DIY

DIYで作業服にオシャレや機能性は必要?ツナギ、安全靴、パンツの紹介

更新日:

こんにちは。突然ですがみさなんはDIY、日曜大工などの作業をする時、どんな服装をしていますか?私の近所ではジャージやスウェットなどの軽装で行っている方がいるのです。私もその1人でした。

ですが先日、軽装のために怪我をしてしまい今回この記事を書きました。

軽装ならではの事故が発生しました

先日、ブライワックスで2×4剤の塗装をしていました。ちなみに服装は下はハーフパンツ上がTシャツ、軍手なしという誰が見ても分かるくらいの軽装でした。結果としては転んでしまい流血と打撲でした。

一応、一家を支える大黒柱ですので怪我は禁物ですね。それからは、必ず作業の際は服装には注意するようになりました。夏はどうしても暑いので軽装になりますが最低限のことを守れば怪我は防げますし、冬は防寒にもなりますし決して作業服を買うことは悪いことではありません。

また、作業着を購入してからはDIYのやる気がグンと上がりましたし服装が変わるだけで気持ちが高ぶるんですよね。私だけかもしれませんけど。いろんな作業着を購入しすぎて妻には安全に作業したいなら『安全第一の書いてるヘルメットも買えば?』とまで言われてしまいました。

軽装で作業をしている方、適材適所の服装が分からない方、ぜひご覧下さいませ。

作業服の中で1番知名度が高いのがツナギ

想像はつくと思いますが、ツナギは字の如く服全体が繋がっているのがツナギです。ガソリンスタンドやカーショップの店員さんが着ていることが多いですね。やはり1番のメリットは身体全体を覆うことができるので、外敵には強いですね。更に上下繋がっているので脱げにくいですし温かいので赤ちゃんも着ますし、私たち大人まで幅広く楽しめる存在です。

ツナギには4つの推奨生地があります。

ツイル素材 主に綿で構成されていることが多い綾織りの布です。シワになりにくくて肌触りが良いのが特徴です。代表的な物で言うと『トレンチコート』になります。

エステルツイル素材  ツイル素材に更に光沢が出ます。たたんでもシワになりにくいです。主に学生服やドレス、最近ではコスプレの衣装に使用されています。

スムース素材  分かりやすく言うとニットです。保温性が上記2つの素材より高いですね。上着や寝間着、パジャマが多いかと思います。

デニム素材  ジーンズです。以上。

ツナギを購入する際はどんな生地を使っているか確認するときに参考程度にしてください。

 

デザイン製の高いツナギ(Mens)

デニム素材は特に破れにくく丈夫です。ですが固くて動きにくいのが弱点。これは、デニムっぽく見せて生地は綿です。サイズはゆったりめで作業がしやすいのが利点ですね。最近はツナギも細めの物(スキニー、ストレッチ)が増えてますが、後ろから見ると全身タイツに見えそうな物もあるのでツナギはやはりゆったりめのを選びましょう。

このブログ、きっと女性の方が見ていると信じて女性用のツナギを紹介させていただきます。

妻に着てもらった感想も交えて説明します。

ツナギは恥ずかしいけど楽な格好ができるのがいい、そのままスーパーで買い物ができるくらいの服装、妊娠してても着れるのがいいと、この3つが希望の商品を探してこの商品を購入してプレゼントしました。2人で庭作業やDIYが夢だったんです。

女性がダボっとした服を着るのはとても可愛く見えます。私だけじゃないといいですけどね。皆さんも奥様にいかがですか?プレゼントするならワークショップで購入したらガッカリする奥様もいるかもしれませんのでご注意を。可愛くてオシャレが大事ですよね。

安全靴ってなんか不恰好なイメージ?

普段履いている靴と何が違うの?

■つま先に芯が入っている

万が一、何か硬い物にぶつかったときスニーカーなら痛めますが安全靴はつま先を怪我から守ってくれる芯がついてます。とにかく硬いです。

■滑り止めがついている

作業は雨の中など水がある場所で行うこともあります。普通の靴なら滑るとこが安全靴ならそれが防げます。

安全靴にもローカット、ミドル、ロング、長靴、などタイプが沢山あるのですが今回はDIYで使用するタイプのお話をしていきます。

安全靴の3台メーカー。それはアシックス、シモン、ディアドラになります。初めて安全靴を買う方は3社を比較して選ぶのもいいです。いろんなデザインがありますし、皆さんに合う1足が見つかるかもしれません。

デザイン重視の安全靴ならこちら

片足が約400グラムの軽量タイプです。ハイカットなのでくるぶしの上くらいまでは保護してくれます。どうしても真っ黒だといかにも作業靴って感じがしますのでこれは靴底がビビットグリーンのようなカラーが入るので私服としての靴やスポーツシューズに見えるところもオシャレに見えて良いですね。

こちらも衝撃緩衝材「GEL(ゲル)」を搭載しているので疲れにく安全靴です。ただ、なぜ男性と違いハイカットではなくローカットがオススメなのか?

シモンのフラッグシップ、シモンライトです。これはとにかく異次元の履き心地、足にフィットしまくりです。重さは26cmで840gになっていてこちらも軽いです。素材は牛革(高級)なので履けば履くほど味が出ます。デザインはシンプルですがソール(底)、縫い目に色があるので思ったほど地味ではないので30代から60代の方まで幅広く使えます。

アシックスと同様でSX3層底<Hybrid Sole>Fソール (SX高機能樹脂+SXラバー)という衝撃緩衝材があります。またインソールも圧力を分散させてくれる機能と土踏まずがあまりないので接地面が大きく、安定感が他の安全靴より優れてます。
カラーは全3色。ブラック✖ブラウン、ブラック✖ブルー、ブラック✖レッドになります。

普段の靴で対応できる物はないの?

あります。私服でも作業着でも対応できてかっこよくオシャレな靴が。ティンバーランドやレッドウィングなどのブーツです。ただ、どちらかというとブーツなので重いし、硬いので私服よりの靴ですね。

作業着の中でなぜか後回しにされているパンツ

皆さん、クローゼットや押入れの中身をイメージしてください。上衣と下衣どちらが数が多いでしょうか?9割は上衣が多いはずです。作業着も同様で、パンツを買うって方はあまりいないかと思います。いないのであえて記事にしてオススメのパンツをお伝えいたします。

まずパンツは、春夏用と秋冬用で分かれてデザインはカーゴパンツとスラックスに分かれます。カーゴパンツとスラックスの違いはスラックスはシンプルな作りですがカーゴパンツは膝上の左右にポケットがあるのが一般的です。

スラックスはシンプルなので色や形で選ぶだけですが、カーゴパンツはポケットが増えるので沢山収納もできるのでどちらかというとDIYではカーゴパンツの方が使い勝手はいいですね。

春夏用のカーゴパンツ

ツナギと違い細めでストレッチのきいたパンツです。ダボダボの格好が嫌な方には丁度良いです。ネイビーなのでどんな方でも似合いますし、汚れも目立たない、DIYや日曜大工以外でも使用できます。綿素材なので汗をかいても乾きやすい所は夏に使用するときも重宝されます。

カラーは全5色。ネイビー、シルバー、キャメル、クーガー、ロヤルブルーです。生地が厚めで保温性が高いポリエステル。静電気防止やストレッチ素材です。これも細身です。スノーボードみたいに大きめので緩く着用したい方は微妙かもしれません。

いかがでしたか?服装も作業をする上でとても大事なアイテムになります。

作業着もおしゃれになればやる気もアップするはず。

ではまた。

-DIY
-, ,

Copyright© 自宅総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.