理美容家電

【ブラウン】2018年電動歯ブラシ人気のおすすめと効果と比較

投稿日:2017-05-13 更新日:

電動歯ブラシの中で、人気のあるブラウン。他のメーカーと比較してブラシの形状が違う点が大きな特徴になります。

国内の電動歯ブラシではパナソニック、ブラウン、フィリップスが主に販売数の多いメーカーになります。

前回はパナソニックを紹介しました。

今回はブラウンの機種を徹底比較、解説、評価をしていきたいと思います。

ブラウン オーラルBの基礎

ブラウンは世界中の歯科医が使用している率が1番高いブランドになります。どこのメーカーでもNO.1という記載が好きですよね。

磨き残した歯垢を徹底的に取るために作られた製品になります。歯垢は水に溶けにくく、うがいだけでは歯垢は取れません。しっかり磨いてこすって初めて汚れが取れます。

ブラウン、オーラルBの特徴1

パナソニック、フィリップスは手磨きのブラシと同様の角型ブラシを採用していますが、ブラウンは歯医者で使用されている丸型ブラシになります。メリットとしては歯全体をブラシが包んでくれますので歯の細かい届きにくい場所まで効率よく磨いてくれます。

ブラウン、オーラルBの特徴2

ブラウンの電動歯ブラシは角型ブラシと違い、左右の振動だけでなく上下の運動が加わることにより歯垢除去力がアップします。

毎分約48000回の上下運動、毎分約10500回の左右運動をすることにより叩いて擦ってと2つの動きが実現します。実際磨いてみると歯がツルツルになりました。

ブラウン、オーラルBの特徴3

他のメーカーでもありますが、ブラシを強く押し付けると歯や歯ぐきを痛める恐れがあります。押し付けるのを防止するために過圧ストッパーが自動的に上下運動をストップしてくれます。本体の上部(ブラシの根元付近)が赤く光るので分かりやすいです。

グレードは全5種

オーラルB ジーニアス9000

オーラルB PRO 7000

オーラルB PRO 3000

オーラルB PRO 2000

オーラルB PRO 500

パナソニックとフィリップスと比較して大きく違う点は・・・

丸型ブラシで歯を包んでくれる

左右運動にプラスして上下運動

この2点が大きな特徴になります。次はブラウンのおすすめ機種を紹介していきます。

ブラウン オーラルB ジーニアス9000(ブラック・ホワイト)

約48000/1分の上下運動、約10500/1分の左右運動
サイズ:H24.1×W2.9×D3.5cm
重量:約138g (ブラシ含む)
AC100V/50-60Hz
12時間充電、1日2分間使用で12日間持続(充電表示3段階)
付属品:収納ホルダー、カラーリング、充電トラベルケース、スマートフォンホルダー

ブラウンの電動歯ブラシ最上級モデルのジーニアスになります。スマホと連動で磨いた歯、磨き残しの歯を把握してくれます。他の機種でここまで管理できる機種はないです。iOSおよびAndroid対応しています。ほとんどのスマホで対応。

スマホがない場合は厳しい機種になります。ガラケーの方は他の機種になります。

スマホアプリで快適な磨きを

スマホアプリ

ブラウン オーラルB ジーニアス9000は唯一、スマホと連動して歯の管理をしてくれます。スマホアプリで活躍する機能はこちら。

ポジション検知機能

2分間タイマー搭載

集中ケアプログラムで徹底磨き

ポジション検知機能は世界初の機能になります。手磨きでも電動歯ブラシでも磨くときには必ずその人特有の磨き方やクセや同じ箇所ばかり磨いてしまうことが多いです。それをこのアプリで磨いた箇所の確認や磨き残し、磨きにくい箇所をチェックして磨き方を調整してくれます。

2分間タイマー

2分間タイマー搭載しているので歯を4つに分けて磨きを管理します。30秒ほとにシグナル音で知らせてくれます。

右上、右下、左下、左上の順で磨くようなイメージをしていただくと分かりやすいです。実際、これがあると全ての歯を同じ時間磨けるので磨き残しが少なくなります。

集中ケアプログラム

みなさんの口の歯の状態を確認してくれます。付属のスマートフォンホルダーを洗面台にセットしてインカメラで磨いている位置の確認をしてくれます。また歯医者さんからどんなケアをするか設定もしてくれます。

スマホだけでここまでのことができ歯のケアを徹底的に実施。他の機種よりも細く管理できるのがジーニアス9000シリーズになります。

ジーニアスの磨きモード

最上級グレードになるので磨けるモードが多いです。以下になります。

プロクリーンモード

舌クリーニングモード

ホワイトニングモード

やわらかクリーンモード

歯ぐきケアモード

クリーンモード

付属しているブラシはマルチアクションブラシとホワイトニングブラシになりますがこの3本で上のモードすべて対応することができます。

ブラウンは全機種、他のブラシも対応するので交換ブラシを購入するときに迷うことがないので便利。カラーはホワイトもあります。

ブラウン オーラルB プラチナブラック・ホワイト 7000

 

約40000/1分の上下運動、約8800/1分の左右運動
サイズ:幅33.5×奥行42×高さ242mm
重量:約165g (ブラシ含む)
AC100V/50-60Hz
24時間充電、1日2分間使用で10日間持続(充電表示3段階)
付属品:収納ホルダー、カラーリング、充電トラベルケース、歯磨きホルダー

スマホ連動があるタイプですが使用しないでもしっかり磨くことができるタイプ。上位機種になります。スマホで磨き時間の管理はありませんが、付属品で十分にカバーでき価格もお買い得な機種になります。カラーはブラックもあります。

私はこの機種を使用しています。

ジーニアス9000との違いは?

