エアコン

寒冷地エアコンのおすすめパナ 日立 三菱 富士通を比較、価格は?

投稿日:2017-12-10 更新日:

少しずつですが、注目されることや問い合わせが増えてきた寒冷地用の暖房エアコン。電気代も安く石油ファンヒーターよりも電気代が安く省エネになっています。

従来は北海道や東北、北陸地方の方が購入するのが一般的でしたが、最近は南東北、北関東地方でもシェアを上げています。

秋になるとあっという間に冬になります。そこで今回は寒冷地用の暖房エアコンのおすすめ機種の紹介とパナソニック、日立、三菱、富士通の4社を比較していきます。

そもそも寒冷地用の暖房エアコンと通常のエアコンは何が違うか?電気代は?

価格はやっぱりぐっと高くなるんでしょ?おすすめはどのメーカー?

皆さんの気になる点を中心にお伝えしていきます。

寒冷地用の暖房エアコンって何?

まずは基礎から

寒冷地用エアコンは通常のモデルよりも暖房能力が高くなります。雪の多い地域や氷点下が続く地域の方が使用するために作られています。夏はエアコン、冬は石油ファンヒーターを使用していた方でも寒冷地用のエアコンに変えた方で寒いと言われることは限りなく少ないです。

給油や灯油を購入する必要もなく換気も必要ありません。小さな子供や年配の方がいるご家庭なら灯油はやはり危なく感じるはずです。手間がかからないのもメリットです。金額が他のモデルよりも若干高くなるがそれでも省エネ性能も高く暖房能力が高いので売れる台数は年々増えています。

寒冷地エアコンは普通のエアコンと何が違うの?

室外機に凍結防止ヒーター搭載

凍結防止ヒーター

これは各メーカー、寒冷地用の暖房エアコンには必ず搭載されます。これがなければ寒冷地とは呼びません。外に置いている室外機は室内が暖房が出ると室外機からは冷気が出ます。ヒーターがないと外気と冷気が混ざるのと同時にドレンパンにあるドレン水が凍ってしまいます。

凍結してしまうと霜取り運転が始まりその間は暖房は出てきません。その間に室温が下がるのでエアコンは冬はだめだという方が多いのです。凍結を防止するためにはヒーターが必要不可欠。これにより霜取り運転の回数が格段に少なくなり常に快適な生活を送れます。

氷点下でも、通常モデルよりも高温暖房を出力

寒い時期でも吹き出し口が50、55、60度の温風が出るのが寒冷地用の暖房エアコンのすごい所。最上級モデルよりも高出力が可能になります。電気代は若干上がるが灯油が今後値上がりすることは間違いないので電気で暖房という考え方の方がこれからの時代にはマッチするかと。

当然、吹き出し温度が高い機種ほど床に着くまでの温度も高いままをキープができます。暖房は床から温めるように風が出るので温度は大事なポイントになります。

なぜ寒冷地用の暖房エアコンが売れているの?

エアコンは夏に使用するというのが一般的な方の場合は冬は石油ファンヒーターや電気ストーブなどで温めます。ただ、石油ファンヒーターは灯油を買う、給油が面倒、換気が必要。電気ストーブは周りだけ暖かいが部屋全体は寒いままなど問題があります。

簡単に暖房を得られるのが寒冷地用エアコンになります。年間を通してエアコンで快適な温度調整ができるので地域に関係なく売れているのです。

逆に冬に暖房を使用して夏はエアコンを使用しない涼しい地域でも最近は地方関係なく温暖化などの影響で高温の日が続くこともあり夏にもエアコンを使用したい家庭が増えています。

次からはパナソニック、日立、三菱、富士通の寒冷地エアコンを比較していきます。

パナソニック 寒冷地エアコン比較 UXシリーズ

パナソニックは得意のナノイーが進化。エアコンの自動お掃除が他社と違い、生活臭の脱臭や世界初の機能、暖房も快適になりバランスの取れたモデルになります。大きな特徴を紹介していきます。個人的には好きなメーカーです。

常にエアコン内と風を清潔に保ってくれる

ナノイーX

ナノイーX

ナノイーXという今年からできた機能。従来はナノイーでしたが今回はナノイーXにグレードアップしました。空気清浄機にも採用されてますが、何が変わったか?

