので分かりやすいですね。

パナソニック 布団乾燥機 衣類乾燥機 FD-F06S2

ナノイー 非搭載
ふとん乾燥:標準60分 / しっかり80分
ふとん暖め:足もと5分 / 標準20分 / しっかり40分
ダニ対策:90分 
便利機能:くつ520~60分 / 小物乾燥120分
消費電力(50/60Hz):445W / 460W
質量:約3.3kg

基本的には最上位機種と機能は1個しか変わりません。ナノイーが非搭載になります。

ナノイーは絶対に必要なの?

そもそもナノイーの効果は感じ方が人それぞれなんですよね。花粉、ニオイ、カビ菌、ウイルスの抑制や消臭や肌や髪にも良いと言われてますが、そこまで興味がないならこの機種で問題がありません。ただ価格差を比較して判断してもいいかもしれませんね。

ちなみにナノイーは2017年からリニューアルされ10倍の効果を得られるナノイーXが開発され現在はエアコンと空気清浄機などに採用されているのでこれからはナノイーXが普及するかと。これなら信頼感がかなりあります。

パナソニック 布団乾燥機 衣類乾燥機 FD-F06J7

ナノイー:非搭載
ふとん乾燥:羽毛・羊毛60分 / 綿70分
ふとん暖め:30分
ダニ対策:90分 × 2回 + 60分 × 2回
便利機能:衣類120分 / くつ515~60分 / 小物乾燥120分
消費電力(50/60Hz):540W / 540W
質量:約2.8kg
(衣類ドライカバー含む)

マットありのタイプの布団乾燥機になります。特徴は衣類の乾燥をするためのドライカバーが付属、乾燥種類がマットなしタイプよりもシンプルになっている点になります。

マットを生かしてしっかり乾燥

マットがあるのは面倒と感じる方もいるかもしれませんが、メリットもあります。マットなしのモデルだと乾燥時間がかかるものがマットに入れて乾燥をすればムラなく暖めることもできます。

ただですね、スペックを確認すると実は落とし穴がありました。

マットがあるから乾燥のスピードが早いと勝手に思ってましたがそうではありません。マットありのFD-F06X2だと布団の暖めが20分に対しマットありのFD-F06J7だと30分と長くなっているのです。また靴、小物乾燥は同じく搭載されてますが、衣類の乾燥はマットなしのモデルにしかないのです。

マットありのモデルには衣類ドライカバーが付属しているので衣類乾燥モードがなしということでしょう。また操作は本体手前のダイヤルを回して使用する仕様になります。更に電気代はマットなしモデルの方が安いのです。カバーも不要で電気代が安いならやはり嬉しいですよね。

部屋干しで乾かない衣類がある時は便利。ですがカバーをセットして乾燥が終わればまたカバーを外してという感じになるので面倒にはなります。また家族全員分をカバーの中に収めるのも難しいかなと感じる大きさです。

パナソニック 衣類乾燥機、布団乾燥機 FD-F06A7

ナノイー:非搭載
ふとん乾燥:羽毛・羊毛60分 / 綿70分
ふとん暖め:30分
ダニ対策:90分 × 2回 + 60分 × 2回
便利機能:衣類120分 / くつ515~60分 / 小物乾燥120分
消費電力(50/60Hz):540W / 540W
質量:約2.8kg
(衣類ドライカバーなし)

違いは衣類ドライカバーが付属していないこと。ナノイーもありません。布団と小物乾燥しかしないならこの機種でも問題ありません。

人気の布団乾燥機、衣類乾燥機のおすすめ 日立

日立は、パッと見のデザインがシンプルでおしゃれなのが特徴。パナソニックと同様でマットがないですが、大きな違いはノズルとホースが一体ではなくアタッチメントを取り付ける点になります。

日立 衣類乾燥機 HFKV-330

定格電圧 A C100V 50/60Hz
消費電力 最大680W
安全装置 温度過昇防止用サーミスタ/温度ヒューズ
外形寸法 ( 幅 ):28.3cm(奥行):20.6cm(高さ):33.8cm
本体質量(約) 4.0kg(付属品収納時)
電源コード 長さ(約) 1.9m
(冬コース)ふとん乾燥/約38分 ダニ対策・衣類乾燥/約120分
(節電コース)ふとん乾燥/約60分 衣類乾燥/約150分
重さも大きさもパナソニックよりは大きいです。パナソニックの布団乾燥機と比較しながらお伝えしていきます。

