店員のほとんどが高評価だったパナソニック液晶テレビTH-49GX850

店員のほとんどが高評価だったパナソニック液晶テレビTH-49GX850

今年の4K液晶テレビのポイントはやはり『4Kチューナー内蔵モデル』が熱い。

ご来店するお客様からも、チューナー買うのがもったいない、接続が面倒という意見が多いのだ。そんな問い合わせが多い中、パナソニックから4Kチューナー内蔵モデルGX850シリーズが発売。

いざお客様のために展示を行うとお店の店員同士でこれは綺麗という意見が多い。

今回はGX850シリーズをお伝えしていこう。

TH-49GX850の特徴・機能

サイズは他3機種

TH-65GX850

TH-55GX850

TH-43GX850

画質

TH-49GX850の画質は大変美しい。何しろ4Kだ。フルハイビジョンと比べると画素数が4倍になっている。

店頭の展示品を見ればわかるが、筆者もハイビジョンテレビと比べてその精細さや臨場感にはとても驚かされたものである。

①4K解像度

TH-49GX850は、4Kテレビである。

4Kなのでフルハイビジョンと比べると、4倍もの解像度を誇っている。細かな部分も失うことなく、非常に高精細に表してくれるので、臨場感・奥行き感・色合いの美しさ、どれを取っても楽しめるのだ。

②Ai HDRリマスター

パナソニックは、AI(人工知能)を使った機械学習を生かした画質の変換アルゴリズムを開発した。

シーンに応じた明るさやコントラストの制御や、再現処理を通して、通常の映像もより美しく表現できるようになっている。

比較してみれば、一目瞭然だぞ。ブルーレイなどのアセットも、4Kのような高画質で楽しめるので、見応えがバッチリだ。

③ヘキサクロマドライブ

ヘキサクロマドライブは、4K映像が持っている色調を損ねることなく描き出す高画質技術のことだ。

人肌の淡い色合いから、影の微妙な色合いまでも忠実にリアルに映し出してくれるのだ。

一度見てみると、その効果がはっきりする。筆者も実機で比べた時には、暗い部分であっても色合いがきちんと出ているので、大変驚いたものである。

④HDR規格対応

4K映像で作られている『Ultra HD ブルーレイ』、新4K8K衛星放送に採用されている放送規格『HLG』、インターネットでの4Kビデオオンデマンド規格である『HDR 10+』に対応している。

滑らかな色具合から、映像のコントラストまで、映像制作者の意図を損ねることなく忠実に描き出せるようになっている。

HDR有りと無しでは、比べてみるとその差は歴然としている。実機で確認して欲しいところである。

⑤4Kファインリマスターエンジン

フルハイビジョン映像などを、4K画質にアップするのが、この4Kファインリマスターエンジンである。

映像の細部まで解析して、高精細映像化するのだ。

フルハイビジョン映像がよりはっきりくっきりするので、筆者も驚かされたものである。

音質

TTH-49GX850は、4Kテレビなので画質の素晴らしさは、ある意味当然である。その映像の素晴らしさを引き立てるのに欠かせないのが音質である。

実は映像よりも私たち店員が驚いたのはこの音質なのだ。

というわけで、TH-49GX850は、音質の高さにもこだわって作られているのだ。高音質もTH-49GX850のウリの一つである。

①ドルビーアトモス(Dolby Atmos®︎)