そもそもナノイーは空気の汚れを綺麗にするためにできたイオンの集まりになります。今回のナノイーXはナノイーのイオンの個数が10倍になったので濃度も10倍になったので効果が顕著に出ます。

ナノイーXは花粉を無力化、アレル物質の抑制、タバコ臭・ペット臭・焼き肉臭・生乾き臭・汗臭の生活5大臭を早く脱臭。脱臭スピードも従来よりも10倍早いのが魅力。

カビ菌の繁殖を防ぐ、PM2.5も分解、浮遊菌、浮遊ウイルスも抑制。更には女性に嬉しい美肌効果、美髪効果もあるので幅広い世代から支持があります。

フィルターお掃除ロボット

フィルターお掃除ロボット

フィルターのお掃除ロボットはどこのメーカーでもある機能です。ただ中身が他社にはない機能なのです。

パナソニック以外のメーカーはフィルターのお掃除が終わるとゴミはダストボックスに入ります。ゴミが溜まると本体からダストボックスを外してゴミを捨てます。

ですがパナソニックは違います。お掃除をしたゴミを自動で屋外に排出してくれます。これにより手間がかからない、高い位置にあるエアコンのメンテナンスが楽になります。パナソニックの上位グレードは自動排出方式のお掃除ロボットになります。

オートクリーンシステム

オートクリーンシステム

エアコンってたまに使用するとニオイが気になりますよね?

オートクリーンシステムは使用前も使用後も常に清潔に保ってくれます。その中の仕様でAg+除菌フィルター親水コーティングにおいカット機能防汚・防カビコーティングがあります。それに併せてナノイーX自動お掃除ロボット内部クリーンカビみはりがあります。

これによりニオイが気にならない、常に綺麗な風がエアコンから出ます。ご飯を食べるリビングやダイニングならエアコンからの風も気になるはずです。

快適暖房、快適冷房

温冷感センサー

快適暖房、快適冷房

家族全員が同じ温度で快適に過ごすのはどうしても難しいですよね。お父さんが暑いと言ってもお母さんは丁度良い、おばあちゃんは寒いということってありますよね?

パナソニックは家庭用エアコンで世界初、温冷感センサーが採用され寒い人と暑い人を見分けてくれます。身体の表面温度と周囲の温度との温度差から人の温冷感を確認します。

リモコンで暑い人に風向きを変える設定はもう必要ありません。全自動で動いてくれるのが最近のエアコンの利点です。

すぐでる暖房

すぐでる暖房

石油ファンヒーターや電気ストーブはすぐに暖房が出ますがエアコンは、暖房は少し時間がかかりました。すぐでる暖房は電源をつけた時間帯を機械が覚えてくれます。高速で暖房を出せるので朝や帰宅時にとても重宝される機能になります。

寒冷地用のエアコンは共通して足元から暖めます。パナソニックは吹き出し温度が約60度で足元の温度は約43度になります。皆さんが入るお風呂よりも高い温度になるのでポカポカになります。

夏場はすぐでる冷房がありますので夏も快適な生活が送れます。

パナソニック 寒冷地用エアコン まとめ

パナソニックは他社との差別化の機能が多いのがポイントになります。

ナノイー、オートクリーンシステムでエアコンも空気も綺麗に

自動掃除ロボットでゴミをダストボックスに溜めず外に排出

世界初の温冷感センサーで家族全員快適な風を吹き出す

やはり売れているのは他社が真似ができない機能を搭載している点が大きいです。昔から存在しているブランドなので指名買いも多いです。

風量も強く広い部屋などにおすすめ。

日立 寒冷地エアコン比較 XKシリーズ

日立は省エネ大賞を取っているので電気代はとにかく安いのが大きな特徴。本体の真ん中の4つのカメラで温度や家具の位置や間取りをしっかり調べてくれます。また他社とは違い霜取り運転がほとんどないのが日立の強み。パワーもあり短時間で設定した温度まで到達します。

くらしカメラ

くらしカメラは4つのカメラで構成されます。

画像カメラ  人数や人の位置、足元、活動量、距離や間取りを検知

温度カメラ  人の周囲の温度を検知、天井の温度も検知

ものカメラ  家具の位置や形状を検知。気流の通り道も探す

お部屋カメラ 床の種類・下がり壁・吊り戸棚を検知

この4つのカメラで徹底管理をしてくれます。個人的には日立と三菱が部屋の状態の確認が上手かなと感じます。

ステンレスクリーンシステム

ステンレスクリーンシステム

他社ではどこでもやってません。エアコンの内部を常に清潔にするために日立はステンレスを採用。エアコンの風向きを変える羽を指すフラップ、風の通り道の通風路、自動お掃除をするフィルターがステンレスになってます。その他に熱交換器はチタンを使ってファンは銀イオンで除菌してくれます。

他のメーカーは樹脂やプラスチック製ですが日立はステンレス、はたしてどのくらいのメリットがあるか?

