DIY

【予算1万円】人気の小型電動ドライバーのおすすめ3アイテムを比較

投稿日:2017-07-09 更新日:

最近の家具をはとにかく価格競争が家電製品並みに激しくなっています。その中でコストを抑えるために家具を完成品の販売ではなく組み立て式の販売が増えています。主にイケアですね。

価格は安いが組み立てで結構苦労することが多いんですよね。女性だとネジを回したくても力が足りなくて諦めることもしばしば。

私の家では組み立て式の家具を購入する時はまずは私が担当になっています。先日、ネットで組み立て式のチェストを購入しドライバーでやったら3時間もかかり、せっかくの休日は疲れてダウンしてしまいました。

そこで今回は家族の誰もが家具の組み立てや日曜大工を自分で簡単にできる電動ドライバーを購入します。家族で使用する電動ドライバーなのでそこまでの機能は必要ありませんので予算を1万円以内で購入ができる商品を紹介していきます。

電動ドライバーの種類は?

まずは選ぶときに電動ドライバーは大きく2種類あります。まずはここから簡単に説明していきます。

ドリルドライバー

ネジを回すだけでの能力のドライバーになります。ネジを閉める、穴を空ける作業が得意です。ビットというネジ穴がいくつかある部品を付け替えることによりネジ締めだけじゃなく研磨や穴を空けるなど様々なことが可能になります。

電動ドライバー ビット

上の画像がビットの例になります。プラスやマイナスなど様々なものがあります。

金額が高いので男性の方なら1度は欲しいなと思うドライバーになります。

インパクトドライバー

ドリルドライバーは回転だけですが、インパクトドライバーは回転にプラスして打撃が加わります。簡単に言うと、力の弱い女性の方が使用しても自動で力が加わるので硬い材質やネジが長い時にしっかり奥までネジが回るようになります。

穴あけはできる機種はありますが、数は少ないですし、あまりおすすめはしません。

家具の組み立てやDIYで使用するなこちらが一般的になります。コード式とコードレス式などにより価格が変動してきます。

電動ドライバー コード式とコードレス式

コード式とコードレス式

コード式とコードレス式はどちらにもメリットとデメリットが存在します。私が現在、把握しているものでお伝えしていきます。

電動ドライバー、コード式のメリットとデメリット

・バッテリーがないので充電をする手間がない

・コードレス式よりも価格はお買い得

・主流がコードレス式なので数があまりない

・屋外の使用が難しい。電源の準備が必要

電動ドライバー、コードレス式のメリットとデメリット

・コンセントがなくても場所に関係なく使用ができる

・コードがないので作業に集中しやすい。コードが邪魔にならない

・バッテリーが搭載されているので常に充電はしとく必要がある

・バッテリーが切れるので買い換える必要がある

どちらにもメリット、デメリットがあるが普及している数が多いのはコードレス式になります。

コードレス式のドライバーの特徴

バッテリー

バッテリーは充電するのでとても大事なポイントになります。高価格のものはやはり容量が多く、長持ちするのが多い。1万円以下のモデルはやはり容量は少ないが家具の組み立てだけで充電切れということはほとんどありませんの安心してください。約4Vほどあればだいたいの作業はできちゃいます。

トルク

ネジを締め付ける強さになります。単位は『N・m』になります。数字が大きいほど締め付ける力が強いです。今回紹介する1万円以内の電動ドライバーはほとんどが5.0N・mくらいになるので目安にしてください。

付属品

電動ドライバーには付属品が多く存在します。せっかく買うなら専用のケースやビットの種類が豊富なものを購入した方が後から足す必要がありません。

高額商品だと予備のバッテリーなどがありますが、1万円以下のモデルにはまずありませんので。ケースとビット数を確認するのがポイントになります。

電動ドライバーおすすめ5機種

ここからはおすすめ電動ドライバーを紹介していきます。女性でも簡単に気軽に使用できる機種になりますので参考にしてください。

boltz

サイズ:幅145×奥行45×高さ135mm
バッテリー:ニッケル・カドミウム蓄電池
付属品:専用ケース、ACアダプター、ビット12種類、
重量:約0.9kg

楽天売れ筋NO.1の電動ドライバーになります。チェスト、カラーボックス、テレビ台の組み立てなど家具の組み立ては問題なくできます。

ビットが12種類

PHプラスドライバービットが3サイズ(PH1/PH2/PH3)

PZプラスドライバービッドが3サイズ(PZ1/PZ2/PZ3)

マイナスドライバービットが2サイズ(3/5)

六角ビットサイズが2サイズ(H4/H5)

ドリルビットが2サイズ(2mm/4mm)

