エクステリア

クーラーボックスおすすめランキング2018予算1万以内の保冷力は?

投稿日:2018-05-02 更新日:

アウトドアで大活躍するクーラーボックス。最近では車で旅行や車中泊でも活躍しているので以前よりも周知されているアイテムになります。

キャンプやBBQでは冷蔵庫がないので飲み物を冷やす際はクラーボックスは欠かせません。けど、何を基準にすればいいか分からないはず。選び方も数が多すぎて難しいですしね。金額もピンからキリまででどうすればいいやら。

2種類のクーラーボックスの基本さえ覚えてもらうと簡単に欲しい機種が見つかります。そして、おすすめのクラーボックスをランキングで紹介していきます。

今回は予算1万円以内のランキングでおすすめのクーラーボックスを紹介していきます。採点方式を各項目5点満点で行います。チェック項目は使いやすさ、耐久性、携帯性、見た目、コスパの5項目になり満点だと25点になります。

まずはクーラーボックスの基本から紹介していきます。

目次【クリックでスキップできます。】

クーラーボックスの選び方と基本

クーラーボックスの基本と種類

引用http://roomclip.jp/

まずは基礎編。クーラーボックスの基本的な特徴からお伝えしていきます。大きく分別して種類が2つ。これを覚えてもらうだけで購入する時に選ぶのが簡単になります。

持ち運び便利で携帯しやすいソフトタイプ

1番の特徴は軽くてコンパクト。常に車のトランクに入れておいて、買い物時に使用している方も増えています。特徴は以下の3点。

1、簡単にたたむことができ、コンパクトに収納ができる

2、重さが1キロ前後で軽く持ち運びに便利で楽

3、ソフトタイプでも意外と保冷力があり安心

例えば、キャンプで行きは食材や飲み物を入れて帰りは空になったクーラーボックスをコンパクトにして持って帰るのは便利ですよね。重さも1キロ以下なら女性でも簡単に移動ができます。ソフトタイプは断熱材を使用しているので、ハードタイプには敵いませんが結構保冷力は高いです。フタも柔らかくチャックで断熱します。

保冷力が抜群で丈夫なボディのハードタイプ

ソフトタイプと違い硬い形状。保冷力が高いのは冷蔵庫のドアにも採用されている断熱材の発泡ウレタンを採用しているのが多い。チャックは使用していないので隙間ができにくく、長時間冷たいボックスを維持できます。特徴は以下の3点。

1、密閉されているので保冷力がソフトタイプより高い

2、丈夫な作りで大人1人は問題なく座れるタイプがある

3、重さもあり、大きさもあるので選ぶ時は注意が必要

フタの部分にパッキンでしっかり密閉しているので冷気が外に逃げない。ソフトタイプだと万が一、横にしたり倒れると水が漏れる可能性もあります。アウトドアだと椅子が足りなくなるからクーラーボックスに座る、食材を置くテーブルとして使用もできます。重さと大きさをカバーできる運びやすさが選ぶ時に大事なポイントです。

クーラーボックスの注意点

クーラーボックスは冷やすボックスではありません。冷たさを維持してくれるボックスになります。冷蔵庫みたいに冷たくなるわけではないので気をつけてください。

結果から言うと初めのボックス内の温度(冷たさ)が重要視されます。飲み物だけの冷たさだけではボックス内の温度が上昇します。そんな時に活躍するのが保冷剤になります。必ずボックスに入れて使用しましょう。

おすすめの保冷剤はこちら

価格が安いのはもちろん魅力ですが1番凄いのはクーラーボックスに4つほど入れて次の日でも冷たかったことです。使い終わったら約10時間ほどで再冷凍ができます。

でかける前日に準備すれば問題なし。

10商品をランキングで発表していきます。使いやすさ、耐久性、携帯性、デザイン、コスパ、保冷力の6項目を5点満点、合計30満点で採点していきます。

第10位 キャプテンスタッグ シルバーソフト デリスM-1850

バスケット型でおしゃれ。持ち手が2つあるので重たくなった場合でも女性でも持ち上げることが簡単。普段のショッピングでも使用できます。

意外と生地が厚めになっているので耐久性も高いです。

第3位 コールマン エクストリームアイスクーラー

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 25

ポケット収納が豊富、保冷力も高い。上のフタを全部開ける必要がなくペットボトルだけを取り出せるサイズのマジックテープのフタがありユーザーに優しい作りです。

第2位 シアトルスポーツ ソフトクーラー 25QT

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 27

完全防水で汚れに強い素材です。1番の特徴は他にない底が浅いデザイン。底の食材や飲み物も出し入れが簡単。生地も丈夫なのでハードな使い方でも壊れにくいです。

第1位 コールマン アルティメイトアイスクーラー2 アクア

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 29

持ち手が2種類、手持ちと肩掛けが可能。さらにキャリーケースの柄に装着もできます。保冷力も高く、デザインがブルーで視覚からも冷たく感じます。

おりたたみもでき、使い勝手が1番優秀なクーラーボックスでした。

次はクーラーボックスのハードタイプの機種のランキングになります。参考にしてください。

第10位 キャプテンスタッグ シエロ クーラーボックス35

第9位 伸和 ホリデーランドクーラー CBX-33L

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 16

これこそ平均のクーラーボックス。特に優秀なところはありません。キャスターが付属しているのですが、屈まないと運べません。キャリーバッグのような柄があればよかったですね。容量約33L、重量約4.05kg