ドルビーアトモスは、映画館の音響にも採用されている音声フォーマットである。

ドルビーアトモスの特徴は、前後方向だけでなく、縦方向の音表現も可能にしている立体音響技術にある。

今までなら、立体的な音響を楽しむためには、天井などいろいろなところにスピーカーを配置しなければならなかったが、ドルビーアトモスなら、そんな必要はない。

TH-49GX850は、このドルビーアトモスを採用したことで、テレビのスピーカーだけで、立体的な音響を楽しめるのだ。

一度実機で聞いてみるといい、まるで映画館のようなより奥行きのある素晴らしい音に仕上がっているぞ。

②ダイナミックサウンドシステム

まるで映像の中から音が聞こえているような臨場感を実現している。

しかも、スピーカーボックスの強度を高めているので、外からの振動が伝わりにくくなっている。

その上、音声処理回路を独立させた上で、高級オーディオの採用されているバイアンプ駆動を採用していることもあり、歪みの少ないとても心地よいサウンドになっているぞ。

③サウンドモード

ユーザーの好みや見ている映像に合わせて、適したサウンドに調整できるサウンドモードを搭載している。

選択肢は、スタンダードから、ミュージック、スポーツまで、全部で5通りあるぞ。

④シアターシステム連携

シアターシステム連携機能は、筆者のように映画が好きな人におすすめな機能である。

この機能を使えば、シアターバーなどのホームシアターシステムと連携して、映画やドラマの音声を、キレのいい高音と迫力のある重低音で楽しめるのだ。

また、パナソニックのAIR PANEL LED THE SOUNDと連携すれば、照明とスピーカーが一体化して、音が降り注いでくるぞ。

便利な機能

TH-49GX850は、ただの4Kチューナー内蔵テレビじゃない。機能性も優れている。

TH-49GX850の機能面の特徴を紹介しよう。

①かんたんホーム

『かんたんホーム』は、よくみる番組やネット動画などを、ホームに登録する機能だ。

リモコンのホームボタンを押すだけで使えるし、よく使うアプリを登録しておけば、すぐに立ち上げられる。

一度試してみるといい、なかなか便利だぞ。

②アレコレチャンネル

放映中の番組、ネット動画の映画、あれやこれやと画面を切り替えて切り替えて探すのは面倒くさい、そんな人におすすめなのが、この『アレコレチャンネル』である。

放送中の番組や録画番組、ネット動画を一覧にして表示してくれるのだ。

とても探しやすい便利な機能だ。

③Googleアシスタント

Googleアシスタント搭載スマートスピーカーと連携させれば、リモコンを使わず、スマートスピーカーに話しかけるだけで、テレビの操作ができるのだ。

料理の最中など、どうしても手を離せない時ってあるだろう。そんな手元がふさがっている時に、話しかけるだけで操作ができるので、これは大変便利だぞ。

④過去未来番組表

対応しているディーガと連携させれば、これからの番組だけでなく、過去の番組録画もボタン一つで見られるのが、この『過去未来番組表』だ。

なかなか便利な機能である。

録画機能

TH-49GX850は、録画機能も充実している。その一面を紹介しよう。

①USBハードディスク録画

別売りの外付けUSBハードディスクを取り付ければ、4K衛星放送を高精細・高音質なままで録画できるぞ。

なお、1[TB]の容量が60時間分の録画時間に相当する。必要な容量は、これで計算できるだろう。

②2番組同時裏録

TH-49GX850には、地上・BS・110度CS放送のチューナーが3つついている。同時に、2つの裏番組の録画ができるようになっているのだ。

ただし、2場面同時裏録で、4K衛星放送の同時録画はできないので注意が必要だ。

③Panasonic Media Access

Panasonic Media Accessは、パナソニック専用のスマートフォンやタブレットPC向けの無料のアプリだ。

これがインストールされたスマートフォンやタブレットPCは、まさしくテレビとなるのだ。

特に重宝するのが、録画を忘れた時である。スマートフォンやタブレットPCでリアルタイムに番組を楽しめるからだ。

撮り貯めた番組もスマートフォンやタブレットPCで見れるので、移動中の空き時間を有効に使えるアプリと言える。
なかなか、便利なアプリだぞ。

④ディモーラ

『ディモーラ』とは、遠隔録画予約サービスのことである。

このサービスを使えば、外出先から、見たかった番組やおすすめの番組をチェックして録画予約できるから、録画し忘れを防げるのだ。

しかも、ここまでは無料で使える。

月額300円の有料サービスを利用すれば、録画した番組内容から、見たいところを簡単に見つけられるようになる。

いきなり有料サービスに抵抗のある方も、無料のサービスから利用するのであれば、抵抗なく使えるのではないだろうか。

⑤お部屋ジャンプリンク

これは、有線LANや無線LANを使って、お部屋ジャンプリンク対応の録画機器を接続することで、ビエラやディーガに録画した番組を別のお部屋で楽しむ機能である。

部屋にアンテナ線を引いていなくてもテレビ放送が楽しめる便利な機能だ。

安全性

日本は地震国でもある。毎年のようにどこかで地震が起こっている。そんな日本の国情にもTH-49GX850は対応している。

TH-49GX850のスタンドは、底面に吸盤を配置し、テレビ台と接地面の間を真空状態に近づけ、転倒を防いでいるのだ。

TH-49GX850は、安全性に配慮し、地震に強く倒れにくくなっているわけだ。

今までは、テレビと壁をベルトやワイヤーで結んでいたが、そんな手間をかけることなく転倒防止の効果が得られるのは、筆者としても目から鱗と言える機能である。

スペック・仕様

映像 パネルIPS×LED
パネルサイズ49V型
画素数(水平×垂直)3,840×2,160
音声 スピーカーフルレンジ:2
実用最大出力(JEITA)30W(15W+15W)
放送メディア 地上デジタル放送3チューナー
BSデジタル放送3チューナー
110度CSデジタル放送3チューナー
BS4K/110度CS4K放送1チューナー※1
外形寸法幅:1099mm高さ:694mm奥行:248mm
質量約20.5kg
年間消費電力量130kWh/年