スマホがなくても大丈夫

スマホで管理もできますが毎回歯を磨くのにスマホを準備が面倒だ、常にスマホを持っていない、ガラケーしか持ってないという方もいるかと。

歯磨きナビ

付属品の歯磨きナビがあればしっかり2分間の管理をしてくれます。スマホまで使用しなくても管理はある程度して欲しいという方におすすめの機種になります。

6つのブラッシングモード

クリーンモード

しっかりクリーンモード

ホワイトニングモード

歯ぐきケアモード

やわらかクリーンモード

舌クリーニングモード

ジーニアス9000との違いはクリーンモードです。ジーニアスだとプロクリーンモードになります。違いはブラシの反転数、振動数になります。

プロクリーン:左右反転48000回、上下振動10500回(毎分)

クリーン:左右反転40000回、上下振動8800回(毎分)

実際、ジーニアスでも磨きましたが確かに凄いと感じましたが、PRO7000で十分かなと思いこちらの機種を購入しました。

付属ブラシの違い

マルチアクションブラシとホワイトニングブラシは一緒ですが1つ多くブラシがあります。

歯間ワイパー付きブラシになります。歯間の歯垢が気になる方やよく食べ物が歯に挟まりやすい方におすすめのブラシになります。ブラシも安くはないので初めから多く付属しているのはありがたい。

ブラウン オーラルB PRO4000

約40000/1分の上下運動、約8800/1分の左右運動
サイズ:幅33.5×奥行42×高さ240mm
重量:約165g (ブラシ含む)
AC100V/50-60Hz
24時間充電、1日2分間使用で10日間持続(充電表示3段階)
付属品:収納ホルダー、カラーリング、ハードトラベルケース

他のメーカーと同等の機能レベルになるのがこの機種。上位2機種との大きな違いはスマホ連動はあるがスマホホルダーが非搭載、歯磨きナビ(時計)が付属していないの2点。

ジーニアス9000との違いは?

スマホ連動機能

スマホ連動機能はありますが洗面台にくっつけてインカメラを撮影したり、時計型の歯磨きナビは付属していません。じゃあ何でスマホ連動するか。

Bluetoothで対応します。ただジーニアスみたいな細かい管理はできませんのあまり使用することはないかと。本体だけで使用するならこの機種はちょうど真ん中のグレードに位置します。

5つのブラッシングモード

クリーンモード

ホワイトニングモード

やわらかクリーンモード

しっかりクリーンモード

歯ぐきケアモード

付属ブラシはマルチアクションブラシ、歯間ワイパー付きブラシ、ベーシックブラシ、ベーシックブラシやわらかめの4本付属。血が出やすい、歯間の汚れが気になる方にピッタリ。

充電時間

ジーニアス9000は12時間に対してPRO4000は2倍の24時間もかかってしまいます。ですが、充電表示は3段階になるので充電が切れそうになった時に睡眠時や外出時に充電をすればさほど不便なことがないかと。

ブラウン オーラルB PRO3000

約40000/1分の上下運動、約8800/1分の左右運動
サイズ:幅27×奥行 34×高さ232 mm
重量:約131g (ブラシ含む)
AC100V/50-60Hz
22時間充電、1日2分間使用で7日間持続(充電表示2段階)
付属品:収納ホルダー、3種のブラシ

スマホアプリの連動がなくなります。2分間タイマーは搭載していますが、音はしません。30秒ごとに一時停止するのでわからないことはありません。

ジーニアス9000との違いは?

4つのブラッシングモード

過圧コントローラー非搭載

アプリ非連動

充電表示が2段階

充電は22時間、最大7日間持続

やはり機能が少しずつ減ってシンプルな機種になります。こんな方におすすめ。

価格を抑えて歯垢ケアを徹底したい

時計やスマホなしで自分で管理をしたい

ブラウン オーラルB PRO2000

約40000/1分の上下運動、約8800/1分の左右運動
サイズ:幅27×奥行34×高さ232mm
重量:約131g (ブラシ含む)
AC100V/50-60Hz
22時間充電、1日2分間使用で7日間持続(充電表示2段階)
付属品:収納ホルダー、2種のブラシ、トラベルケース

PRO3000の下位互換機種になります。機能がぐっと減るのでPRO3000と比較していきます。

ブラウン PRO3000との違いは?

2つのブラッシングモード

2本の付属ブラシ

トラベルケース付属

基本機能だけを搭載したモデルになります。付属ブラシはマルチアクションブラシとホワイトニングブラシになります。

ブラウン オーラルB PRO500

約20000/1分の上下運動、約8800/1分の左右運動
サイズ:幅27×奥行 34×高さ232 mm
重量:約131g (ブラシ含む)
AC100V/50-60Hz
22時間充電、1日2分間使用で7日間持続(充電表示2段階)
付属品:収納ホルダー、2種のブラシ、

ブラッシングモードは1つだけでクリーンモードになります。初めて電動歯ブラシを買う方におすすめと記載があったのをネットで見ましたが絶対におすすめしません。

何回も買う物ではなく一度使えば数年は使用します。せっかく長く使用するならしっかりした電動歯ブラシを購入してください。

まとめ

ブラウンの電動歯ブラシを紹介しました。

上位グレードは文句なしで機能はしっかりしています。ただ、すべての機能を使い切るかが大事です。

全部の機能が必要ないなら、グレードを落とすのもありです。あとは皆さんのお財布と相談しながら購入しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

-理美容家電
-, ,

Copyright© 家電総合案内ブログ , 2018 All Rights Reserved.