第8位 キャンパーズコレクション スーパークールボックス CC37L-DX

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 18

価格は魅力的で容量が大きいクーラーボックス。作りが若干、粗末な部分が散見されます。フタをすべて開けなくても出し入れができる投入口があります。

中の仕切りは3箇所から調整ができ、自分に適した使用ができます。容量約33L、重量約3.06kg

第7位 秀和 ウレタンクーラー UL2500LH

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 18

デザインがどうしてもキャンプやBBQではなく釣り用に見えます。作りはしっかりしているので保冷力も高い。金額も高い。天部に持ち手があるので移動は問題なし。

容量約25L、重量約3.3kg

第6位 ダイワ クールライン2 GU2600

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 20

こちらも釣り仕様。釣り仕様は保冷力は共通して高いものが多く感じます。デザインも7位と比較するとアウトドアでもおしゃれに見えます。

天板がスクエア型なので座るのも良し、車のトランクに乗せて荷物を載せても安心。容量約26L、重量約4.4kg

第5位 ロゴス アクションクーラー 35

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 22

大容量でアウトドアでは大活躍。フタをロックするところは丈夫な作りになっています。ショルダーベルトとサイドの持ち手があるので持ちにくいということはないはず。デザインも問題なし。容量約35L、重量約3.8kg

第4位 シマノ フリーガ ライト 200

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 23

下部に水抜きがあるので持ち上げて中の水を捨てる必要がなくなる。女性に優しい機能です。釣り使用には水抜きの穴があるものが多いです。容量は若干足りないが携帯性は持ちやすく高得点。容量約20L、重量約2.9kg

第3位 アイリスオーヤマ クーラーボックス CL-32

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 24

コスパの高さで有名なアイリスオーヤマ、さすがです。この価格で保冷力、携帯性、使いやすさも高得点。中の仕切りで飲み物と食材分けることもできます。デザインだけシンプルすぎるのが残念です。容量約31.7L、重量約3.5kg

第2位 コールマン エクストリームクーラー 40L

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 26

軽量で保冷力がとにかく高い。天部にはカップが置くことができる溝がある親切さ、持ち手のグリップも滑りにくい素材を採用している。移動が多い方はこちらがおすすめ。容量約26L、重量約2.7kg

第1位 イグルー マリーンブリーズウルトラ 28

使いやすさ
耐久性
携帯性
デザイン
コスパ
保冷力
合計点 28

キャリーバッグと同様な使い方ができ車輪の音も静かで移動が楽。機密性が、かなり高く保冷力も高い。丈夫ななので座って使用も大丈夫。

本体の上に他の荷物を載せることもできる優秀なボックス。文句なしの1位です。容量約26L、重量約4.0kg

まとめ

クーラーボックスのソフトタイプの特徴

簡単にたたむことができ、コンパクトに収納ができる

重さが1キロ前後で軽く持ち運びに便利で楽

ソフトタイプでも意外と保冷力があり安心

クーラーボックスのソフトタイプの特徴

密閉されているので保冷力がソフトタイプより高い

丈夫な作りで大人1人は問題なく座れるタイプがある

重さもあり、大きさもあるので選ぶ時は注意が必要

この特徴を抑えるだけでも購入する時に楽になります。用途に応じて使い分けをするのもありです。

短時間ならソフトタイプ、長時間ならハードタイプって考えでも十分です。

参考になれば嬉しいです。

本日もありがとうございました。

10月に役立つおすすめ記事

電気暖房のおすすめ比較、電気代や機能の違いと種類を覚えて冬支度を 1

電気暖房の準備はおすみですか?冬シーズンになる前に購入するのがおすすめ。 冬に向けて新しく暖房器具の購入をお考えの方は、エアコンだけでなく他の種類のものと併用させて効率よく部屋を暖めることをおすすめし ...

人気ホットプレートとグリル鍋おすすめ機種の紹介おしゃれ2018 2

リビングやダイニングで家族、友人を囲んで楽しめる家電、それがホットプレートとグリル鍋。焼肉、たこ焼き、お好み焼き、餃子、焼きそば、すき焼きなど多くのレシピを作ることができる素晴らしい家電です。 最近の ...

3

ボーナスの時期がやってきました。買い換えたいと思う家電製品を、この季節に考える方も多いのではないでしょうか?購入するなら「機能」にこだわるか、「値段」にこだわるか悩むのも楽しいですよね。 その中で毎日 ...

人気オイルヒーターおすすめランキング10電気代とデメリットと使い方 4

デザインがオシャレなタイプが多いオイルヒーター。 体の芯までゆっくり柔らかく暖めてくれるのが特徴。速暖性タイプではないものの、オイルヒーターのメリットの多さにリピート購入したり、他の暖房器具と組み合わ ...

洗濯機おすすめ人気メーカー縦型2018日立、パナ、東芝、シャープ 5

国内で人気のある洗濯機メーカーはパナソニック、東芝、日立、シャープがやはり売れています。この4社はやはりおすすめの洗濯機。 ですが洗濯機ってそもそも皆さんは何を基準で選びますか? 価格ドットコムの上位 ...

-エクステリア
-, ,

Copyright© 家電総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.