2つの乾燥アタッチメントと節電を意識

布団全体に温風が伝わるようにアタッチメントが付属しています。これにより布団全体がポカポカになります。

布団乾燥アタッチメントを外して靴の乾燥をしたい。そんな時に活躍するのが靴乾燥アタッチメント。子供のいる家庭や革靴を履くお父さんがいるなら乾燥して湿気も取れるのでニオイも気にならなくなります。

また布団乾燥アタッチメントには設定早見表が貼ってあるのでだいたいの乾燥時間が記載されているので操作に困ることがありません。

布団のサイズまで細かく記載があるのでシングルサイズ以外の布団をお持ちの方には嬉しい機能です。

パナソニックにはない節電モードは電気代のかかる秋冬には嬉しい機能ですよね。

冬モードで布団乾燥をすると約38分、節電モードで布団乾燥をすると約60分の時間がかかってしまいます。時間はかかっても電気代を抑えたいなら使用するしかないです。

収納時はアタッチメントが本体に入れることができるので、どうしても本体が大きくなってしまいます。電気代はパナソニックより若干高く、本体サイズは大きい、ホースの長さは90cmとパナソニックの100cmよりも短い。

いいとこないじゃんと感じる方もしるかもしれませんが、こうやって比較するとパナソニックはすげえってなりますよね。

人気の布団乾燥機、衣類乾燥機のおすすめ 象印

今回、紹介する記事の中で1番のおすすめはこの象印です。実際に売れてます。大きな特徴はホースもマットもなしで乾燥ができる点と多彩なコースですね。きっと欲しくなります。

象印 布団乾燥機 衣類乾燥機 RF-AC20

消費電力(W)(50/60Hz) 655/645
運転音(約dB) 46(ふとん乾燥時)
外形寸法 幅×奥行×高さ(約cm) 28×13×35、33.5×13×35
(コードバスケット含む)
質量(約kg) 4.1(コードバスケット含む)

マット、ホースが不要でコンパクトな布団乾燥機

パナソニック、日立と比較して1番の違いはホースやマットがないことですが、本体の半分が稼働して本体の天井から温風が出て乾燥をします。また布団にセットする時は本体も一緒に布団の上に乗せて使用ができるのでホースが必要ないのです。やり方は以下になります。

温風の吹き出し口がとにかく大きい。それが2箇所から出るのでパワフル。ホースがなくとも布団全体がポカポカになります。本体の奥行きは13cmとパナソニックよりもスリム。空いたスペースに置くことができます。

布団おまかせ運転とマニュアル運転

ここも他社の布団乾燥機と大きく差別化している部分になります。

布団おまかせ運転(乾燥)

標準コース 風量を自動で変えながら乾燥

低温コース 乾燥後の温度を低めに仕上げる

送風仕上げコース 標準コースの後に送風で温度を下げる

エココース 室温センサーで室温の状況に応じて電気代を節約

布団おまかせ運転(あたため)

しっかりコース 寝る前にポカポカにする電気毛布的な役割

お急ぎコース 首元から足元までを約10分でダッシュで暖める

ダニ対策コース ダニが死滅する50度以上でなるように自動調整

おまかせ運転だけでこんなにコースがあります。次はマニュアル運転です。

マニュアル運転

温風・標準コース ヒーター、風量を最大に運転。急ぎの洗濯物やシングルサイズ以上の乾燥に最適

温風・低音コース 温風・標準コースより低い温度(温風温度50℃以下)で運転

送風コース 熱に弱い革製品などに風をあてるコース。扇風機に近い

便利機能

多種多様な布団の乾燥に対応しています。コースも多いので失敗することが少ないです。ただ、布団の耐熱温度を確認してから使用しましょう。

これは便利だなと感じたのが、本体が布団に埋まらないように布団検知センサーが搭載。布団の中に埋もれてしまうと故障の可能性もあるので音とランプでお知らせしてくれます。