家電製品なので静電気は発生しやすいです。しかも高い位置に設置するので常に綺麗に掃除は難しいですよね。ステンレスなら汚れがつきにくい、除菌もしてくれるので安心。

寒冷地専用システム

他社は室外機に霜が付くと霜取り運転がスタートします。その間に暖房は出なくなります。日立は寒冷地仕様のモデルに限り、バイパス暖房方式を採用により暖房が出ながら霜取り運転をしてくれます。

これにより部屋の温度低下の防止に繋がります。また外が−15度でも約60度の温風が出ます。パナソニック同様、床から暖めてくれるので座っていて寒く感じることは少なくなります。6枚のフラップ(羽)があるので細かく気流が制御ができるので寒い場所にはしっかり暖房が吹き出します。

リモコンのについやゆか暖というボタンを押すと足元付近が約36度になります。パナソニックは約43度。吹き出し温度は同じなのに足元の温度差がこんなにあるのが気になりますね。各メーカーで測り方が違いますのでそこまで気にしなくてもいいかなと。

日立 寒冷地エアコン まとめ

4つのカメラで室内の状況を徹底的に管理するくらしカメラ

他社にはないオールステンレスシステムで常に清潔、ニオイもなし

バイパス暖房方式で霜取り運転をしながらでも快適な暖房が出る

6枚のフラップ(羽)で風の強弱が細かく管理ができるので部屋全体を均一な温度に保つことが得意。常に清潔な点はやはり重要視する点ではないでしょうか。くらしカメラで家具の位置を確認して家具の奥に風が行き届くような仕様になっているのもポイントが高いです。

日立も風量が強く、パワフルですね。実際に使っている所を見ると確かに足元から暖かくなりました。足元から温まると身体がポカポカになります。足湯と同じですね。

ちなみに10畳以下のお部屋で寒冷地用のエアコンを検討している方はこちらを参考にしてください。

三菱 寒冷地エアコン比較 FDシリーズ

エアコンといえば霧ヶ峰という名前は1度は聞いたことがあるはず。こちらの機種は中身の構造が従来のエアコンとはまったく違う作りの新しいスタイルを採用しています。

こちらも日立、パナソニックに負けない省エネ性能になります。

パーソナルツインフローファン

三菱の寒冷地用のFDシリーズと寒冷地ではない最上級モデルのFZシリーズに関しては中身の形状が違ってきます。従来のエアコンは風を出すためにシロッコファンという円柱の筒が回転して風が出るしくみでした。

パーソナルツインフローファンは分かりやすく言うと扇風機の羽が左右に2つ搭載されたファンになります。1番のメリットは中の熱交換器の容量が増えたこと。それにより暖房も冷房の効率も良くなり電気代も安くなります。

実際に風が出ると左右で風の強さがかなり差があります。暑がりな人と寒がりな人、どちらも快適に過ごせます。ちなみに最大で約5度の温度差が生まれます。これはかなりすごいです。

更にハイブリッド運転という機能があるのですが、夏場に暑い時は冷房、さほど暑くない朝は送風運転の切り替えを自動でやってくれます。エアコンから扇風機に切り替えてくれるというイメージですね。これにより最大50%の電気代の節約に繋がるのです。

部屋も空気も自動で綺麗に

日立のオールステンレスシステムに対し三菱の霧ヶ峰はハイブリッドナノコーティングというフライパンで言うとテフロン加工のような汚れが付きにくい仕様になっています。

日立のステンレスよりも汚れが付きにくいという結果が出ています。更に三菱のエアコンは前面のパネルやフラップ(羽)が取り外してお掃除ができるのです。特許なので他社にはない特徴です。

内部はオゾンの力を拝借してエアコンの内部を除去してくれます。少しだけ独特のニオイがしますが綺麗になるなら我慢できるレベルかなと。

空気も綺麗になるように、ピュアミストというものがあります。パナソニックのナノイーXに対抗するものだと思ってください。

主な効果は保湿、菌の抑制、脱臭になります。美肌効果、美髪効果もありますが個人差があります。エアコンを使用すると乾燥はしやすくなるので乾燥肌の方、加湿器の購入を検討している方はおすすめの機能になります。