延長アダプタービットが1サイズ

数が多いのもポイントですがドリルビットがあるので壁や薄い木材などは穴あけも可能になります。

使い方がとても簡単

ビットの取り付けがとにかく簡単。マグネット式で本体にセットするだけ。外す時は引っ張るだけ。力も必要なく簡単に外れます。

本体を握ると人差し指の付近のスイッチで回転切り替えができます。上部を押すと左回転、下部を押すと右回転になります。

充電をする時は付属のACアダプターを本体にセットするだけ。説明書には5時間以上の充電は使用しないでくださいと記載があります。価格は安いので充電完了の通知機能はありません。

ケースがおしゃれでリビングにも置ける

こんなケースになっています。実際に私もネットで評価が高かったので購入してみましたが、今までこれが不便というのはあまりないです。ただ回転の強弱の設定ができれば有難いくらいですね。

BOSCH IXO 5

能力ネジ締め:5.0mmφ×45mm(木ネジ)
定格電圧DC3.6V(充電式内蔵リチウムイオンバッテリー)
回転数215min-1(回転/分)
最大締め付けトルク4.5N・m
使用ビットサイズHEX6.35mm
質量300g(バッテリー含む)
充電時間約3時間(空→フル充電)

Amazonベストセラー商品になります。価格の割に機能豊富で軽量になります。こちらも専用のケースがあるので付属品を無くしたりバラバラになることはありません。

ユーザーに優しい気遣い

ネジ穴が見やすいようにLEDライトが付属。回転スイッチを半押しでLEDライトが点灯するのですが、2種類の点灯があります。一点を照らすスポットライトと広範囲を照らすフラットライトがあるので状況に応じて使用ができネジ穴を潰してしまう心配がありません。暗所での作業もあり得るので便利です。

バッテリーが長持ちするリチウム電池で残量表示機能もあります。回転切り替えは上部にスイッチでワンタッチ操作が可能。回転スイッチは2箇所あるので角度は使い方に関係なくスイッチが押しやすいです。

充電器はmicroUSBを採用。コンパクトになっているので移動時も邪魔になりません。充電は約3時間で完了するので他の機種よりもかなり早い方です。

7つの専用アダプターでDIY以外でも活躍の場が!

ネジを回すだけではありません。普段の生活に活用できるアダプターがあります。別売りなので必要な物だけ買えばOKです。

1、 BBQファンアダプター

簡単に火起こしができます。

2、ワインオープナーアダプター

電動でワインボトルのコルクを外します。

3、ペッパーミルアダプター

胡椒などの調味料を粉末にします。

4、マルチカッターアダプター

最大6mmまでの厚さをカットできます。

5、トルクアダプター

10段階にトルクの調整ができるようになります。

6、スミヨセアダプター

作業がしにくい狭い場所などを簡単にネジ締めができます。

7、アングルアダプター

 

天板裏側のネジが簡単に締めることができます。

どれかしらは必ず使うことがあるかと。必要なアダプターだけを購入して生活を更に潤いを。

おしゃれな缶ケース

おしゃれな缶ケース

ホワイトの缶ケース。これに本体やビットを収納ができます。工具類でホワイトってあまりないのでこれは面白い。

日立工機 FDB3DL2

能力:木ネジø 3.8×38 穴あけ鉄工ø 5
最大トルク:低速5N・m 高速1.5N・m
回転数:低速200min-1(回/分)高速600min-1(回/分)
質量:約0.45kg
充電時間:約30分

パワーに関しては今回紹介する機種の中では1番。

作業の内容に合わせて使用方法が変化

作業の内容に合わせて使用方法が変化

ピストル型とストレート型の2つの型に本体が変形します。男性はこういうの好きな方が多いですよね?自分で持ちやすいスタイルを選べるのは他の機種にはないので面白い機能です。

下に押し付けるようならストレート型の方が力が入りやすく、壁のコンセントなどはピストル型が推奨になります。

ストレート型にしておけば場所もとらないのでポケットに入れながらの作業も可能に。

ライトスイッチが必要な時だけ点灯

ライトスイッチが必要な時だけ点灯

一般的な電動ドライバーは手元のスイッチを半押しすると点灯しますが、バッテリーの消耗が早くなる恐れがあります。この機種は別で点灯するスイッチがあるので使用したい時だけ点灯させることができます。

細かなトルク調整ができる21段クラッチ採用なのでネジ締めは細かく制御ができます。付属品はケースが別売りとビットがプラスドライバーのみしかないのが残念ですが、本体の機能はかなり立派なものです。

充電は約30分と高速充電なので空いた時間に充電するくらいで十分になります。

まとめ

一家に一台はあると便利な小型電動ドライバーを紹介しました。この3機種は本当に優秀なモデルになるので参考にしてください。

選ぶ時のポイントは

バッテリー時間と充電時間

付属品の量(ケース、ビット、ドリル)

使いやすさ、デザイン

家族みんなが気軽に使用ができる電動ドライバーが1番です。

それではまた。

-DIY
-

Copyright© 家電総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.