人気の布団乾燥機 衣類乾燥機のおすすめ 三菱

こだわりが詰まっているのが三菱。最上位機種はクリーニングに出す必要がないくらい綺麗にしてくれる機能が凝縮されています。また3機種ありますが、売れているのはやはり最上位機種になります。

三菱 布団乾燥機 衣類乾燥機 AD-X80

乾燥機能 ふとん/衣類・小物/くつ・長ぐつ
色 -T(ダークブラウン)
消費電力 680W
外形寸法(幅×奥行×高さ) 355×161×314mm
本体質量 3.6kg
フィルター 銀ナノアレルパンチフィルター

ダニ退治という部分ではこの機種が今回、紹介する機種でNO.1になります。季節に合わせた温度管理も三菱だけの機能という点がポイント。

マットありでもなしでも対応

乾燥時やダニパンチコースならマットを使用、あたためだけならマットは不要になります。マットが他社と違いこだわりのあるヒートパンチマットなのですが、布団全体を包んでくれる構造なのでノズルがコンパクトでも端までしっかり熱が伝わります。

マットをしない時はホースを布団の中に入れるだけ。実はここがポイントです。

パナソニックや日立の布団乾燥機はノズルやホースが中に収納するスタイルですが、これは収納が不要で本体の横にノズルが収納できるので片付けがとにかく楽。デザインもスッキリしているので本体の中に収納するよりも絶対にこっちが簡単です。

快適温度コントロール

季節に応じて仕上がりの温度を管理して最適な状態に設定してくれる機能になります。1年を通して、快眠サポートをしてくれます。

機能は象印と三菱が1個上のいくイメージですね。全自動なら三菱、マニュアルで自分で好みの状態にしたいなら象印がおすすめです。

銀ナノアレルパンチフィルター

目に見えないナノサイズの銀粒子が付着したフィルターを搭載することにより温風を常に綺麗に、清潔にしてくれます。

三菱 布団乾燥機 衣類乾燥機 AD-X70LS

乾燥機能 ふとん/衣類・小物/ブーツ・くつ・長ぐつ
色 - A(オリエントネイビー)
消費電力 600W
外形寸法(幅×奥行×高さ) 275×160×329mm
本体質量(乾燥マット含む) 2.9kg
デオドラントシート -
フィルター プラチナ抗菌フィルター

AD-X80の下位機種になります。ブーツクリニックという名前なのでブーツがメインかと思いきや、布団、衣類の乾燥、ブーツや靴、も可能。操作はダイヤルを回して操作になります。

ダイヤルで簡単操作と大型収納

パナソニックと三菱の下位機種はダイヤル操作になります。ボタンを押すタイプよりも使い方も簡単でシンプル。ただ、ダイヤル式はボタン式と比較して故障しやすいこともたまにあります。

また接触したりするとダイヤルが動いてしまう場合も想定されます。

本体の中にマットたホースが収納ができます。分けて保存しなくていいのはいいですが、これを収納するのって実は結構難しく時間がかかります。売り場で出してしまう時は苦労します。

パナソニックやホースとノズルが一体なので簡単、日立が面倒、象印が収納がなく折りたたむだけ、三菱も簡単です。

人気の布団乾燥機のおすすめ アイリスオーヤマ

お買い得な家電メーカーで有名なのがアイリスオーヤマ。アイリスオーヤマの布団乾燥機は最小・最軽量タイプとハイパワータイプの2機種で構成されています。

アイリスオーヤマ 布団乾燥機 FK-C1

電源 AC 100V(50/60Hz共用)
消費電力 500W(高温温風時)
製品重量 1.7kg
製品寸法 幅160×奥行125×高さ360mm
コード長 2.0m
付属品 くつ乾燥アタッチメント
安全装置 温度センサー、サーモスタット、温度ヒューズ
タイマー 15、30、45、60、75、90、120、180分

最小、最軽量だがパワーも弱く時間がかかる

コンパクトで収納が楽という部分が1番のおすすめポイントになる機種なので乾燥やあたために関してパワー不足を感じてしまいます。

 