暖房をとにかくこだわった安心できる機能

上の画像は寒冷地モデルではないFZシリーズと寒冷地用のFDシリーズの比較画像になります。まず霜取り運転の回数が少ないですよね。これは室外機にヒーターがあるので凍結しにくいから。霜取り運転が始まる前に室温の低下を予想して暖房のパワーを自動で上げてくれます。

立ち上がりも早く室温5度から15分で20度近くまで暖かくなります。スピードが早いのは朝などに大助かりになります。

暖房はどうしても部屋の上部に、冷房は下部に滞留しやすいのが特徴です。そんな時にサーキュレーターモードというモードで天井にある暖かい空気を下部に循環してくれます。夏に活躍するハイブリッド運転の逆のパターンになります。

三菱 寒冷地エアコン まとめ

他社が真似できないパーソナルツインフローファンで省エネ

ハイブリッドナノコーティング、はずせるボディ、ピュアミストでエアコンの内部も空気も常に綺麗に

霜取り運転でも室温が下がらない工夫、立ち上がりの速さ、空気の循環をするサーキュレーターモードで常に快適な暖房

シロッコファンは風量が強いですがパーソナルツインフローファンは風が滑らか。柔らかい風、外にいるような風を感じるので圧迫感のある風が好みでないなら三菱がおすすめ。外観は四角い形状でとてもおしゃれな印象になります。

手入れもしやすくなっているので汚れという部分は問題視する必要がないのもポイント。

ムーブアイでしっかり部屋の管理をするのでムラのない温度設定ができます。

富士通 寒冷地エアコン比較 GNシリーズ

富士通ノクリアになります。室内機が寒冷地エアコンの中で1番コンパクトになります。コンパクトですが中身はパワフルです!ちなみにノクリアはnocria…airconエアコンになります。どうでもいいですよね。

価格は今回紹介する4つのメーカーで1番お買い得になるのでメーカーを気にしない方にはおすすめ。

外が−15度でも55度の高温風

他社の寒冷地モデルは60度の高温風だが富士通は5度低い55度。ただ足元の温度は40度になっています。パナソニックは43度、日立は36度、三菱は40度。吹き出し温度は高いから足元の温度も高いというわけではありませんね。フラップやファンによって温度差が出るのでしょう。

実際に富士通の支店に行って実機を使用した感想は思ったよりもパワーもある思ったよりも暖かいというのが正直な所です。しかもこの価格ならむしろお買い得なのではないだろうかと考えました。実際に接客すると性能にそこまで拘らないなら富士通はコストパフォーマンスが高いメーカーです。

安心して使用できるお助け機能が便利

部屋の寒さ、暑さを管理してくれるみまもり機能。例えば暑い時は自動で冷房運転開始するか音声で案内をしてくれます。

また外出時は少しの間だけ不在になると一度、電源を消しますが、富士通は部屋が冷えすぎないように10度暖房という機能があります。室温を10度にキープして帰宅したらすぐに部屋が暖かくなります。

エアコンは何回もつけたり消したりの方が、電気代が多くかかります。この昨日はエコにもなるし、部屋がすぐに温めるので理にかなった機能になります。

更に人感センサーも搭載されているので、人がいなくなると自動でセーブし不在が続くと自動でオフになります。人が戻ったら自動でオンになります。

快適暖房

ロング気流 フラップが大型になっているので遠くまで風が届きます。

ワイド気流 2箇所に風を分けることはできないですが、ルーバーが曲がるので幅広く風が送れます。

ホットキープ除霜 霜取り運転の前に室内の温度を上げてから霜取りがスタートします。

富士通 寒冷地エアコン まとめ

比較的、シンプルな機能で価格が他社よりもお買い得

室内機がコンパクトなので設置場所が限られる方にピッタリ

機能が少ないので寝室や子供部屋におすすめの場合もあり

ほとんどのお客様はやはりパナソニック、日立、三菱とテレビのCMでよく見るメーカーを希望する方が多いですが。予算面や欲しい機能などの確認して富士通を紹介すると購入する方は多いかなという印象です。私は寝室に富士通を使用してます。

-エアコン
-

Copyright© 家電総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.