気になる口コミ・評価

TH-49GX850は、パナソニックの待望の4Kチューナー搭載液晶テレビである。

これから増えてくるであろう4K放送を外付けチューナーなしで楽しめるわけであるが、一般の人々は、そんなTH-49GX850をどのように評価しているのだろうか。

そこで、ツイッターからTH-49GX850の評判を紹介する。

黒い鳥@blkbirdjapan”さんのツイート。

黒い鳥さんは、GX850シリーズのコスパを高いと思いつつも評価しているようだ。

たかしまただお@tadaotadao”さんのツイート。

たかしまただおさんが、フルハイビジョン映像もより美しく表示するGX850シリーズを評価していることがわかるツイートだ。

しましま(偽)@shimashima35”さんのツイート。

しましまさんは、映像画質だけでなく、スピーカーの接続のことまでしっかりと評価しているようだ。

n cinema@mr_n_cinema”さんのツイート。

n_cinemaさんも、GX850シリーズの音質の良さを評価している。

https://twitter.com/mr_n_cinema/status/1083358383460147200

ヨドバシカメラ 新潟駅前店@yodobashi_nigat”さんのツイート。

これは評価ではないが、もし、GX850の映像や音声の素晴らしさを知りたいときは、ぜひ量販店の店頭へ行こう。体感すれば一目瞭然で理解できるだろう。

https://twitter.com/yodobashi_nigat/status/1088340419966988288

あると助かる便利なアクセサリー

TH-49GX850を楽しむ上で、あったらいいと思われるおすすめのアクセサリーを紹介しよう。

壁掛け金具 TY-WK3L2R

TH-49GX850を壁にすっきりと収めたいときに便利なのが、壁掛け金具のTY-WK3L2Rだ。

TH-49GX850に合わせて作られているので、ぴったりである。

他社の4K液晶テレビとの比較

パナソニック以外のメーカーからも4Kチューナー内蔵液晶テレビが発売されているが、TH-49GX850とどう違うのだろうか。

三菱 LCD-A50RA1000

LCD-A50RA1000は、三菱電機の4Kチューナー内蔵液晶テレビだ。

LCD-A50RA1000の特徴は、初めて4Kチューナーと、Ultra HD ブルーレイを搭載したところにある。Ultra HD ブルーレイを内蔵しているので、すっきりと収められる。

その上、ハードディスクも2TB内蔵してあるので、外付けのハードディスクを購入しなくてもそのまま録画できるぞ。

もちろん、画質も優れている。黒が引き締まる『DIAMOND Panel』に、ノイズ低減機能を組み合わせた『DIAMOND Engine 4K』を組み合わせて、4Kの高精細画質をしっかりと引き出している。

音質も負けてはいない。

澄み切った音質を生み出してくれる『DIATONE NCVスピーカー』によって、臨場感たっぷりの4Kの世界が楽しめるぞ。

外部機器を改めて購入したり、接続したりする手間がかからないLCD-A50RA1000、筆者にとっても魅力的な4Kチューナー内蔵テレビである。

シャープ AQUOS 4T-C50AN1

AQUOS 4T-C50AN1は、シャープの4Kチューナー内蔵液晶テレビである。この液晶テレビの特徴は、BS4K・110度CS4Kチューナーを2つ内蔵している点だ。

4K放送を楽しみながら、裏番組の4K放送を録画できるのは、なかなか便利な機能である。

4K画質を臨場感たっぷりに表現する『AQUOS 4K Smart Engine PRO』を搭載し、より忠実に4K映像を描写してくれるぞ。

もちろん、見やすさも忘れていない。外光の反射があると、せっかくの4K映像が見えにくくなるが、AQUOS 4T-C50AN1なら、『低反射パネル』を採用して、外光の反射を抑えている。

音質の面も、しっかりとしてあり、音を前に導いてくれる『FRONT OPEN SOUND SYSTEM』を搭載している。より、音抜けの良い透明感のあるサウンドが楽しめるぞ。

まとめ

TH-49GX850は、パナソニックの4Kチューナー内蔵液晶テレビだ。

このテレビなら外付けチューナーを購入せずとも、新4K衛星放送が楽しめる。外付けチューナーが必要ないことで、スッキリ収められるという利点も生まれた。もちろん、4K番組の録画もできる。

TH-49GX850なら、新4K衛星放送を高画質・高音質で臨場感たっぷりに楽しめるぞ。

しかも、地震の時に倒れにくく作られているので、安全性も高い。

これから4K衛星放送を楽しむべくテレビを探しているなら、おすすめできる逸品である。

店員のほとんどが高評価だったパナソニック液晶テレビTH-49GX850
最新情報をチェックしよう!