布団を暖めるのに60分も待てますか?私は無理です。布団に入って60分もたてばポカポカになりますよね。他社の布団乾燥機はほとんどが20分前後くらいで暖まるので、この差は大きい。大きすぎる。

暖め以外のコースも他の機種と比較して、結構時間がかかる仕様になっています。靴乾燥、衣類乾燥、押入れ、クローゼット、シンク下も使用ができますがパワーがないと期待はできません。アイリスオーヤマは他社と比較するならハイパワーの機種が相当になります。

アイリスオーヤマ 布団乾燥機 FK-C2

電源 AC 100V(50/60Hz共用)
消費電力 560W(高温温風時)
製品重量 1.8kg
製品寸法 幅160×奥行140×高さ360mm
コード長 2.0m
付属品 くつ乾燥アタッチメント
安全装置 温度センサー、サーモスタット、温度ヒューズ
タイマー 15、30、45、60、75、90、120、180分

ホームページを見ても違いがほとんどわからないくらい特徴が少ない機種でした。ノズルが立体仕様になっている以外はスペックの違いが分からないです。ヒーター出力、風量がFK-C1と比較して120%アップ。もともと弱いのに120%アップしても他社には勝てません。

用途としては靴などの小物乾燥や子供用の布団などの比較的コンパクトサイズにちょうどいいかもしれませんね。

衣類乾燥機、布団乾燥機の人気商品をチェック

Rakutenで人気の衣類乾燥機、布団乾燥機を見る

Amazonで人気の衣類乾燥機、布団乾燥機を見る

最後に

パナソニック、日立、象印、三菱、アイリスオーヤマを紹介しました。個人的におすすめ順を発表いたします。

1位  象印

ノズル、ホースが不要で収納や組み立てが不要。本体半分を畳むだけ。

2位  三菱

布団クリーナーのダニ退治をするための銀イオンギフィルター搭載で温風が綺麗

3位  パナソニック

安心のナノイー搭載とバランスが整ったオールラウンドな布団乾燥機

4位 日立 

2つのアタッチメントでしっかり乾燥とすべてを綺麗に収納が可能

5位  アイリスオーヤマ

本体がコンパクトでパワーもコンパクト。布団よりも小物の乾燥向き

以上になります。参考にしてください。

次の記事→『布団以外も乾燥をしたい人には除湿機のおすすめ』でさらに快適な生活ができるようになります。ぜひご覧ください。

10月に役立つおすすめ記事

電気暖房のおすすめ比較、電気代や機能の違いと種類を覚えて冬支度を 1

電気暖房の準備はおすみですか?冬シーズンになる前に購入するのがおすすめ。 冬に向けて新しく暖房器具の購入をお考えの方は、エアコンだけでなく他の種類のものと併用させて効率よく部屋を暖めることをおすすめし ...

人気ホットプレートとグリル鍋おすすめ機種の紹介おしゃれ2018 2

リビングやダイニングで家族、友人を囲んで楽しめる家電、それがホットプレートとグリル鍋。焼肉、たこ焼き、お好み焼き、餃子、焼きそば、すき焼きなど多くのレシピを作ることができる素晴らしい家電です。 最近の ...

3

ボーナスの時期がやってきました。買い換えたいと思う家電製品を、この季節に考える方も多いのではないでしょうか?購入するなら「機能」にこだわるか、「値段」にこだわるか悩むのも楽しいですよね。 その中で毎日 ...

人気オイルヒーターおすすめランキング10電気代とデメリットと使い方 4

デザインがオシャレなタイプが多いオイルヒーター。 体の芯までゆっくり柔らかく暖めてくれるのが特徴。速暖性タイプではないものの、オイルヒーターのメリットの多さにリピート購入したり、他の暖房器具と組み合わ ...

洗濯機おすすめ人気メーカー縦型2018日立、パナ、東芝、シャープ 5

国内で人気のある洗濯機メーカーはパナソニック、東芝、日立、シャープがやはり売れています。この4社はやはりおすすめの洗濯機。 ですが洗濯機ってそもそも皆さんは何を基準で選びますか? 価格ドットコムの上位 ...

-除湿機、加湿器
-

Copyright© 家電総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.